ジョナサン・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョナサン・ラッセルJonathan Russell, 1771年2月27日 - 1832年2月17日)は、アメリカ合衆国政治家外交官1810年から1811年まで駐フランス公使、1811年から1812年まで駐イギリス公使1814年から1818年まで駐スウェーデン公使、1821年から1822年まで連邦下院議員を務めた。

生い立ちと初期の経歴[編集]

1771年2月27日、ジョナサン・ラッセルはロードアイランド植民地プロビデンスにおいて誕生した。ラッセルは1791年にロードアイランド大学(現在のブラウン大学)を卒業した。ブラウンは法律を学び、弁護士として認可を受けた。だがラッセルは法律業には就かず、商業の世界に身を置いた。ラッセルは1794年ヨーロッパとの貿易事業を興した。ラッセルはまた弁士としても知られるようになり、1800年にはロードアイランド州の第1バプテスト教会で式典演説を行った。

外交官として[編集]

1810年、ラッセルはジェームズ・マディスン大統領からヨーロッパでの外交官勤務を任ぜられ、フランスに赴いた。1810年9月駐フランス公使ジョン・アームストロングが退任すると、ラッセルは臨時代理公使として公使職を代行した。マディスン大統領は11月5日にラッセルをそのまま後任の公使として承認し、ラッセルは代理公使としての委任を1811年2月13日に受けた。

1811年7月27日、マディスン大統領はラッセルを駐イギリス公使に指名した。ラッセルは1811年11月15日にイギリスへ信任状を奉呈し、11月17日に駐フランス公使を退任した。1812年6月18日、アメリカ合衆国がイギリスに宣戦布告し米英戦争が開戦した。ラッセルはこの布告情報を非公式に入手し、7月29日に駐イギリス公使を退任した。

1813年5月29日、ラッセルは駐スウェーデン公使としてマディスン大統領から指名を受けたが、連邦上院はこれを棄却した。1814年1月18日、ラッセルは再び駐スウェーデン公使として指名を受け、上院はこれを承認した。ラッセルは1818年4月29日にスウェーデン国王へ信任状を奉呈して着任した。ラッセルは1818年10月22日に駐スウェーデン公使を退任した。ラッセルはジョン・クィンシー・アダムズらとともにイギリスと休戦交渉を行い、1814年12月ガン条約締結を導いた。この交渉においてラッセルはヘンリー・クレイとともにミシシッピ川の自由通行権を提起した。

政治活動[編集]

駐スウェーデン公使を退任後、ラッセルはマサチューセッツ州メンドンに居住した。ラッセルは作家業や演説活動を行い、1820年にマサチューセッツ州下院議員を務めた。ラッセルは1820年末に共和党から連邦下院議員に選出された。ラッセルは1821年から1823年にかけて連邦下院議員を1期務め、外交委員会委員長を務めた。

晩年[編集]

1823年以降、ラッセルは公職を退き、隠居生活を送った。1832年2月17日、ラッセルはマサチューセッツ州ミルトンにおいて死去した。ラッセルの遺体はミルトン市内にある一族の墓所に埋葬された。

家族[編集]

ジョナサン・ラッセルの父親は同名のジョナサン・ラッセル (Jonathan Russell, 1742-1788)、母親はアビゲイル・ラッセル (Abigail Russell, 1746-1838) であった。父親は1640年マサチューセッツ湾植民地チャールズタウンに移住したジョン・ラッセルの子孫であった。両親はともに同姓ラッセルだが、血縁はない。

ジョナサン・ラッセルは1794年4月3日にマサチューセッツ州メンドンにおいてシルヴィア・アミドン (Sylvia Amidon, 1773-1811) と結婚した。2人の間には以下の子供が生まれた。

  1. アメリア・E・ラッセル (Amelia E. Russell, 1798-????)
  2. ジョージ・ロバート・ラッセル (George Rubert Russell, 1800-1866)
  3. カロライン・A・ラッセル (Caroline A. Russell, 1805-1879)
  4. アンナ・マチルダ・ラッセル (Anna Matilda Russell, 1808-1834)

ジョナサン・ラッセルは1817年4月2日にリディア・スミス (Lydia Smith, 1786-1839) と結婚した。2人の間には以下の子供が生まれた。

  1. アイダ・ラッセル (Ida Russell, 1818-1833)
  2. ジェラルディン・アイポライト・ラッセル (Geraldine Ipolite Russell, 1819-1885)
  3. ロザリー・ラッセル (Rosalie Russell, 1823-????)
  4. ジョナサン・ラッセル (Jonathan Russell, 1825-1875)

外部リンク[編集]

外交職
先代:
ジョン・アームストロング
在フランスアメリカ合衆国代理公使
1811年2月13日 - 1811年11月17日
次代:
ジョエル・バーロウ
先代:
ウィリアム・ピンクニー
在イギリスアメリカ合衆国代理公使
1811年11月15日 - 1812年7月29日
次代:
ジョン・クィンシー・アダムズ
先代:
ベンジャミン・フランクリン
在スウェーデンアメリカ合衆国全権公使
1814年4月29日 - 1818年10月22日
次代:
クリストファー・ヒューズ