ジョゼフ・フィリップ・フランソワ・ドゥルーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼフ・フィリップ・フランソワ・ドゥルーズ

ジョゼフ・フィリップ・フランソワ・ドゥルーズ(Joseph Philippe François Deleuze、1753年4月12日 - 1835年10月31日)は、フランス博物学者である。パリ自然史博物館の司書を務めた。動物磁気説の信奉者として知られる。

略歴[編集]

プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏シストロンの貴族の家に生まれた。軍人になるためにパリで数学(砲学)を学んだ。上級の課程に進めなかったので、シストロンに戻り、 歩兵少尉となるが、軍の組織変更で部隊が廃止された後、独学で植物学を学んだ。1787年にパリに出て、博物学者のシャルル=ルイ・レリティエ・ドゥ・ブリュテルと知り合った。1795年にパリ自然史博物館の助手、(aide-naturaliste)に任じられ、博物館の年報の出版に従事し、最初の年報は1802年に出版された。フランス復古王政時には雑誌、Le nain jauneの検閲官を務めた。1828年には空席になっていた博物館の司書の職に任命され、引退するまでその職を続けた。

さまざまの分野の研究を行い、執筆や、イギリスのエラズマス・ダーウィンや詩人の、ジェームズ・トムソンの著作の翻訳を行ったが、動物磁気説に関する著作で知られる。動物磁気説を唱えた、メスメルやピュイセギュール(Armand Marie Jacques de Chastenet de Puységur)の熱烈な信奉者であった。催眠後暗示の発見者とされる。

レジオンドヌール勲章を受勲し、多くの学会の会員に選ばれた。

キク科の属名、Leuzea Auct.Rhaponticumのシノニム)に献名された。

Deleuzeは、植物の学名命名者を示す場合にジョゼフ・フィリップ・フランソワ・ドゥルーズを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • 1804 : Notice historique sur André Michaux, Annales du Muséum National d'Histoire Naturelle, tome 3, An XII.
  • 1807 : Éloge historique de François Péron, contenu dans le Voyage de découvertes aux terres australes, exécuté sur les corvettes le Géographe, le Naturaliste et la goëlette le Casuarina, pendant les années 1800, 1801, 1802, 1803 et 1804, 3 volumes (1807-1816), Impr. impériale (Paris).
  • 1813 : Histoire critique du magnétisme animal, deux volumes, in-8°, réimprimée en 1819, Mame (Paris).
  • 1819 : Introduction pratique sur le magnétisme animal, suivie d'une lettre écrite à l'auteur par un médecin étranger, réimprimé en 1836. J.-G. Dentu (Paris), in-8°, ii + 472 p.
  • 1810 : Eudoxe, entretiens sur l'étude des sciences, des lettres et de la philosophie, deux volumes, in-8°, F. Schoell (Paris).
  • 1823 : Histoire et description du Muséum royal d'histoire naturelle, A. Royer (Paris) : 720 p.
  • 1826 : Lettre à MM. les membres de l'Académie de médecine, sur la marche qu'il convient de suivre pour fixer l'opinion publique relativement à la réalité du magnétisme animal, Béchet Jeune (Paris) : 39 p.

翻訳:

  • 1799 : Les Amours des plantes, poème en quatre chants, suivi de notes et de dialogues sur la poésie, ouvrage traduit de l'anglais de Darwin (The Loves of Plants) Erasmus Darwin (1731-1802).
  • 1801 : Les Saisons James Thomson (1700-1748)

参考文献[編集]

  • Édouard de Laplane: Histoire de Sisteron, tirée de ses archives, Band II, A. Guichard, Digne 1843, S. 426–429
  • Ferdinand Höfer|Jean Chrétien Ferdinand Hoefer: Nouvelle biographie générale depuis les temps les plus reculés jusqu'à nos jours, Band 13, Firmin Didot, Paris 1855, Sp. 455–455