ジョゼフ・バンクス・ライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼフ・バンクス・ライン
Joseph Banks Rhine
人物情報
生誕 (1895-09-29) 1895年9月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ウォータールー
死没 (1980-02-20) 1980年2月20日(84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州ヒルズボロ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 シカゴ大学
配偶者 ルイーザ・エラ・ウェッケサー
両親 父:サミュエル・エリス・ライン
母:エリザベス・ヴォーガン・ライン
学問
研究分野 超心理学
研究機関 デューク大学
特筆すべき概念 世界初の超能力の科学的探求
テンプレートを表示

ジョゼフ・バンクス・ライン英語: Joseph Banks Rhine1895年9月29日 - 1980年2月20日)は、「近代超心理学の父」と言われるアメリカ合衆国超心理学者。デューク大学教授超能力を歴史上初めて科学的に探求しようとした人物である。

生い立ち[編集]

1895年にペンシルベニア州ウォータールーで生まれる。幼年時代はオハイオ州の小さな町で過ごした。2年間海兵隊に勤務した後、シカゴ大学に入り1922年に卒業した。その後シカゴ大学で植物学博士号をとり、一時ウェスト・バージニア大学で植物学を教えた。若い頃はプロテスタントの聖職者になろうと考えたこともあったという。1920年代の初め、妻のルイーザとともにアーサー・コナン・ドイル心霊学に関する講演会に出席し感銘を受けた。この後、ライン夫妻は心霊学の著述と研究に没頭することになる。

1927年デューク大学の実験助手となり、ウィリアム・マクドゥーガル英語版博士のもとで心霊学的な力を研究した。1928年には同大学の教授になり、1940年からは同大学の「超心理学研究所」の所長をつとめた。

研究成果[編集]

ラインは著書や論文でESP(「超感覚的知覚extra-sensory perception テレパシー千里眼など)はESPカードを使った数百万回にのぼるテストによって、合理的な疑問を1つも残すことなく証明されたと主張している。後に、ラインはPK(「心による運動」psychokinessis 念力)と名付けた別の超心理学的現象に注目を移した。これは、精神が物質をコントロールする能力であるという。彼は手あるいは機械で投げられたサイコロの面に被験者の意識を集中すると、確率法則の割合よりも多くその面がでることを確認したという。

ラインはESPもPKも時間と空間の制約を受けないという。これはラインを悩ませた。なぜなら、テレパシーの実験をする場合に、純粋なテレパシーなのかそれとも未来を見ているのか不明だからである。また、ラインは動物も超心理学的能力を持つという。

肯定的評価[編集]

湯浅泰雄によれば、アメリカ数理研究所の特別委員会で行われた審査によってラインの統計的手法に不備が無かったことが認められている、とのことである。

批判[編集]

ラインの実験結果が、科学界英語版によって再現されたことはない[1][2][3]。懐疑的な科学者たちが何回も実験を行った。

ラインの実験に対する追試は何度も行われたが、彼の発見を確認した科学者は、ごく少数の例外を除いて強い心霊学的現象への信仰を持った人ばかりだった。ラインはこれを実験家の態度が被験者に影響をおよぼすとした。これについては、超能力を検証する実験に立ち会う試験者が超能力を信じていない場合は超能力が発動しないという仮説(山羊・羊効果)まである。

多くの心理学部門でラインの実験を再現できなかった。プリンストン大学のW・S・コックスは132人の被験者で25,064回のESPカードの実験を実施し、超感覚的知覚が存在するという証拠はないとし、ラインの結果との一致しない理由には、実験の手順か被験者に違いがあるとした[4]。さらに4つの部門において、ラインの結果を再現できなかった[5][6]ジェームス・チャールズ・クラムボー英語版も、この時点(1938年)で結論が出たと思ったし、1940年までに自分も何度か追試し再現できなかった[7]

ラインは1940年に日本語で『60年後の超感覚的知覚』という意味の本を出版して、自分の実験結果に対して、もっと別の要因がはたらいたと考えるべきだとしたが、実験者との仕切りがないとか、メガネや目の角膜にカードが映ってしまう可能性、カードの裏から記号が見えるような作りだとか、カードの汚れなどから記号を覚えることができるとか批判が寄せられ、さらには助手が数字を書き換えていたという不正行為の目撃談も寄せらるようになった[3]

ラインによる念力に実験は、別の科学者によって再現されなかった[8][3]ジョン・スラデックによれば、サイコロは削れるだけでなく、歪みのないサイコロでも何度も振れば偏りを示すことがあるため、カジノではサイコロをちょくちょく回収するのだが、ラインは同じサイコロを使い続けた[9]

また、ラインはESPカードを被験者が当てられなかった場合でも、「抜け穴」を準備していると批判された。それは、現在のカードではなく一つ前のカードや一つ後のカードを見ていると言うのだ。また、全く当てることができない場合も、精神状態になんらかの異常(疲れている、勉強の悩みがある、病気だった…など)があるか、カードやサイコロを「嫌い」だから当てられなかったとしてスコアーを操作した。

ラインの実験について、特別に実験に偶然成功した人を単に選別しているだけだとする批判がある。数段階のテストでふるいにかけられた被験者は、他にふるいおとされた多数の人の存在を知らず、実験者に喜びを伝え、実験家はそれを受けて情熱あふれる論文を書き、それをラインが引用し、いかにも実験全体が成功しているように見えるというのである。実際、数段階のテストをパスして成功者と見なされた人も、さらにテストを続けるとその能力は発揮できていないように見える。しかし、これは確率論にてらせば当たり前のことである。(大数の法則

また、ESPを信じている実験者は実験の結果をESPが存在する方向に記録をゆがめる可能性を指摘されている。これを受けてラインは録音をしたり、写真に撮ったりしたが、その結果、実験結果はESPが発見される度合いが減った。「細密な用心は犠牲を要求する」とラインは主張したが、細密でない記録は科学的でないことは言うまでもない。

ジェームス・アルコック英語版は2011年に自著で、ラインの実験手法上の問題が明らかとなったので、超心理学者はもはやカード実験を実施していないし、ラインの研究を参照することもほとんどないと書いている[10]

著書[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ C. E. M. Hansel. (1980). ESP and Parapsychology: A Critical Re-evaluation. Prometheus Books. pp. 86-122. 978-0879751203
  2. ^ 翻訳『ハインズ博士「超科学」をきる』シリーズのどこか。Terence Hines英語版. (2003). Pseudoscience and the Paranormal. Prometheus Books. p. 122. 978-1573929790 "The procedural errors in the Rhine experiments have been extremely damaging to his claims to have demonstrated the existence of ESP. Equally damaging has been the fact that the results have not replicated when the experiments have been conducted in other laboratories."
  3. ^ a b c チャールズ・M.ウィン、アーサー・W.ウィギンズ 『疑似科学はなぜ科学ではないのか : そのウソを見抜く思考法 : 占星術やUFO、超能力が科学的と言えない理由、あなたは説明できますか?』 奈良一彦訳、海文堂出版、2009年(原著2001年)、154-157, 163。ISBN 978-4-303-73490-9
  4. ^ Cox, W. S. (1936). An Experiment in ESP. Journal of Experimental Psychology 12: 437.
  5. ^ Joseph Jastrow英語版. (1938). ESP, House of Cards. The American Scholar. Vol. 8, No. 1. pp. 13-22. "Rhine’s results fail to be confirmed. At Colgate University (40, 000 tests, 7 subjects), at Chicago (extensive series on 315 students), at Southern Methodist College (75, 000 tests), at Glasgow, Scotland (6, 650 tests), at London University (105, 000 tests), not a single individual was found who under rigidly conducted experiments could score above chance. At Stanford University it has been convincingly shown that the conditions favorable to the intrusion of subtle errors produce above-chance records which come down to chance when sources of error are eliminated."
  6. ^ Cited in C. E. M. Hansel英語版 The Search for a Demonstration of ESP. In Paul Kurtz英語版. (1985). A Skeptic's Handbook of Parapsychology. Prometheus Books. pp. 105-127; 0-87975-300-5
    • Adam, E.T. (1938). A summary of some negative experiments. Journal of Parapsychology 2: 232-236.
    • Crumbaugh, J.C. (1938). An experimental study of extra-sensory perception. Masters thesis. Southern Methodist University.
    • Heinlein, C.P; Heinlein, J. H. (1938). Critique of the premises of statistical methodology of parapsychology. Journal of Parapsychology 5: 135-148.
    • Willoughby, R.R. (1938). Further card-guessing experiments. Journal of Psychology 18: 3-13.
  7. ^ Crumbaugh, J. (1966). A Scientific Critique of Parapsychology. International Journal of Neuropsychiatry 5: 521–29.
  8. ^ Charles M. Wynn, Arthur W. Wiggins. (2001). Quantum Leaps in the Wrong Direction: Where Real Science Ends...and Pseudoscience Begins. Joseph Henry Press. p. 163. 978-0-309-07309-7 "The same Dr. Rhine who studied ESP also studied and felt he had evidence for PK. Attempts to replicate Rhine's findings under controlled conditions all failed. Successful tests of PK reported by him were the result of inadequate controls or falsification of data."
  9. ^ John Sladek. (1974). The New Apocrypha: A Guide to Strange Sciences and Occult Beliefs. Panther. pp. 172-174. 0-87281-712-1
  10. ^ James Alcock. (2011). Back from the Future: Parapsychology and the Bem Affair. Skeptical Inquirer. "Despite Rhine’s confidence that he had established the reality of extrasensory perception, he had not done so. Methodological problems with his experiments eventually came to light, and as a result parapsychologists no longer run card-guessing studies and rarely even refer to Rhine’s work."

参考文献[編集]