ジョゼフ・ドッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼフ・ドッジ
Joseph Dodge
Dodge and Ikeda 1949.JPG
ドッジ夫妻と池田勇人
生年月日 1890年11月18日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州の旗 ミシガン州 デトロイト
没年月日 (1964-12-02) 1964年12月2日(74歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州の旗 ミシガン州 デトロイト
出身校 デトロイト中央高校
前職 デトロイト銀行英語版頭取
称号 勲一等旭日大綬章
配偶者 ジュリア・ジェーン・ジェファーズ

在任期間 1953年1月22日 - 1954年4月15日
テンプレートを表示

ジョゼフ・マレル・ドッジ: Joseph Morrell Dodge[1][2]1890年11月18日 - 1964年12月2日)は、アメリカの政治家。銀行家で、後にデトロイト銀行英語版頭取にまでなった。

1945年からアメリカで第二次世界大戦後の連合軍占領下ドイツのインフレ問題に取り組む。その後、1949年2月から日本でドッジ・ラインとして知られる経済政策を立案・勧告した。1953年にはドワイト・D・アイゼンハワー政権で第10代行政管理予算局長官に就任し、1954年までこの職務を務めた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1890年、ミシガン州デトロイトのポスター画家ジョセフ・チーズマン・ドッジの長男として生まれる[3][4]。ドッジは三人兄弟で、弟と妹がいる[4]。幼少期は父に連れられハイキングやキャンプを経験し、森林探検家になることを夢見ていたが、母ガートルードは「私はジョゼフが銀行家になることを確信しています。ジョゼフは同年代の男の子の中で唯一人、手が泥塗れになるのを嫌がっていましたから」と述べている[4]

銀行家[編集]

1908年、デトロイト中央高校を卒業し保険会社の事務員となるが、翌1909年にデトロイト銀行英語版に転職する[3]。ドッジはメッセンジャーボーイとして働くが、独学で簿記を学び簿記係となり、20歳の時にミシガン州最年少で審査官になる[4]。ドッジは5年間優秀な業績を挙げ、頭取エドワード・ドイルの目に留まり、彼の助手に抜擢される[3][4]。1916年にジュリア・ジェーン・ジェファーズと結婚し、執行役員に昇進する。翌1917年に頭取を退任したドイルから、彼の息子トム・ドイルの経営する自動車会社ダッジを支援して欲しいと依頼される[4]

1932年、世界恐慌による経営悪化を受けダッジの役員を辞任し、1933年にファースト・ナショナル・バンクの副頭取に就任する[4]。同行は金融危機により経営破綻するが、ドッジはその後デトロイト国立銀行英語版の創設に関わった。この功績により、同年デトロイト銀行頭取に就任し、1953年1月まで務めた。ドッジは少しでも損失リスクのある企業家への融資を拒否するなど経営に対して厳しい態度で臨んだため多くの顧客を失ったが、それにも関わらず38万人の新規顧客を獲得するなど手腕を発揮した[4]

1941年、アメリカ陸軍の経理部門主任を務め、不要な政府支出を抑えるために軍需企業を監視し価格調整に努め、1942年のアメリカ陸軍航空隊中西部中央調達地区価格調整委員会の会合で提言した[3][5]。1943年には陸軍省軍需委員会議長に就任し、6つの政府機関の軍需物資の価格調整を担当した[3][4]

独墺の金融再建[編集]

1945年8月、ドイツ占領アメリカ軍政府ルシアス・D・クレイ英語版の依頼を受け金融政策顧問としてドイツに赴任[3][4]し、破綻した銀行システムの再建に乗り出した[3]。1947年に通貨安定のためにライヒスマルクの90%を削減し、新しい通貨を発行することを提言した[4]。ドッジの提言は翌1948年6月からアメリカ・イギリスフランスの占領地域で実施され新しくドイツマルクが発行され、結果的に物々交換や買い溜めなどを阻止した。しかし、新通貨の発行にソビエト連邦は反発し、ベルリン封鎖を引き起こす結果となった[3]

連合軍占領下のオーストリアでは、賠償金に関する諮問委員会が設立された[5]。ドッジはドイツマルクが発行されるまでの間、オーストリアの金融政策が主な担当となり、1947年5月にハリー・S・トルーマンから諮問委員会のアメリカ代表に任命された。また、ジョージ・マーシャルの代理として外相理事会ロンドン会議に出席した[5][3]

1948年1月、金融政策顧問を辞任し、「マーシャル・プラン実施のための経済協力、財政、金融問題に関する諮問委員会」の委員に任命され、1951年まで務めた[5]

日本の金融再建[編集]

ジョゼフ・ドッジ(右)と池田勇人(左)

1949年2月、GHQの金融政策顧問に任命され、公使としてGHQ統治下の日本に赴任する[6]。この役職はトルーマンによって閣僚に準じる権限を与えられていたが、ドッジはドイツでの成功にも関わらず就任を二度辞退している[5][7]

占領下の日本は競争力の脆弱さにより輸出が伸びず、また国内では傾斜生産方式に基き復興金融金庫から基幹企業に大量の融資が行われたため戦後インフレが発生していた[8]。ドッジはこれらを是正するため「緊縮財政や復興金融公庫融資の廃止による超均衡予算」「日銀借入金返済などの債務償還の優先」「1ドル=360円の単一為替レートの設定」「戦時統制の緩和」「自由競争の促進」を柱とする金融政策を実施した[7]。ドッジの実施した金融政策はドッジ・ラインと呼ばれ、彼の最も著名な業績とされている[3]

行政管理予算局長官[編集]

1952年アメリカ合衆国大統領選挙ドワイト・D・アイゼンハワーが当選すると、ドッジはクレイの紹介でアイゼンハワーと会い、アイゼンハワーの大統領就任に伴い行政管理予算局長官に任命される[5]。ドッジとアイゼンハワーは、政府支出を削減することでインフレを抑制させるという基本理念を共有していた。トルーマン政権では100億ドルの財政赤字を抱えていたが、ドッジは在任中に50億ドルの赤字を削減させた[3][4]

ドッジは各省の予算案をランク付けし、優先度の低い支出を削減した[4]。また、各省に欠員が生じた場合も必要がない限り人員の補充を認めず、公用車の交換も認めず、自身も在任中は一度も公用車を交換しなかった[4]。アイゼンハワーはニュールック英語版を掲げて安全保障政策の予算充実を図り、ドッジも積極的にニュールックの予算確保に努めた[3]。しかし、ドッジは均衡予算を達成することは出来なかった。政府支出の70%は国防関係費に向けられており、辞任直前の最後の予算編成の際に国防費を5億ドル削減しようとしたが果たせなかった。

晩年[編集]

行政管理予算局長官辞任後はデトロイト銀行頭取に復帰しアメリカの対外援助計画の見直しに関わり、1954年12月にアイゼンハワーの特別補佐官に任命され、1956年まで対外経済諮問会議英語版議長を務めた[3][5]。1956年6月に2銀行と合併し、総資産10億ドルを超えるデトロイト・バンク・アンド・トラスト・カンパニーを設立した[5]。1958年に軍事援助検討特別委員会委員に任命され、1959年からはアメリカ国家安全保障会議の顧問を務めた[3]

ドッジはウェイン州立大学ミシガン大学から法学名誉博士号を授与され、ドイツでの金融政策の功績により1946年9月18日に功労勲章を授与された[9][5]。1950年に陸軍省から日本の金融政策の功績により民間特例勲章を授与され、1962年4月28日には日本から勲一等旭日大綬章を授与された[5]

参考文献[編集]

  • Richard J. Barnet, The Alliance--America, Europe, Japan, Simon and Schunster, 1983.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカ英語発音:[ˈdʒoʊsəf(ˈdʒoʊzəf) məˈrɛl dɑːdʒ]
  2. ^ イギリス英語発音:[ˈdʒəʊzɪf məˈrɛl dɒdʒ]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n “Dodge, Joseph Morrell.” American National Biography 6, (1999): 690-692.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n “World Trade- Man with a Puzzle.” Times Magazine, Jan. 24, 1995
  5. ^ a b c d e f g h i j Hannan, Caryn. “Dodge, Joseph Morrell." Volume 1 of Michigan Biographical Dictionary. Vol. 1. North American Book Dist LLC, 1998: 207
  6. ^ 杉田米行 Sugita, Yuneyuki, and Marie Thorston. Beyond The Line: Joseph Dodge and the Geometry of Power in the US-Japan Relations, 1949-1952. Tokyo: University Education Press, 1999.
  7. ^ a b Thorsten, Marie. and Yoneyuki Sugita. "Joseph Dodge and the geometry of power in US-Japan relations." Japanese Studies: 1981-2012. Vol. 19. no. 3 (1999):297-314. doi:10. 1080/10371399908727684.
  8. ^ Schonberger, Howard B. Aftermath of War: Americans and the Remaking of Japan, 1945-1952. Kent, OH: Kent State University Press, 1989
  9. ^ "World Trade-Budget Observer." Times Magazine, 12-1-1952
公職
先代:
フレデリック・ロートン英語版
アメリカ合衆国の旗 行政管理予算局長官
第10代:1953年 - 1954年
次代:
ローランド・ヒューズ英語版