ジョゼフ・フォーショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼフ・フォーショウ Portal:陸上競技
Joseph Forshaw 2.jpg
ジョゼフ・フォーショウ(1904年)
選手情報
フルネーム ジョゼフ・フォーショウ・ジュニア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 長距離走マラソン
所属 St. Louis Athletic Club, St. Louis (USA)
生年月日 (1881-05-13) 1881年5月13日
生誕地 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
没年月日 (1964-11-26) 1964年11月26日(満83歳没)
死没地 アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス
身長 184cm 
体重 74kg
自己ベスト マラソン:2時間30分1秒(1908年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1908 ロンドン マラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジョゼフ・フォーショウJoseph Forshaw, Jr.1881年5月13日1964年11月26日)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。彼は、1908年に開催されたロンドンオリンピックのマラソン競技で銅メダルを獲得した。

経歴[編集]

フォーショウは、1906年アテネオリンピック[1] から1912年ストックホルムオリンピックまで、3回連続でオリンピックマラソン競技に出場した初めてのアメリカ人選手である。そのうち、1908年のロンドンマラソンでは4番目にゴールしたが、1位で競技場に戻ってきたイタリア代表のドランド・ピエトリが失格となったため、2番目にゴールしたアメリカ合衆国代表のジョニー・ヘイズ、3番目の南アフリカ共和国代表のチャールズ・ヘフェロンに続いて銅メダルを獲得することになった[2]

彼は陸上競技以外にも自転車競技やスピードスケートなど、さまざまなスポーツに積極的に取り組んだ。自転車競技などは50歳のときに現役を退いたが、その後にフィギュアスケートを始めて、生涯にわたって続けている。その他にも1907年から1936年まで、セントルイスのアマチュアホッケーリーグで選手として活躍していた。しかも彼は、家業の暖房設備業の会社を1925年に継承して社長に就任している[3]

フォーショウは1964年に生まれ故郷のセントルイスで死去し、ベルフォンテーヌ墓地に埋葬された。

オリンピックでの成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1906 アテネオリンピック アテネギリシャ マラソン 12位 記録不明
1908 ロンドンオリンピック ロンドンイギリス マラソン 3位 2時間57分10秒4
1912 ストックホルムオリンピック ストックホルムスウェーデン マラソン 10位 2時間49分49秒4

脚注[編集]

  1. ^ この大会は、現在のオリンピック史では非公式扱いとされている。
  2. ^ Athletics at the 1908 London Summer Games:Men's Marathon 2011年8月5日閲覧。(英語)
  3. ^ この会社はフォーショウの父が創立したもので、当初の社名はthe Forshaw Company といったが、彼の銅メダル獲得を記念してForshaw of St. Louisと改名されている。社名変更の由来は、彼がロンドンオリンピックで「Forshaw of St. Louis」と紹介されたことに因んだものだった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]