ジュール・ラフォルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール・ラフォルグ
Laforgue portrait painting.jpg
誕生 1860年8月16日
ウルグアイ、モンテビデオ
死没 1887年8月20日(満27歳没)
フランス、パリ
職業 詩人
国籍 フランスの旗 フランス
文学活動 象徴主義
代表作 聖母なる月のまねび
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジュール・ラフォルグJules Laforgue, 1860年8月16日 - 1887年8月20日)は、フランス象徴主義詩人。ウルグアイモンテビデオで生まれ、フランスパリに死す。

生涯[編集]

父シャルル=ブノワ・ラフォルグと母ポーリーヌ・ラコレが出逢ったのはウルグアイだった。そこで父親は、最初教師を、続いて銀行員をしていた。結婚後、11人の子供に恵まれ、ジュールはその第二子。1866年、一家は、父親の生地である、フランスのタルブに移る。1867年、家族はウルグアイに戻ることになり、ジュールと兄のエミールだけが、従兄弟の家に預けられる。

1869年、一家はパリに移転。1877年、母親が流産の末、死亡。ジュールは決して優等生ではなかった。その年から翌1878年にかけて、バカロレアの試験に3度失敗する。彼はパリの図書館に通い、フランスのすぐれた著者の本を読み、独学で勉強する。

1879年、父親が病気になり、一家はタルブに引っ越すことになるが、ジュールはパリに残る。トゥールーズで最初の詩を発表。さらにいくつかの詩を発表し、その年の末には、注目される詩人となる。1880年、彼はパリの文壇に出入りするようになり、「近代生活」誌の編集者ポール・ブールジェに目をかけられる。

1881年、文学の仕事が忙しくなり、タルブでの父親の葬式にも出られなかった。その年の11月から1886年にかけて、ドイツ皇后アウグステ・ヴィクトリアのフランス語読書係(一種の文化的カウンセラー)として、ベルリンで暮らす。彼は多額の報酬を得て、余暇を趣味に費やした。1885年には、代表作である『聖母なる月のまねび』を書き上げる。

1886年、フランスに帰国。イギリス人女性リア・リーと結婚。しかし、その翌年、結核でこの世を去る。残された妻も、その翌年、同じ病気で死亡。

ウォルト・ホイットマンに強い影響を受けたラフォルグは、自由詩の形式を用いたフランスの最初期の詩人の一人である。哲学的には、ショーペンハウアーエドゥアルト・フォン・ハルトマンの熱心な信奉者だった。若い頃のT・S・エリオットエズラ・パウンドは、ラフォルグの詩に多大な影響を受けている。

作品[編集]

  • ステファヌ・ヴァシリュー Stéphane Vassiliew(1881年。出版されたのは1943年)
  • 嘆き節 Les Complaintes(1885年出版)
  • 聖母なる月のまねび L'Imitation de Notre Dame de la Lune(1886年出版)
  • 伝説寓話 Moralités légendaires(1887年出版)
  • 最後の詩 Derniers vers(1890年出版)
  • Berlin, la cour et la ville(1922年出版)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Peter France (Ed.) (1995). The New Oxford Companion to Literature in French. Oxford: Clarendon Press. ISBN 0-19-866125-8.