ジュリアーノ・カルミニョーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジュリアーノ・カルミニョーライタリア語: Giuliano Carmignola1951年 - )はイタリアヴァイオリニストである。モダンとバロック双方のヴァイオリンの演奏により知られる。

概説[編集]

ヴァイオリニストの父のもとトレヴィーゾに生まれた。ヴェネツィア音楽院でルイジ・フェロに学び、ナタン・ミルシテインヘンリク・シェリングのマスタークラスも受講した。1973年のパガニーニ国際コンクールで第5位に入賞するなど、多くの国際コンクールでの入賞歴がある。ソリストとしてクラウディオ・アバドエリアフ・インバルジュゼッペ・シノーポリなどの指揮者と共演した。

1983年にアンドレア・マルコンの主宰する古楽器グループ、ソナトーリ・デ・ラ・ジョイオーサ・マルカに参加し、バロック・ヴァイオリンの演奏や解釈の研究に取り組んだ。1997年にはマルコンとともにヴェニス・バロック・オーケストラを結成し、ヴェネツィア・バロックの復興に尽力している。

ソニー・クラシカルドイツ・グラモフォンに録音を行い、これまでにドイツのエコー賞とフランスのディアパソン・ドールを受賞している。

参考文献[編集]