ジュリア・フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュリア・フィリップス
Julia Phillips
生年月日 (1944-04-07) 1944年4月7日
没年月日 (2002-01-01) 2002年1月1日(57歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ウェスト・ハリウッド
職業 映画プロデューサー、作家
配偶者 マイケル・フィリップス (1966-74、離婚)

ジュリア・フィリップスJulia Phillips, 1944年4月7日 - 2002年1月1日)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサー、作家である。1970年代より活動して夫のマイケルらと共にプロデュースした『スティング』、『タクシードライバー』、『未知との遭遇』を成功させた。また特に『スティング』では女性プロデューサーとしては史上初のアカデミー作品賞受賞者となった。

1991年にフィリップスはプロデューサー時代を回想した著作『You'll Never Eat Lunch in This Town Again』を発表し、ベストセラーとなった。

生い立ち[編集]

ニューヨークでジュリア・ミラーJulia Miller)の名でポーランド系ユダヤ人英語版の家庭に生まれる[1][2][1]。父親は原爆計画に従事した科学技術者[1]、母親は処方薬依存症の作家であった[1]。彼女はブルックリングレートネック英語版ミルウォーキーで育った[2]。1965年にマウント・ホリヨーク大学で政治学の学士号を取得し、1966年にはマイケル・フィリップスと結婚する。その後『レディース・ホーム・ジャーナル英語版』の編集部に入り、次にパラマウント映画でストーリー・エディターとなる[2]

キャリア[編集]

映画プロデューサー[編集]

1971年に夫が株式ブローカーの仕事に失敗すると夫婦でカリフォルニア州に移って映画製作の仕事を始める[3]。初の作品は ジェーン・フォンダドナルド・サザーランドが出演する1973年の映画『Steelyard Blues』であった[3]

1972年[4]、フィリップスは夫のマイケル、同じくプロデューサーのトニー・ビル英語版と共に『スティング』の脚本を5000ドルで購入した[2][3]。1973年、『スティング』はアカデミー作品賞を獲得し、彼女は女性として初めて同部門を受賞したプロデューサーとなった。1977年にはフィリップス夫妻がプロデューサーを務めた『タクシードライバー』がアカデミー作品賞候補となる。さらに同年にはスティーヴン・スピルバーグが監督の『未知との遭遇』が成功する。

作家[編集]

1991年、フィリップスはハリウッド時代の経験に基づいた自伝『You'll Never Eat Lunch in This Town Again』を発表した。この本はニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リスト英語版に入るなど成功を収めたが、ハリウッドのドラッグカルチャーや枕営業を暴露する内容は元同僚たちからの怒りを買った。1995年には次作『Driving Under the Affluence』を発表した。これは1冊目の成功が自身の人生をどのように変えたかを綴っている。また2000年に彼女はマット・ドラッジ英語版の『Drudge Manifesto』執筆を助けた[5]

死去[編集]

フィリップスは2002年1月1日にウェスト・ハリウッドで57歳で亡くなり、カルバーシティヒルサイド記念公園墓地英語版に葬られた[6]

フィルモグラフィ[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

Phillips, Julia (1991). You'll Never Eat Lunch in This Town Again. Random House. ISBN 0-394-57574-1. 

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d New York Times: "Julia Phillips, 57, Producer Who Assailed Hollywood, Dies" By BERNARD WEINRAUB January 3, 2002 | "You can't imagine what a trip it is for a nice Jewish girl from Great Neck to win an Academy Award and meet Elizabeth Taylor in the same night."
  2. ^ a b c d Chicago Tribune: "Hollywood Story Of `Highs` And Lows" by Frank Sanello March 24, 1991
  3. ^ a b c New York Magazine: "The Sting of Success" January 27, 1975
  4. ^ The Guardian: "How we made ... Michael Phillips and David S Ward on The Sting" by Ben Child June 4, 2012
  5. ^ Matt Drudge and Julia Phillips (2000年). “Drudge Manifesto, Chapter one online”. Denver Post. 2007年3月2日閲覧。
  6. ^ People: "Hollywood Iconoclast Phillips Dies" By Stephen M. Silverman January 3, 2002

外部リンク[編集]