ユリアン・マルフレフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユリアン・マルフレフスキ

ユリアン・バルタサール・マルフレフスキJulian Balthasar Marchlewski1866年5月17日 - 1925年3月22日)は、ポーランド共産主義者政治家。ユリウス・カルスキ(Julius Karski)というペンネームで執筆活動を行っていた。ローザ・ルクセンブルクレオ・ヨギヘスらと共に『Sprawa Robotnicza』を発刊。ローザ・ルクセンブルクと共にポーランド・リトアニア王国社会民主党を創設した。ボリシェヴィキに加盟、革命失敗後ドイツへ移民した。ドイツ社会民主運動に参加、左派を結党させる。ポーランド・ソビエト戦争において、ポーランドとの交渉役に従事。1920年、ミハイル・トゥハチェフスキー指揮下で赤軍が攻撃する中、ビャウィストクのProvisional Polish Revolutionary Committeeに合流し、ポーランド・ソビエト共和国を宣言する計画であった。

ロシアの西部国家マイノリティーの共産主義大学 KUNMZ(Communist University of the National Minorities of the West)で、初代学長となる。

外部リンク[編集]