ジョナサン・デーヴィス (1988年生まれのラグビー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョナサン・デーヴィス Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1988-04-05) 1988年4月5日(32歳)
出身地 ソリフル, イングランド
身長 186 cm (6 ft 1 in)
体重 104 kg (16 st 5 lb)
大学 トリニティー・ユニバーシティ・カレッジ
愛称 "Fox"
親族 ジェームズ・デーヴィス
ラグビーユニオン経歴
ポジション センター
在籍チーム スカーレッツ
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2006-2008
2006-2014,2016-
2014-2016
スラネリー
スカーレッツ
クレルモン
14
157
31
(10)
(250)
(20)
代表
チーム 出場 (得点)
2009-
2013,2017
ウェールズの旗 ウェールズ
ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズの旗 B&Iライオンズ
73
6
(75)
(0)
更新日:  2018年12月28日
■テンプレート

ジョナサン・デーヴィス(Jonathan Davies、1988年4月5日 - )は、ウェールズラグビー選手である。現在はウェールズ代表プロ14スカーレッツでプレーしている。

"Fox"という愛称で呼ばれることも多いが、これは1980年代から90年代にかけてラグビーユニオンラグビーリーグの双方で活躍したジョナサン・デーヴィスと区別するためであり、彼の両親が経営していたパブの名前に由来している。また、弟のジェームズ・デーヴィスは15人制と7人制の双方でプレーしており、7人制ではリオ五輪にイギリス代表として選出され、銀メダルに輝いた。

略歴[編集]

地元クラブのスラネリーでプレーをしていたデーヴィスは2006年8月11日のノーサンプトン・セインツとのウォームアップマッチでスカーレッツとしての初試合を迎えた。[1]

しかし、06-07シーズンは公式戦に登場することはなかった。07-08シーズンになると、2007年9月22日のマンスター戦の61分にギャヴィン・エヴァンズとの交代でマグナーズ・リーグ初出場を果たす(試合は16-26で敗れた)。[2]

また、12月8日のマンスター戦の63分にネイサン・ブルーとの交代でハイネケン・カップ初出場を果たした(試合は16-29で敗れた)。[3]

2008年、地元ウェールズで開催されたラグビージュニア世界選手権U20ウェールズ代表として出場。チームはプール戦を1位で通過するも、準決勝でU20ニュージーランド代表、3位決定戦でU20南アフリカ代表に敗れ4位に終わった。

2009年に行われた北アメリカツアーのスコッドに選ばれたデーヴィスは、5月30日のカナダ戦で13番で先発出場し代表デビュー。翌週のアメリカ戦でも先発出場し、2トライを挙げた。

年度別成績[編集]

クラブ
スカーレッツ 2006-14
シーズン P14 EC CC AWC 合計
出場 T 出場 T 出場 T 出場 T 出場 T
2006-07 - - - - - - - - -
2007-08 3+3 2 1+2 0 - - 1 1 5+5 3
2008-09 14+1 2 4 2 - - 0+2 1 18+3 5
2009-10 16 6 6 3 1 0 - - 23 9
2010-11 7+2 9 2 1 - - - - 9+2 10
2011-12 3+2 1 6 1 1 0 - - 10+2 2
2012-13 12+1 4 4+1 1 - - - - 16+2 5
2013-14 11+1 2 2 0 - - 1 0 14+1 2
2006-14 66+10 26 25+3 8 2 0 2+2 2 95+15 36
クレルモン 2014-16
シーズン T14 EC 合計
出場 T 出場 T 出場 T
2014-15 11+1 1 5+2 0 16+3 1
2015-16 6+2 1 4 2 10+2 3
2014-16 17+3 2 9+2 2 26+5 4
スカーレッツ 2016-
シーズン P14 EC CC 合計
出場 T 出場 T 出場 T 出場 T
2016-17 12+1 2 3+1 1 - - 15+2 3
2017-18 3+1 1 2 0 - - 5+1 1
2018-19 10 6 5 1 - - 15 7
2016- 25+2 9 10+1 2 - - 35+3 11

※P14:プロ14
※T14:トップ14
※EC:チャンピオンズカップ
※CC:チャレンジカップ
※AWC:アングロ・ウェルシュカップ

脚注[編集]

[脚注の使い方]