ジョアンナ・ペティット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョアンナ・ペティット

ジョアンナ・ペティットJoanna Pettet1942年11月16日 - )はイギリス映画女優。初期にはジョアンナ・プティットとも記される。

略歴[編集]

ロンドンに生まれる。父はイギリス空軍のパイロットで1942年に戦死。再婚した母親とともに幼少期にカナダに移住する。ニューヨークネイバーフッド・プレイハウスリンカーン・センターにおいて演技を学び、ブロードウェイにデビュー。シドニー・ルメットに見出され、映画「グループ」(1966年)に出演、キャンディス・バーゲンシャーリー・ナイトらとの共演により注目される。個性的な美貌とハスキーな声で人気女優となり、「将軍たちの夜」、「007 カジノ・ロワイヤル 」、「大列車強盗団 」(いずれも1967年)等に次々と出演する。しかし1970年代以降、映画への登場は少なくなり、テレビドラマに活躍の舞台を移した。

プライベート[編集]

アメリカの俳優アレックス・コード1968年に結婚、一男を得たが1989年に離婚。女優シャロン・テートと親しく、1969年8月、彼女がチャールズ・マンソンのグループに殺害される直前に彼女の邸宅を訪問していた。

主な出演作品[編集]