ジュゼッペ・ベルティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュゼッペ・ベルティーニ
Giuseppe Bertini
Giuseppe Bertini (pittore).jpg
生誕 1825年12月11日
イタリア,ミラノ
死没 1898年11月24日
イタリア,ミラノ

ジュゼッペ・ベルティーニ(Giuseppe Bertini、1825年12月11日 - 1898年11月24日)はイタリアの画家である。ミラノブレラ美術アカデミー(Accademia di Belle Arti di Brera)の校長やポルディ・ペッツォーリ美術館の館長などを務めた。

略歴[編集]

ミラノで生まれた。父親のジョヴァンニ・バッティスタ・ベルティーニ(Giovanni Battista Bertini:1799–1849)は画家、ステンドグラス作家でミラノのドゥオーモのステンドグラスを製作したことで知られている。 13歳でブレラ美術アカデミーに入学し、ルイージ・サバテッリ(Luigi Sabatelli)やビージ(Giuseppe Bisi)に学びながら、父親のステンドグラスの製作を手伝った。1845年にブレラ美術学校の展覧会で大賞を受賞した[1]

1848年から1860年の間、ブレラ美術アカデミーで非常勤で教え、1860年に常勤の絵画教師となった。常勤の絵画教師のもう一人はフランチェスコ・アイエツであった。この教授職は19世紀の終わりまで続けた。

ヴェネツィアやフィレンツェ、ローマを旅し、ルネサンスの美術に詳しくなり、ミラノの貴族で美術収集家のポルディ・ペッツォーリと知り合い、親しくなった。1851年にペッツォーリの邸のステンドグラスを製作し、1879年にペッツォーリが亡くなった後、遺言で設立されたポルディ・ペッツォーリ美術館の初代の館長に1881年に就任した。

作品[編集]

ベルティーニの教えた学生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Giuseppe Bertini”. Treccani.it. 2017年1月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • Modern Italian Art, Ashton Rollins Willard, 2nd edition. (1902). Page 467.
  • AA.VV., Caravati e Bertini. Gli artisti del bosco, Edizioni Quaderni di Luvinate, 2004
  • V. Vicario, Giuseppe Bertini. Il grande maestro dell'Ottocento a Brera, Spino d'Adda, Grafica Gm, 1997