グローバル・ジュニア・ヘビー級リーグ戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グローバル・ジュニアヘビー級リーグ戦は、プロレスリング・ノアが主催するジュニアヘビー級選手によるシングルマッチのリーグ戦

概要[編集]

試合はGHC選手権ルールに基づいて、30分1本勝負で行われる。勝ちが2点、時間切れ引き分けが1点、その他のあらゆる引き分け、または負けを0点として予選リーグを2ブロックで行い、それぞれの首位の選手が決勝戦を[1]行う。

2009年に「ジュニア・ヘビー級リーグ戦」の名称で第一回大会が開催された。翌2010年は開催されていない。2011年は開催はないが、同年の第2回グローバル・リーグ戦がヘビー級選手とジュニア・ヘビー級選手の混成リーグ戦として行われた。

2015年には「グローバル・ジュニアヘビー級リーグ戦」と改称して、ノアとしては6年ぶりにジュニアヘビー級のシングルリーグ戦が開催された[2]

優勝、各賞受賞者[編集]

開催年 優勝 準優勝 出場選手(Aブロック) 出場選手(Bブロック)
2009年 金丸義信 獣神サンダー・ライガー KENTA
鈴木鼓太郎
リッキー・マルビン
中嶋勝彦健介オフィス
デリリアスROH
金丸義信
石森太二
青木篤志
平柳玄藩
獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス
2015年 原田大輔 小峠篤司 小川良成
原田大輔
拳王
熊野準
ザック・セイバー・ジュニア(フリー)
エル・デスペラード(新日本プロレス)
田中翔(新日本プロレス)
石森太二
小峠篤司
平柳玄藩
大原はじめ
スペル・クレイジー(フリー)
TAKAみちのくKAIENTAI DOJO
ベンガラAAA

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第一回大会は各リーグ上位2名の計4名で決勝トーナメント
  2. ^ 大会名改称のため、大会開催数や出場記録は2009年の代位回大会から通算されている。