ジョスラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Josselin
Blason ville fr Josselin (Morbihan).svg

Josselin.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) モルビアン県Blason département fr Morbihan.svg
(arrondissement) ポンティヴィ郡
小郡 (canton) ジョスラン小郡
INSEEコード 56091
郵便番号 56120
市長任期 ジョセフ・セヴェノ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes du Pays de Josselin
人口動態
人口 2582人
2006年[1]
人口密度 576人/km2
地理
座標 北緯47度57分24秒 西経2度32分50秒 / 北緯47.9566666667度 西経2.54722222222度 / 47.9566666667; -2.54722222222座標: 北緯47度57分24秒 西経2度32分50秒 / 北緯47.9566666667度 西経2.54722222222度 / 47.9566666667; -2.54722222222
標高 平均:30m
最低:32m
最高:93 m
面積 4.48km2
Josselinの位置(フランス内)
Josselin
Josselin
公式サイト Site officiel de la commune
テンプレートを表示

ジョスラン (Josselin、ブルトン語:Josilin)は、フランスブルターニュ地域圏モルビアン県コミューン

丘の中腹にスレート屋根の中世の家々が広がり、ロアン城が穏やかにウスト川に映る、ジョスランは絵のような光景を見せる。ガロ語圏とブルトン語圏の境界線上にあり、かつてのポルオエ子爵領の中心地である。レンヌからロリアン間の高速道路途上、ナント・ア・ブレスト運河沿いにある。

歴史[編集]

古い町並みと朝市

この小さなまちの特徴は観光というよりむしろロアン公爵の居城であったロアン城にある。最初はロアン城に9つの塔があったが、現在はたった4つしかない。城は1629年にリシュリュー枢機卿によって一部が壊されている。

ジョスランとプロエルメルの中間にある場所は、ブルターニュ継承戦争中の30人の戦いの舞台である。

史跡[編集]

  • ノートルダム・デュ・ロンシエ教会 - 12世紀後半に建てられたが数度の拡張と修復が行われている。オリヴィエ・ド・クリッソンと妻マルグリット・ド・ロアンの横臥像を収める。
  • 処女の泉 - 奇跡の泉の名称で知られる。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
2231 2283 2611 2548 2338 2419 2582

教育[編集]

2007年秋、ジョスランの児童の17.1%がブルトン語との二言語学校に在籍していた[2]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]