ジュール・ラヴィロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Immeuble Lavirotte, 29 Avenue Rapp, Paris 7e

ジュール・ラヴィロット(Jules Lavirotte、1864年3月25日 - 1928年)は、フランス建築家エクトール・ギマールに次いでフランスのアール・ヌーヴォーの建築家として活躍した。

エコール・デ・ボザールで、ポール・ブロンデルアトリエ出身、1889年に建てられたパリ7区セティヨ街 (fr) の邸宅(現在のリセ・イタリアン・レオナルド・ダビンチ, fr)で新様式を試みる。基本どおりの様式構成からうねる張り出し窓や卵形の軒窓、門柱の柱頭など装飾化の方向へと向かう。

翌年設計した同7区ラップ街 (fr) のアパート (Immeuble Lavirotte) ではより幻想的な世界を作り出し、サルバドール・ダリに「欲望の実現」と評された。

参考文献[編集]

  • The Beaux-arts and Nineteen Century French Architecture, London, 1982