ジュニパーネットワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Juniper Networks, Inc.
Juniper Networks logo.svg
種類 株式会社
市場情報
NASDAQ JNPR
略称 JNPR
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1133 Innovation Way, Sunnyvale, California 94089, USA
設立 1996年2月
業種 情報・通信業
代表者 最高経営責任者(CEO)
 ラミ・ラヒム
副会長 兼 最高技術責任者(CTO)
 プラディープ・シンドゥ
会長
 スコット・クレンズ
資本金 6,999 Million US$ (2012年)
売上高 4,365 Million US$ (2012年)
営業利益 308 Million US$ (2012年)
純利益 186 Million US$ (2012年)
総資産 9,832 Million US$ (2012年)
従業員数 9,000名超 (2012年)
外部リンク http://www.juniper.net/
テンプレートを表示
ジュニパーネットワークス株式会社
Juniper Networks, K.K.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-1445
東京都新宿区西新宿3-20-2
東京オペラシティタワー45F
設立 1999年3月
業種 情報・通信業
代表者 古屋 知弘
資本金 9,500万円
従業員数 112名 (2008年4月)
主要株主 Juniper Networks, Inc.(100%)
外部リンク http://www.juniper.net/jp/jp/company/
テンプレートを表示
日本法人の本社が入居している東京オペラシティ

ジュニパーネットワークス (Juniper Networks, Inc.) は、通信キャリアデータセンター企業向けのルータースイッチ、次世代ネットワークセキュリティ機能、ネットワーク管理ソフトウェア、SDNソフトウェア等を開発、製造するアメリカ合衆国の企業である。

概要[編集]

  • 本社はアメリカカリフォルニア州サニーベールにあり、世界51カ国に拠点及び現地法人を持つ。1999年平成11年)3月に米国本社100%出資の子会社として設立された日本法人・ジュニパーネットワークス株式会社は東京都新宿区に本社を置き、西日本事業所を大阪市北区に持つ。[1]
  • コーポレート・カラーはスカイブルーで、製品デザインにも使用されている。そのため、同社製品を「青箱」と称することもある。
  • 旧ロゴマークはヒノキ科針葉樹のジュニパーを使用していた。
  • 2014年3月時点で、通信キャリア向けルーター市場において、シスコ・システムズに次ぐ世界2位のシェアを持つ。[2]
  • 2015年7月時点の時価総額は約100億US$(約1兆2千億円)

沿革[編集]

  • 1996年平成8年)2月 - Juniper Networks, Inc. 設立
  • 1996年(平成8年)6月 - NASDAQ上場(6/25)
  • 1997年(平成9年)7月 - ルータに搭載するオペレーティングシステム:JUNOSを発表
  • 1998年(平成10年)8月 - ルータ製品:M40を発表
  • 1999年(平成11年)3月 - Juniper Networks, K.K. 日本法人設立
  • 1999年(平成11年)11月 - Layer Fiveを買収
  • 2000年(平成12年) - Pacific Advantage Ltd、Micro Magic Inc.を買収
  • 2001年(平成13年) - Pacific Broadband Communicationsを買収
  • 2002年(平成14年)2月 - シーメンスの子会社 Unisphere Networksを買収
  • 2004年(平成16年) - NetScreen Technologiesを買収
  • 2005年(平成17年) - Kagoor Networks、Redline Networks、Perbit Networks、Acorn Packet Solutions、Funk Softwareを買収
  • 2009年(平成21年)7月 - IBMへのOEM供給契約を締結
  • 2010年(平成22年) - Ankeena Networks、Trapeze Networks、SMobile Systems、Altor Networksを買収
  • 2012年(平成24年) - Mykonos Software、Contrail Systemsを買収
  • 2013年(平成25年) - WANDLを買収
  • 2014年(平成26年) - SSL-VPN事業をPulse Secure社に売却
  • 2016年(平成28年) 4月 - BTI Systemsを買収

国内事業所[編集]

  • 本社
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティータワー45F
  • 西日本事業所
大阪市北区梅田2丁目2番2号 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー18F

主な製品[編集]

ネットワークOS[編集]
Junos OS
サービス統合ルータ/次世代ファイアウォール[編集]
SRXシリーズ
イーサネットスイッチ[編集]
EXシリーズ
データセンタースイッチ[編集]
QFXシリーズ
ルータ[編集]
MXシリーズ
PTXシリーズ
ACXシリーズ
仮想アプライアンス(NFV製品)[編集]
vSRX
vMX
vQFX
クラウド型セキュリティサービス[編集]
Sky ATP (Sky Advanced Threat Prevention)
Spotlight Secure
Software Defined Network (SDN製品)[編集]
OpenContrail
Contrail
Contrail Service Orchestration (CSO)
NorthStar Controller
ネットワーク管理プラットフォーム[編集]
Security Director
Network Director
Visual Director
Edge Service Director

仮想シングルシャーシ技術[編集]

ジュニパーの製品は、複数の機器を光接続(1G, 10G, 40G)または専用ケーブルで接続し、単一のネットワーク機器として管理する技術に下記がある

シャーシクラスター(CC) - 2台まで[編集]
SRXシリーズ
バーチャルシャーシ(VC) - 4台まで[編集]
EX2000シリーズ
バーチャルシャーシ(VC) - 10台まで[編集]
EX3000/EX4000/QFX5100シリーズ
バーチャルシャーシ ファブリック(VCF) - 20台まで[編集]
スパイン: QFX5100
リーフ: EX4300/QFX5100
MXバーチャルシャーシ(MX-VC) - 2台まで[編集]
MXシリーズ
Junos Fusion エンタープライズ(JFE) - 128台まで[編集]
アグリゲーション: EX9200
サテライト: EXシリーズ
Junos Fusion データセンター(JFDC) - 128台まで[編集]
アグリゲーション: QFX10000
サテライト:EX4300/QFX5100
Junos Fusion プロバイダーエッジ(JFPE) - 128台まで[編集]
アグリゲーション:MXシリーズ
サテライト: EX4300/QFX5100

認定資格[編集]

JNCIE
Juniper Networks Certified Internet Expert
エキスパート 最高峰のネットワーク技術者であることを証明する。
1日のラボ試験にパスすることで認定される。
ラボ試験を受けるには同じトラックのJNCIP認定を保持していること。
JNCIP
Juniper Networks Certified Internet Professional
プロフェッショナル 上級のJunos技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
JNCIP認定には同じトラックのJNCIS認定を保持していること。
JNCIS
Juniper Networks Certified Internet Specialist
スペシャリスト 中級のJunos技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
JNCIS認定には同じトラックのJNCIA認定を保持していること。
JNCIA
Juniper Networks Certified Internet Associate
アソシエイト 初級のJunos技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
受験の前提要件は無い。
JNCSP
Juniper Networks Certified Support Professional
サポート
プロフェッショナル
特にトラブルシューティング技能に長けた上級のJunos技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
JNCSP認定には同じトラックのJNCIP認定を保持していること。
JNCDP
Juniper Networks Certified Design Professional
デザイン
プロフェッショナル
Junos製品を用いた設計ができる上級技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
JNCDP認定には同じトラックのJNCDS認定を保持していること。
JNCDS
Juniper Networks Certified Design Specialist
デザイン
スペシャリスト
Junos製品を用いた設計ができる中級技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
JNCDS認定には同じトラックのJNCDA認定を保持していること。
JNCDA
Juniper Networks Certified Design Associate
デザイン
アソシエイト
Junos製品を用いた設計ができる初級技術者であることを証明する。
オンライン試験にパスすることで認定される。
受験の前提要件は無い。
認定期間と再認定について[編集]

資格認定はパスした日から3年間有効で、有効期間内に再認定されなければ失効する。(再認定可能な認定無効期間が無い)
再認定は同トラックの同試験か上位試験にパスすることで行われるが、JNCIEだけは下位試験のJNCIPにパスすることで行う。(再度ラボ試験をパスしなくてよい)
再認定後の有効期間は、再認定された日から始まる3年間となる。

学習方法[編集]

トレーニングコースを受講する
トレーニングコースのテキストを読む
オライリー社出版の書籍を読む
Day One Booksを読む
vSRXvMXの試用版を使う
TechLibraryを読む
など

Junos Tracks[編集]
Junos技能認定トラック サービスプロバイダー
ルーティング&スイッチング
エンタープライズ
ルーティング&スイッチング
データセンター セキュリティ
対象製品 MXシリーズ SRX, EXシリーズ QFX, EX, MXシリーズ SRXシリーズ
認定レベル
エキスパート JNCIE-SP JNCIE-ENT - JNCIE-SEC
プロフェッショナル JNCIP-SP JNCIP-ENT JNCIP-DC JNCIP-SEC
スペシャリスト JNCIS-SP JNCIS-ENT JNCIS-SEC
アソシエイト JNCIA-Junos
Junos Support Tracks[編集]
Junosサポート技能認定トラック サービスプロバイダー
ルーティング&スイッチング
エンタープライズ
ルーティング&スイッチング
セキュリティ
対象製品 MXシリーズ SRX, EXシリーズ SRXシリーズ
認定レベル
プロフェッショナル JNCSP-SP
前提資格:JNCIP-SP
JNCSP-ENT
前提資格:JNCIP-ENT
JNCSP-SEC
前提資格:JNCIP-SEC
Design Tracks[編集]
デザイン技能認定トラック WAN データセンター セキュリティ
認定レベル
プロフェッショナル JNCDP-WAN JNCDP-DC JNCDP-SEC
スペシャリスト JNCDS-WAN JNCDS-DC JNCDS-SEC
アソシエイト JNCDA
Product & Technology Tracks[編集]
特定技能認定トラック QFabric ファイアウォール, VPN
対象製品 QFXシリーズ NetScreen, SSG
ScreenOS 動作製品
認定レベル
スペシャリスト JNCIS-QF
前提資格:JNCIS-ENT
JNCIS-FWV
前提資格なし

国内販売代理店[編集]

  • ルーター関連製品
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
日商エレクトロニクス株式会社
日本電気株式会社
株式会社日立ソリューションズ
株式会社日立製作所
株式会社ネットマークス
ネットワンシステムズ株式会社
マクニカネットワークス株式会社
  • スイッチ関連製品
日商エレクトロニクス株式会社
ジェイズ・コミュニケーション株式会社
マクニカネットワークス株式会社
  • セキュリティ製品販売代理店
アライドテレシス株式会社
ジェイズ・コミュニケーション株式会社
SCSK株式会社
ソフトバンク コマース&サービス株式会社
高千穂交易株式会社
株式会社テリロジー
ノックス株式会社
株式会社日立ソリューションズ
マクニカネットワークス株式会社
ネットワンシステムズ株式会社
  • アプリケーションアクセラレーション製品
ジェイズ・コミュニケーション株式会社
高千穂交易株式会社
ソフトバンク コマース&サービス株式会社
ノックス株式会社
株式会社日立ソリューションズ
マクニカネットワークス株式会社

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社案内”. 2016年3月29日閲覧。
  2. ^ 'SDN hesitation' slows carrier router and switch spending in 1Q14”. 2014年12月5日閲覧。