ジョアンナ・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョアンナ・ホフマンJoanna Karine Hoffman , 1955年7月27日 - )は、ポーランド生まれのアメリカ合衆国エンジニアマーケティングの専門家である。

人物[編集]

シカゴ大学休学中にパロアルト研究所を訪れ講義を受けたことがきっかけでジェフ・ラスキンに誘われAppleに入社する[1]1980年Macintosh(初代のMacintosh Product Marketing Manager[2])の開発チームに加わり、スティーブ・ジョブズ1985年に設立したNeXTの初期から開発チームメンバーであった人物である。また、1990年より1995年まで General Magicのマーケティング担当副社長を務めた[3]

MITシカゴ大学で学んだ自然科学考古学がバックグラウンドである[4]

備考[編集]

2015年の映画『スティーブ・ジョブズ』では、ケイト・ウィンスレットがホフマンを演じ、ゴールデングローブ賞 映画部門 助演女優賞を受賞した。

2018年のドキュメンタリー映画『General Magic』に出演している。

参考文献[編集]

  1. ^ Recollections of the Mac's creators - CNET”. web.archive.org (2015年1月23日). 2021年6月22日閲覧。
  2. ^ Computer Chronicles: The Macintosh Computer Part 1 1985 YouTube
  3. ^ アンディ・ハーツフェルド『レボリューション・イン・ザ・バレー ―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏』オライリー・ジャパン、2005年。ISBN 978-4873112459
  4. ^ Joanna Hoffman @ アンディ・ハーツフェルド The Original Macintosh (folklore.org)

外部リンク[編集]