ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザ
José Eduardo Agualusa.jpg
誕生 1960年
アンゴラの旗アンゴラノヴァ・リスボア
職業 小説家ジャーナリスト
代表作 Lisboa Africana(1993),Nação Crioula
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザJosé Eduardo Agualusa,Alves da Cunha,1960年-)とは、ポルトガル系白人として生まれたアンゴラのジャーナリストであり、作家である。アンゴラのウアンボ(旧ノヴァ・リスボア)にポルトガル系アンゴラ人として生まれ、現在はリスボンルアンダの双方で暮らしている。彼はポルトガル語で著述する。

作品[編集]

これまでに彼は短編集や小説、ノヴェーラ、そして、仲間のジャーナリストのフェルナンド・セメードや写真家のエルザ・ローシャと共にリスボンのアフリカ系コミュニティの調査報告作品となったLisboa Africana(1993)を出版している。彼はまた、アンゴラの詩人、歴史家であり、1992年にルアンダで不可解な失踪を遂げたリディア・ド・カルモ・フェレイラの伝記小説Estação das Chuvas雨季の意)を書いている。彼の小説のNação Crioula(1997,土着の国民の意)はGrande Prémio Literário(文芸大賞)を受賞している。この作品は架空のポルトガル人探検家カルロス・フラディケ・メンデス(19世紀の小説家のエッサ・デ・ケイロスが創造した)と、かつて奴隷でありながらもアンゴラで最も富裕な人物の一人になったアナ・オリンピア・デ・カミーニャの秘められた愛の物語である。Um Estranho em Goa(ゴアの異邦人、2000)は著者がゴアを訪れた際に著された。

アグアルーザは2007年にダニエル・ハーンによって英語に翻訳された彼の作品『カメレオンの書』(The Book of Chameleons)でインデペンデント紙外国フィクション賞を受賞した。彼は1990年に同賞が創設されて以来、初のアフリカ人受賞作家となった。

外部リンク[編集]