ジュリアン・ジェインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアン・ジェインズ(Julian Jaynes 1920年2月27日1997年11月21日)アメリカの心理学者: The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind(1976)[1](『神々の沈黙-意識の誕生と文明の興亡』[2])と、そこで提唱した二分心で知られる。

生涯[編集]

ジェインズはマサチューセッツ州ニュートン西部で生まれ、ハーバード大学に通った。マギル大学を卒業後、イエール大学で修士と博士の学位を取得した。心理学者エドウィン・ボーリングの親友であった。学生時代のジェインズは動物行動学に取り組み、動物の行動について重要な貢献をした。イエール大学を出ると、イングランドで、俳優と劇作家として活動した。その後プリンストン大学に就職し(1966-1990)、心理学について教鞭をとった。非常に人気があり、多くの大学で、人類学考古学哲学英語学の講師として招待された。彼は、1979年にはロードアイランドカレッジから、さらに1985年エリザベータウンカレッジから名誉博士号を与えられた。

"Behavioral and Brain Sciences"誌の共同編集者や"Jouranl of Mind and Behavior"誌の編集委員を努めた。

1997年脳溢血で歿。

脚注[編集]

  1. ^ Jaynes, Julian (英語). The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind. ISBN 978-0618057078. 
  2. ^ ジェインズジュリアン 『神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡』 柴田裕之訳、紀伊國屋書店、2005年4月6日(原著1990年)(日本語)。ISBN 4314009780