ジョゼフ・ナーヴァヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョゼフ・ナーヴァヒー外務大臣

ジョゼフ・ナーヴァヒー(Joseph Nāwahī、1842年1月13日 - 1896年9月14日)はハワイ人で、弁護士、州議会議員、画家新聞発行人であった。

生涯[編集]

ジョゼフ・ナーヴァヒーはハワイ島プナで生まれた。教育はハワイ王立学校Royal School)、ラハイナルナ高校Lahainaluna High School)などで受け、長じてハワイ王国議会Legislature of the Kingdom of Hawaii)議員となり(1872-1892年)、リリウオカラニ女王の下で政府要人として活躍した。

遺産[編集]

ハワイ語の使用禁止時代に、ハワイ語新聞を発行して(1892年)逮捕されたこともある。現在ハワイ島ヒロにあるハワイ語を使用する学校(幼稚園~高校)は「ナーヴァヒー校」(Nāwahī School)と呼ばれている。 [1] [2]

脚注[編集]

  1. ^ 松原 好次 編著『消滅の危機にあるハワイ語の復権をめざして』(明石書店、2010年)
  2. ^ 朝日新聞日曜版 The Asahi Shimbun GLOBE(2014年4月12日)「ことばにめざめる」:後藤絵里著「E ola ka 'ōlelo Hawai'i. ハワイ語は生き続ける」