ジョセフ・ラウントリー (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョセフ・ラウントリー
Joseph Rowntree in 1862.jpg
26歳ころのラウントリー。
生誕 (1836-05-24) 1836年5月24日
イングランドの旗 イングランド ヨーク
死没 1925年2月24日(1925-02-24)(88歳)
職業 チョコレート製造
配偶者 Julia Seebohm (m. 1862–63)
Emma Seebohm (1867–1925, his death)
子供 6
公式サイト Rowntree Society

ジョセフ・ラウントリー(Joseph Rowntree、1836年5月24日 - 1925年2月24日)は、イングランドヨーク出身のクエーカー実業家慈善家。おそらくラウントリーは、卓越した社会改革家として、チャールス・ブースの協力者、友人として、また、当時はラウントリー家の家業であり、イギリスを代表するチョコレート製造業者のひとつとなったラウントリーズの経営者として、最もよく知られていた。有力な実業家であったラウントリーは、従業員の生活の質の改善に深く関心を寄せており、それを契機として慈善家となり、数多くのチャリティー活動に関わった。

ラウントリーは1904年に3つのトラスト(信託財団)を創設したが、そのうちジョセフ・ラウントリー・ヴィレッジ・トラスト ( Joseph Rowntree Village Trust, JRVT) は、ガーデン・ヴィレッジとして建設されたヨーク郊外のニュー・イアーズウィック英語版の経営にあたる組織として設立されたものであり、このほかに、ジョセフ・ラウントリー・チャリタブル・ トラスト ( Joseph Rowntree Charitable Trus, JRCT) とジョセフ・ラウントリー・ソーシャル・サービス・トラスト (Joseph Rowntree Social Services Trust, JRSST) が設立された。あとの2者は、社会改革を目指して設立されたもので、 JRCTはチャリティーとして、JRSSTは有限責任会社として設立されており、法的規制からチャリティーでは提供できない類の社会的、政治的業務をJRSSTが担うように意図されていた[1]。ラウントリー自身は、恒久的に存続するのはJRVTだけであろうと述べていたが[2]、実際にはすべてのトラストが存続し続けることとなり、JRSSTは名称をジョセフ・ラウントリー・リフォーム・トラスト (Joseph Rowntree Reform Trust) と名称を変更し、JRVTからは1968年にジョセフ・ラウントリー・ハウジング・トラスト (Joseph Rowntree Housing Trust) が分離されたため、ラウントリーが創設したトラスト群は今では4つの組織となっている。

生い立ち[編集]

ラウントリーは、母サラ (Sarah) と父ジョセフ・ラウントリーの間の息子として、父が食料雑貨店を営んでいたヨークのペイブメント通り (The Pavement) で生まれた[3]。彼は、ブーサム校英語版に学んだ[4]。14歳のときに、父に従ってアイルランドへ旅行し、ジャガイモ飢饉の影響を目撃した [5]。この経験は、後の彼の政治的見解や事業の発想の基礎を作ることになった。

経歴[編集]

ラウントリーは、この旅行の翌年から父の店で徒弟として働き始め、1859年の父の死を受け、兄であるジョン・スティーヴンソン・ラウントリーとの共同経営で事業を継承した。

1869年には、弟であるヘンリー・アイザック・ラウントリーが所有していたチョコレート工場の経営に参画した。ヘンリー・アイザックは1883年に死去し、ジョセフは、この事業の所有者となった。彼は、この事業、ラウントリーズ社の経営において、その進歩的な着想を次々と打ち出し、1881年に開設した新工場の設計や、工場におけるその後の経営実践に活かし、例えば、独自の企業年金制度なども導入した[5]

ラウントリーズ社の工場の従業員数は、30人から始まり、19世紀末には4,000人になっており、当時のイギリスにおいて80番目に大きな工場となっていた[6]。この事業は後に、1969年にはジョン・マッキントッシュ・アンド・カンパニー (John Mackintosh and Co.)と合併し、さらに1988年にはネスレによって買収されることとなる。

ジョセフ・ラウントリーは2度結婚し、1862年に結婚した妻ジュリア・イライザ・シーボーム (Julia Eliza Seebohm) とは1863年に死別したが、1867年に亡妻の従姉妹であったエマ・アントワネット・シーボーム (Emma Antoinette Seebohm) と再婚して、6人の子どもをもうけた[6]。社会調査家として知られるシーボーム・ラウントリーは、彼の息子のひとりである。

ジョセフ・ラウントリーの墓は、一族の多くの墓とともに、ヨークのヘルシントン・ロード (Heslington Road) の The Retreat の敷地の一角にあるクエーカー墓地にある。

慈善家としてのラウントリーは、政治において、自由主義的価値を支持し、従業員の生活の質の改善に心を砕いていた。彼は、従業員たちのために図書館や無料の教育機会、企業内雑誌『The Cocoa Workers Magazine』、社会福祉の担当者、医師、歯科医師、年金基金を提供した[7]

ジョセフ・ラウントリー・スクール[編集]

1942年ニュー・イアーズウィックに、彼の名を冠したジョセフ・ラウントリー・スクール (Joseph Rowntree School) が、ジョセフ・ラウントリー・ヴィレッジ・トラストによって設立された。2010年に、この学校は、2900万ポンドをかけて、新たな場所へ移転した。この学校の生徒たちは、学校のことを「ジョロ (Jo Ro)」と通称している[8]

銅像の設置を求める声[編集]

2012年夏には、ヨーク中心部の目立つ場所にジョセフ・ラウントリーの銅像を設置することを求める運動が始まった、と報じられた[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ 岡村、2012、p.11,
  2. ^ 岡村、2012、p.5,
  3. ^ Anne Vernon (2005). Quaker Business Man: The Life of Joseph Rowntree. Taylor & Francis. p. 10. ISBN 978-0-415-38160-4. 
  4. ^ Oxford Dictionary of National Biography[リンク切れ]
  5. ^ a b Joseph Rowntree Biography Archived 2008年8月29日, at the Wayback Machine. – The Joseph Rowntree Foundation 2004
  6. ^ a b Joseph Rowntree BiographyOxford Dictionary of National Biography
  7. ^ 岡村、2012、pp.4-5,
  8. ^ “Ex Joseph Rowntree School pupils invited to step back into the classroom”. York Press. (2010年1月21日). http://www.yorkpress.co.uk/news/4862833.Ex_Joseph_Rowntree_School_pupils_invited_to_step_back_into_the_classroom/ 2016年5月27日閲覧。 
  9. ^ Liptrot, Kate (2012年8月21日). “Campaign for statue of Joseph Rowntree on former “splash palace” site in York”. The Press. http://www.yorkpress.co.uk/news/9884273.Campaign_for_statue_of_Joseph_Rowntree/ 2017年4月21日閲覧。 
  10. ^ Wootton, Katharine (2012年8月21日). “Statue Campaign to remember Joseph Rowntree”. One & Other. 2017年4月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 岡村東洋光「ジョーゼフ・ラウントリーの「公益」思想 : 三トラストの活動を中心に」、『経済学論集』第78巻第1号、東京大学経済学会、2012年、 2-15頁。 NAID 120005289897

関連文献[編集]

  • アン・ヴァーノン『ジョーゼフ・ラウントリーの生涯:あるクエーカー実業家のなしたフィランソロピー』佐伯岩夫岡村東洋光訳、創元社、2006年。
    • 上記の一部に相当する部分訳:アン・ヴァーノン「翻訳 アン・ヴァーノン著『クエーカー企業家 ジョーゼフ・ラウントリーの生涯1836-1925』(上)」、『エコノミクス』第10巻2/3/4、九州産業大学、2006年3月30日、 65-126頁。 NAID 110006178907

外部リンク[編集]