ジュゼッペ・ガンドルフォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュゼッペ・ガンドルフォ
Giuseppe Gandolfo
Giuseppe gandolfo.jpg
自画像(1840年)
生誕1792年8月28日
イタリア,カターニア
死没1855年9月13日
イタリア,カターニア
運動・動向新古典主義

ジュゼッペ・ガンドルフォ(Giuseppe Gandolfo、1792年8月28日1855年9月13日)はイタリアの画家である。新古典派の画家で後半生はシチリアで後進を育てた。

略歴[編集]

シチリアのカターニアに生まれた。初め文学をこころざすが、才能の不足を感じ、父親の意向もあって宝飾品の細工師となるが仕事は成功しなかった。画家を目指し、シチリアの画家、デジデラート(Matteo Desiderato: 1752-1827)に学んだ後、20代の後半になって、ローマに渡り、エランテ(Giuseppe Errante: 1760–1821)に師事した。ローマではイギリス大使の依頼を受けて、巨匠の絵を模写し、模写した作品はロンドンに送られた。フィレンチェに移り、短期間ピエトロ・ベンヴェヌーティの指導を受けた。

1821年に父親が亡くなったためカターニアに帰る途中にマラリアに罹り、しばらくシシリアに留まった。1822年にフィレンチェに渡るが再び病状が悪化し医師の勧めでシシリアに戻った。

シチリアの町、ザッフェラーナ・エトネーアで治療し、病気から回復したが、その後もシチリアに留まり、有力者の肖像画を描き後進の画家を指導した。指導した芸術家には Salvatore Zurria、Nunzio Licciardello、甥の アントニーノ・ガンドルフォ、Giuseppe Sciuti、Francesco Di Bartoloらがいた。1855年にカターニアで死去した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Gioacchino Barbera, GANDOLFO (Gandolfi), Giuseppe, in Dizionario biografico degli italiani, LII volume, Roma, Istituto dell'Enciclopedia Italiana, 1999. URL consultato il 09-06-2013.
  • Luigi Gandolfo, Cenni sul pittore Giuseppe Gandolfo, Catania, Rivista del Comune di Catania, 1931.
  • Casimiro Nicolosi, Gandolfo Giuseppe. Enciclopedia di Catania, Catania, Tringale Editore, 1987.
  • Luigi Sarullo e presentazione di Vittorio Sgarbi, Dizionario degli artisti siciliani. Pittura, a cura di Maria Antonietta Spadaro, vol. 2, 1ª ed., Palermo, Novecento Editrice, 1993, ISBN 88-373-0197-9.