ジョゼフ・デュクルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョゼフ・デュクルー
Joseph Ducreux
Ducreux1.jpg
Portrait de l'artiste sous les traits d'un moqueur, Self-portrait, ca. 1793
生誕Joseph Ducreux
(1735-06-26) 1735年6月26日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ナンシー
死没1802年7月24日(1802-07-24)(67歳)
Flag of France (1794–1815).svg フランス共和国、パリからサン=ドニへの道中
著名な実績肖像画家
受賞premier peintre de la reine

ジョゼフ・デュクルー(Joseph Ducreux, 1735年6月26日 - 1802年7月24日)は、フランス貴族、肖像画家パステル画家細密画家エングレーバーで、フランス王ルイ16世の宮廷肖像画家として、そしてフランス革命後も成功を収めた人物である。男爵に叙され、premier peintre de la reine(女王付の第一画家)に就任し、処刑前のルイ16世最後の肖像画も描いている[1]

略歴[編集]

ムルト=エ=モゼル県ナンシーで生まれた。画家の父親から、絵画を学んだ後、1760年のパリに出て、肖像画家のモーリス・カンタン・ド・ラ・トゥールの弟子になった。ジャン=バティスト・グルーズからも油絵の技法を学んだ。

1769年にフランス王太子と婚約したマリー・アントワネットの肖像画を描くためにウィーンに派遣され、この功績でデュクルーは宮廷画家になり爵位を得た。フランス革命が始まるとロンドンに移りロンドンで処刑前のルイ16世最後の肖像画を描いた。

ジャコバン党員として、革命にかかわった画家のジャック=ルイ・ダヴィッドの援助で、1793年にパリに帰還でき、 公的な画家の仕事を続けることができるようになり、パリのデュクルーの邸は多くの芸術家が集まる場所になった。フランス第一共和政下の1802年に亡くなった。

インターネットミーム[編集]

自画像、あくび中(ca. 1783)

デュクルーの自画像は、ラップポップソング、インターネットフレーズなどと組み合され、インターネット・ミームとしてネット上で面白おかしく加工されている[2]


ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Louis XVI” (French). 2010年11月27日閲覧。
  2. ^ Klee, Miles. “Vanishing Point (Your Memes Reviewed): The Joseph Ducreux Self-Portrait”. 2011年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]