ジュニーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯33度58分11秒 東経35度36分56秒 / 北緯33.96972度 東経35.61556度 / 33.96972; 35.61556

ジュニーエ
جونيه
—    —
ジュニーエの位置(レバノン内)
ジュニーエ
ジュニーエ
ジュニーエの位置
座標: 北緯33度58分11秒 東経35度36分56秒 / 北緯33.96972度 東経35.61556度 / 33.96972; 35.61556
レバノンの旗 レバノン
山岳レバノン県
地区 ケセルワン地区
人口 115,500人
 都市圏 430,000人

ジュニーエアラビア語:جونيه)はレバノン山岳レバノン県の都市。首都ベイルートの16km北に位置し、ベイルート都市圏に含まれる。
海岸部のリゾートや夜の生活、スーク、船着き場、パラグライダー場、ハリッサのOur Lady of Lebanon像に繋がるゴンドラリフト(テレフェリク(en:Téléphérique (Jounieh)))が知られる。
ジュニーエとハリッサ(en:Harissa-Daraoun)の間のブケルケ(en:Bkerké)(بكركي)と呼ばれる小さな丘にはキリスト教マロン派(en:Maronite Christianity in Lebanon)の教会が有り、ジュニーエ湾を見渡せる。

歴史[編集]

3133 (8)jounieh.JPG
ジュニーエ湾のパラグライダー
ハリッサの風景

山岳レバノン県をダウード・バシャが支配していた時代、ジュニーエはブケルケや他の都市と道路が繋がっており、1867年から1868年にはガジル住民の反対にも関わらず、ガジルへと道路が繋がり、ルストゥム・バシャの時代には、ベイルート橋へ繋がった。
1876年、店舗の数は300を超え、絹工場が5件、宿屋が3件、製粉所が1件、ジュース工場が3件、氷工場が1件、銀行が1件、船工場が数件だった。
ワサ・バシャ時代(1883年 - 1892年)に、北のバトゥロウン(en:Batroun)と陸路で、1892年、ベイルートと鉄道で繋がった。 1906年、人口は2,400人、1914年は1,263人だった。この時期、フランスとマロン派の支援により、山岳レバノン県の正式な港となっている。

1913年からの委任統治領時代には、行政機能がジュニーエからベイルートへ移った事で経済が衰退、さらには第一次世界大戦が勃発し、経済が停滞した。当時、首都ベイルートに強制的・自発的に多くの住民が移住し、殆どの職人を失ったことで、社会と人口の発達に歯止めが掛かり、経済活動は弱まった。
1932年、人口は1,286人、当時は学校や小規模工芸品、柑橘類、砂糖黍、野菜のみが盛んだった。
1950年代、地価は7 - 9レバノン・ポンド/m2だった。

このように統治領時代から経済活動が弱まっていたが、1958年にレバノンの大統領となったフアード・シハーブ(任期:1958年 - 1964年)の改革によって漸く改善の兆候が見え始める。1959年には市内に銀行が建ち始め、1965年には地価が25 - 35レバノン・ポンド/m2にまで上昇、1970年代初頭にはカジノを含む観光地へと発展し、1975年までに銀行は6ヶ所に増加している。

しかし1975年に勃発したレバノン内戦によってベイルート国内は東西に分割され、多くの住民が他の都市へと避難している。1980年 - 1990年には、ベイルートから多くの商人がジュニーエへと移住した。

2025年にはレバノンの人口が600万人に到達すると予想されており、ジュニーエはベイルートの郊外となる予定である。

姉妹都市[編集]

写真[編集]

外部リンク[編集]

http://booklebanonhotels.com/city.php?lang=en&id=2&city_name=Jounieh