ジョエル・ロブション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Joël Robuchon
Joël Robuchon.jpg
2010年9月
生誕 1945年4月7日
ポワチエ, フランス
死没 (2018-08-06) 2018年8月6日(73歳没)
公式サイト www.joel-robuchon.net
料理人歴

ジョエル・ロブション: Joël Robuchon, 1945年4月7日 - 2018年8月6日[1])はフランスシェフ。有名シェフとして知られている[1][2]ジョエル・ロビュションの表記もみられる[3]

人物・生涯[編集]

ポワチエ出身。15歳で、ホテル「ルレ・ド・ポワチエ」の見習いシェフとしてキャリアをスタートさせた。その後セーヌ川の船上シェフを務めた[4]。28歳で「コンコルド・ラファエットホテル」の総料理長に就任、1976年にフランスの国家最優秀職人章(Meilleur Ouvrier de France, 略称MOF)の資格を取得。同年来日し、レストラン「ラ・ベル・エポック」で働く[5]1981年には独立してレストラン「ジャマン」を開店、後に店名を「ジョエル・ロブション」へと改め、現在に至る。ロブションは、レストランガイド「ゴー・ミヨ」に「世紀のシェフ」として紹介された事でも知られている。1990年代以降はフランス国外とりわけ日本での活動が豊富で、日本のフレンチ業界に与えた影響も大きく、日本のメディアでは「フレンチの神様」「フレンチの皇帝」と称されることも多い。

1996年に現役を退くも、その味を愛してやまない人達からの熱烈な声に後押しされる形で2003年に料理人として現役復帰する。

2013年現在世界11カ国に店舗を持ち、ミシュランガイドにて総数28個の星を獲得しており、「世界一星を持つシェフ」としても知られている。 日本国内では東京に6つの店舗を持ち、そのうちの「ガストロノミー ジョエル・ロブション(恵比寿ガーデンプレイス)」が三つ星、「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿ガーデンプレイス)」が二つ星、「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(六本木ヒルズ)」が二つ星を獲得している。

日本国内でのロブション・グループの経営母体は、ピザーラの親会社としても知られる株式会社フォーシーズが受け持っている。 世界的には、東京、香港、マカオ、シンガポールとミシュラン3つ星レストラン4軒の総料理長で、アラン・デュカスの3軒を超え世界最多3つ星シェフであったが、シンガポール店の閉店により、アラン・デュカスと並ぶ3軒の世界最多タイの3つ星シェフとなっていた。

ドルドーニュ県でレストランを夫婦で経営する娘・ソフィーと[5]福岡在住の日本女性との息子・ルイ(龍依)・ロブション・安部がいる[6]。ルイは福岡で日仏産品の輸出入会社を経営している[7]

略年譜[編集]

恵比寿ガーデンプレイスの「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」
  • 1945年4月7日: ヴィエンヌ県ポワティエ生まれ。
  • 1960年: ホテル・レストラン「ルレ・ド・ポワティエ(Relais de Poitiers)」の見習いになる(15歳)。
  • 1966年: 「コンパニョン・ド・トゥール・ド・フランス(Compagnon du Tour de France): フランス遍歴同業者組合」加入。
  • 1974年: 「オテル コンコルド・ラ・ファイエット(Hotel Concorde La Fayette)」総料理長就任。
  • 1976年ポール・ボキューズ(Paul Bocuse)の招きで初来日し、日本のシンプルな盛り付けと重くないソースに影響を受ける。
  • 1978年: 「オテル ニッコー・ド・パリ(Hotel Nikko de Paris): レ・セレブリテ(Les Celebrites)」料理部門長就任。
  • 1981年: 「レ・セレブリテ」がミシュラン2つ星になる。
  • 1982年3月: ミシュラン1つ星。
  • 1983年: ミシュラン2つ星。
  • 1984年: ミシュラン3つ星を史上最短で獲得。
  • 1994年
    • 1月: 「ジャマン」を移転・拡大し、店名も「ジョエル・ロブション」に改める。
    • 10月: 東京・恵比寿シャトーレストラン「タイユバン・ロブション(Taillevent Robuchon)」プロデュース。
  • 1996年
    • 7月: 「最高の状態でやめたい」と言って「ジョエル・ロブション(Joel Robuchon)」を閉店、現役を引退。以降はレストランのプロデュース業と後進の育成に専念する。彼は以前より、「料理人は50歳を過ぎると腕が衰えてくる。だから、自分は50歳になったら現役を引退するつもりだ」と宣言しており、それを実行する形となった。
    • 10月: 「ラストール」顧問就任。自身のプロデュース・出演によるテレビ番組"CUISINEZ COMME UN GRAND CHEF"放映開始。
  • 2001年2月: マカオ・リスボアホテル「Robuchon a Galera」プロデュース。
  • 2003年
    • 4月: 東京・六本木ヒルズに「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション(L'ATELIER de Joel Robuchon)」開店。
    • 5月: パリ・ロワイヤルホテルに「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」開店。現役に復帰する。
  • 2004年
    • 4月: 東京・日本橋高島屋に「ル・カフェ・ドゥ・ジョエル・ロブション(LE CAFE de Joel Robuchon)」開店。
    • 12月: 東京・恵比寿に「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」をリニューアルオープン。
  • 2005年9月: ラスベガス MGM Grand Hotel に「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」(ラスベガス版で二つ星)「ジョエル・ロブション」(ラスベガス版で三ツ星)店。
  • 2006年
    • 8月: Four Seasons Hotel New York に「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」開店。現在、閉店。
    • 9月: ロンドンに「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」開店。現在、1つ星。
    • 11月: 香港に「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」開店。現在、3つ星。ラトリエの3つ星は、世界でここ1軒だけ。
  • 2007年
    • 5月30日: 松坂屋名古屋本店に、レストラン「ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション」(LA TABLE de Joel Robuchon)開店。2011年6月閉店。
    • 9月26日: 松坂屋名古屋本店に、ブランジュリー&パティスリー「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション 名古屋店」(LA BOUTIQUE de Joel Robuchon Nagoya)開店。2011年6月閉店。
  • 2018年
    • 8月6日: スイスのジュネーブで死去した[2]。73歳没[2]がんを患っていたという[2]

料理のスタイル[編集]

ジャン・ドラベーヌを生涯の師と呼び、アラン・シャベル、シャルル・バリエからも強い影響を受けて、ヌーベルキュイジーヌの新たな料理法に取り組むようになった。 ジョルジュ・プラリュから真空調理法を紹介され、その後、電車内の高級レストランの調理法として採用することになった。それ以来、真空調理法を評価して研究を行っている。分子ガストロノミーに対しては批判的である。

叙勲・受賞歴[編集]

他多数

著作[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 世界的シェフ、ロブション氏死去”. 共同通信社 (2018年8月6日). 2018年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c d ジョエル・ロブション氏死去=「フランス料理の神様」”. 時事通信社 (2018年8月6日). 2018年8月12日閲覧。
  3. ^ NCID BA3112425X
  4. ^ ‘It was harder than military service’ – French chef on working for Joël RobuchonSouth Chine Morning Post, 27 Apr 2018
  5. ^ a b Mort de Joël Robuchon : qui sont ses enfants, Sophie et Louis Robuchon, tous les deux passionnés de cuisine ?Femme Actuelle, le 6 août 2018
  6. ^ ジョエル・ロブション2世であるルイ・ロブションが厳選する“とっておきの1本”が勢揃いオールドヴィンテージ/日本初上陸ワイン専門サイト「LR SELECTION」リニューアルオープン!PR TIMES, 2015年6月16日
  7. ^ ルイ・ロブション・安部レコール・デュ・ヴァン
  8. ^ Piano ma non solo, ジャン=ピエール・ティオレ, Anagramme Ed., 2012, 111

関連項目[編集]

外部リンク[編集]