ジョゼフ・ラインハルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼフ・ラインハルト
出生名 Joseph Reinhardt
別名 Nin-Nin
生誕 1912年3月1日
出身地 フランスの旗 フランス パリ
死没 1982年
ジャンル ジプシー・スウィング
職業 ベーシスト
担当楽器 ギター
活動期間 1920年代 - 1970年代
共同作業者 フランス・ホット・クラブ五重奏団
公式サイト http://www.djangostation.com/Joseph-Reinhardt,144.html

ジョゼフ・ラインハルト(Joseph Reinhardt、1912年3月1日 - 1982年)は、フランスジプシー・ジャズギタリストパリ生まれ。ジャンゴ・ラインハルトの兄弟のひとり(弟)。「ナン=ナン (Nin-Nin)」という通称で呼ばれたジョゼフは、ジャンゴの息子のひとりで、「バビク (Babik)」と通称されるギタリスト/作曲家のジャン=ジャック・ラインハルト (Jean-Jacques Reinhardt) の叔父である[1]

経歴[編集]

ジョゼフは幼いころからバンジョーを奏で、シンティのキャンプや、カフェのテラス、バル・ミュゼットbal musette:ダンスをする社交場)などで兄ジャンゴとともに演奏していた[2]

1931年トゥーロンエミール・サヴィトリ (Émile Savitry) を通してジャズを知り、1932年から1933年にかけてギターを習得し、コールマン・ホーキンスら熟練ミュージシャンとも共演した[3]

1934年以降、ジョゼフは、フランス・ホット・クラブ五重奏団の活動にすべてを捧げた。兄ジャンゴの陰で目立つことはなかったが、兄の最も忠実な仲間であり、シャルル・ドロネー (Charles Delaunay) はジョゼフを「兄の陰にいるが、ギターを忠実に運び、交換用の弦を用意している」人物であったと述べている[4]

ジョゼフは1937年に五重奏団から独立し、同年にはビル・コールマン (Bill Coleman) との録音を行ない、1940年にはエメ・バレリ (Aimé Barelli) の楽団に加わり、その後、アリックス・コンベル (Alix Combelle) の楽団「ジャズ・ド・パリ (Jazz de Paris)」に移った[2]

1943年、ジョゼフは、アンドレ・オディール (André Hodeir) とともに、自身のグループを結成した。

1953年に兄ジャンゴが死去したとき、ジョゼフはアコースティック・ギターをやめてエレクトリック・ギターに持ち替えたが、1957年には再び元のギターに戻った。ジョゼフはヴァイオリニストのピエール・ラモネ (Pierre Ramonet)、ヴィヴィアン・ヴィラステイン (Vivian Villerstein)とともに、新たに五重奏団を組み、カルチエ・ラタンのクラブなどに出演した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Jean-Louis Comolli et al. (2011), p.1065
  2. ^ a b Jean-Louis Comolli et al. (2011), p.1066
  3. ^ Charles Delaunay (1985), p.102
  4. ^ Anne Legrand (2006), p.85

参照文献[編集]

  • Jean-Louis Comolli, André Clergeat, Philippe Carles, Le Nouveau dictionnaire du Jazz, Robert Laffont,‎ , 1455 p. (ISBN 978-2-221-11592-3)
  • Anne Legrand, Charles Delaunay et le Jazz en France dans les années 30-40, Éditions du Layeur,‎ 2006 et 2010, 239 p. (ISBN 978-2-915118-57-5)
  • Charles Delaunay, De la peinture au jazz, Paris, W,‎ , 271 p. (ISBN 2-86-887004-X)