ジョアキン・ラファエル・ブランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョアキン・ラファエル・ブランコ
Joaquim Rafael Branco
生年月日 1953年(64–65歳)
出生地 Flag of Portugal.svg ポルトガルサントメ・プリンシペ海外州
所属政党 サントメ・プリンシペ解放運動社会民主党

在任期間 2008年6月22日 - 2010年8月14日
元首 フラディッケ・デ・メネゼス
テンプレートを表示

ジョアキン・ラファエル・ブランコポルトガル語: Joaquim Rafael Branco1953年 - )は、サントメ・プリンシペの政治家。同国首相[1]を務めた。現在はサントメ・プリンシペ解放運動社会民主党英語版(MLSTP/PSD)党首を務める。

経歴[編集]

2000年から2001年まで外務大臣を務めた。2003年7月のフェルナンド・ペレイラ将軍率いる軍事クーデターの際には、一時拘束された。

2008年5月、野党のMLSTP/PSDが提出した問責決議によりパトリセ・トロボアダ首相が退陣。その翌月、フラディッケ・デ・メネゼス大統領がMLSTP/PSDに組閣を要請し、ブランコが首相になった[1]。これに対し、トロボアダ率いる独立民主行動(ADI)は大統領がMLSTP/PSDに内閣を発足させたのは違憲として告発した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b "Líder da oposição em São Tomé Príncipe designado primeiro-ministro", Panapress, June 12, 2008 (ポルトガル語).
  2. ^ "Partido de PM destituído contra nomeação de novo Governo são-tomense", Panapress, June 16, 2008 (ポルトガル語).
公職
先代:
パウロ・ジョルジェ・エスピリト・サント
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ民主共和国外務大臣
2000年 - 2001年
次代:
パトリセ・トロボアダ
先代:
パトリセ・トロボアダ
サントメ・プリンシペの旗 サントメ・プリンシペ民主共和国首相
第19代:2008年 - 2010年