ジュリオ・ガボッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファルマン機のジュリオ・ガボッティ(1910年)

ジュリオ・ガボッティ(Giulio Gavotti、1882年10月17日 - 1939年10月6日)は、イタリアの軍人、パイロットである。1911年に伊土戦争で、飛行機による最初の爆撃を行った。さらに最初の夜間任務軍事任務も行った。

生涯と飛行機による初爆撃[編集]

ジェノヴァ生まれ。ボローニャで工学を学び、1906年に卒業した。工学の研究を続け、イタリア軍の士官候補生となり、橋梁の専門家としてローマなどで勤務した。1910年11月17日に飛行免許を取得し、ファルマン機で飛行をはじめ、禁止されていたローマ、バチカン上空の飛行を行ったことにより逮捕されたこともあった。ボローニャからヴェネツィアリミニの長距離飛行演習では、2位となった。1911年10月14日、9機の航空機と11人のパイロットからなる飛行戦隊の一員となった。

1911年11月1日、ガボッティはエーリッヒ・タウベ機でリビアのオスマン帝国軍に対して、4個の手榴弾を皮袋に入れて携行し、600フィート(183m)の高さから起爆装置を装着しては投下した。これが飛行機による歴史上、最初の爆撃とされている。オアシスやオスマン軍のキャンプに落下したが、負傷者は出なかった。1899年のハーグ条約で気球からの爆弾の投下は禁止されていたので、オスマン帝国は抗議したが、イタリアは飛行機に禁止処置は及ばないと主張した。

1912年3月4日にはガボッティは、同じくリビアの戦闘で、史上初の夜間作戦を行った。

1912年に本国へ帰還するとトリノの部隊で、パイロット志願者を訓練する仕事をし、飛行教官、およびテストパイロットとして1917年まで働き、空軍の技術部の、試験飛行部隊の指揮官となった後、イタリア王立空軍(Regia Aeronautica)で管理と技術の部門で働いた。1929年に退役して、1928年に設立された地中海航空(Società Aerea Mediterranea)の運行管理者になり、1931年にSAMなどの4社の航空会社が統合されて、国営航空会社、アラ・リトリア(Ala Littoria)が設立されるまでその地位にあった。

参考文献[編集]

  • Grant, R.G. (2004). Flight - 100 Years of Aviation. Dorling-Kindersley Limited. pp. 59. ISBN 1-4503-0575-4|1-4503-0575-4
  • The influence of air power upon history by Walter J. Boyne, p.38 [1]
  • Chant, Christopher (2002). Austro-Hungarian aces of World War 1. Oxford: Osprey. pp. 38–39. ISBN 1-84176-376-4.