ジョアン・バルボーザ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
J. Barbosa Rodrigues 1842 - 1909

ジョアン・バルボーザ・ロドリゲス(João Barbosa Rodrigues、1842年6月22日 - 1909年3月6日)は、ブラジル植物学者、エンジニアである。

サンゴンサロ・ド・サプカイで生まれ、ミナスジェライス州のカンパニャ(Campanha)で育った。 1858年に家族とともにリオデジャネイロに移った。商人になったが、自然への興味を持ち、昆虫植物を集めた。図画の教師となり、植物学者フレイレ・アレマン(Francisco Freire Allemão e Cysneiro)の指導で植物学を学んだ。1872年から1975年まで行われた科学調査でアマゾンの密林を調査した。その後ブラジルの皇女イザベル・ド・ブラジルの援助で、マナウス植物園を作り、園長となった。1890年にリオデジャネイロ植物園の園長となり、没するまでその職を務めた。多くの植物書を書いたが、主著はランに関する『新しいランの属と種』2巻("Genera et species orchidearum novarum" (1877/1881))である。