ジャーマンタウン (メリーランド州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャーマンタウン
Germantown, Maryland
ジャーマンタウン中心街、メリーランド州道118号線とウィステリア・ドライブの交差点から眺める、2007年11月撮影
ジャーマンタウン中心街、メリーランド州道118号線とウィステリア・ドライブの交差点から眺める、2007年11月撮影
メリーランド州におけるモンゴメリー郡(右上図)と同郡におけるジャーマンタウンの位置
メリーランド州におけるモンゴメリー郡(右上図)と同郡におけるジャーマンタウンの位置
メリーランド州におけるジャーマンタウンの位置
メリーランド州におけるジャーマンタウンの位置
北緯39度11分0秒 西経77度16分0秒 / 北緯39.18333度 西経77.26667度 / 39.18333; -77.26667座標: 北緯39度11分0秒 西経77度16分0秒 / 北緯39.18333度 西経77.26667度 / 39.18333; -77.26667
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州の旗 メリーランド州
Flag of Montgomery County, Maryland.svg モンゴメリー郡
面積
 • 合計 10.9mi2 (28.0km2)
 • 陸地 10.8mi2 (27.9km2)
 • 水面 0.1mi2 (0.1km2)
標高
428ft (130m)
人口
(2013年)[1]
 • 合計 90,676人
 • 密度 8,300/mi2 (3,200/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (東部夏時間)
郵便番号
20874, 20875, 20876
市外局番 301, 240

ジャーマンタウン: Germantown)は、アメリカ合衆国メリーランド州中央部モンゴメリー郡に位置する国勢調査指定地域(CDP)である。首都ワシントンD.C.から25ないし30マイル (40-48 km) の郊外地であり、ワシントン大都市圏の重要部である。2013年時点の推計人口は90,676人となっており、メリーランド州の中で人口60万人を超えるボルティモア市は別格として、次に来るのが同じくCDPのコロンビアであり、それに次ぐのがジャーマンタウンである。都市として法人化されているのはフレデリック市が州内第2位の人口であるが、ジャーマンタウンはこれを上回っている[2]

ジャーマンタウンの町として当初の計画は、1つの中心街と6つの町内ビレッジに分けるというものだった[3]。すなわち、ガナーズレイクビレッジ、キングスビュービレッジ[4]、チャーチルビレッジ、ミドルブルックビレッジ[5]、クロッパーズミルビレッジ、ニールスビルビレッジだった。メリーランド州道118号線とミドルブルック道路の角にあるチャーチルタウンの部分は、ジャーマンタウンの中心街あるいは中心部に最もよく似ており、これはアップカウンティ地域サービスセンター、ジャーマンタウン公共図書館、ブラックロック芸術センター、リーガル・ジャーマンタウン・スタジアム14があり、またレストランが並ぶショッピング街があるからである。州間高速道路270号線の3か所ある出口は1マイル (1.6 km) と離れていない。メリーランド地域通勤鉄道の駅は歩いて行ける範囲にある。ジャーマンタウン交通センターからはライド・オンのシャトル便が出ており、ワシントンメトロのレッドラインにあるシャディグローブ駅に行くことができる。

ジャーマンタウンは町内の配達のために20874と20876、私書箱のために20875の郵便番号を割り当てられている。メリーランド州内には他にもジャーマンタウンという未編入の町が3か所あるが、アメリカ合衆国郵便公社が手紙の宛先として認めているのは本稿のジャーマンタウンのみである。他のジャーマンタウンはアナランデル郡ボルチモア郡ウースター郡にある[6]

地名の由来[編集]

1830年代と1840年代、中央事業地区がリバティミル道路とクロッパー道路との交差点周辺に造られた。ドイツからの移民数人がこの交差点に店を構えた。町の住人はイングランドスコットランド人の子孫が多かったものの、町は「ジャーマン・タウン」と呼ばれるようになった[7]

歴史[編集]

U.S. クリスチャン・コミッションの現地本部、1863年9月

19世紀[編集]

初期の教育[編集]

ジャーマンタウンには南北戦争が終わるまで公立学校が無かった。この頃、教育は家庭で行われていた。1868年、教室1室の校舎がメリーランド州道118号線沿い、ブラックロック道路近くに建てられ、ジャーマンタウンと近くのダーンズタウンからの子弟を教えた。1883年、クロッパー道路近くにさらに大きな教室1室の校舎が建てられた。1910年新しい学校が建設され、そこが現在のジャーマンタウン小学校がる場所となっている。この学校は1階に2室、2階に2室、合計4室あり、各室では2つの学年の児童を収容した。8年生が終わると、生徒は列車を使って近くのロックビルまで行って次の教育を受けた[8]

南北戦争[編集]

南北戦争では、地域にある他の都市を荒廃させた物理的破壊を免れたが、住民の間では恨みの原因となり、分裂が起きていた。多くの住人、特にドイツ人の先祖を持つ人々は、奴隷制度に反対し、息子達は北軍で出征した。対称的に、特にイングランド人を先祖に持つ住人は奴隷を所有しており、仮に奴隷を所有していないとしても、息子達は南軍で出征した。その結果、ジャーマンタウンの多くの住人はそれまで友好的に過ごしていたものが、互いに干渉しないようにし、教会を変えたり、普段は交渉が無かった遠く離れた店や工場まで通ったりするようになった[9]

1861年の晩夏から秋、ジャーマンタウンの西や隣接するダーンズタウン、プールズビルで、2万名以上の北軍兵が宿営していた。その兵士達がジャーマンタウンを訪れそこの店に通うようになった。1862年9月と1863年6月、北軍兵がメリーランド州道355号線を北に行軍した。それぞれ、アンティータムの戦いゲティスバーグの戦いに向かうところだった。1864年7月、南軍ジュバル・アーリー少将が率いる部隊がメリーランド州道355号線を下って首都ワシントンD.C.を攻撃した。この戦争全体を通じて、南軍の襲撃部隊がしばしばジャーマンタウンの地域を通った。ジャーマンタウン地域の農夫は、北軍からも南軍からも馬やその他の家畜を取り上げられた[10]

エイブラハム・リンカーン大統領の暗殺[編集]

1865年4月20日、エイブラハム・リンカーン大統領暗殺事件の共同陰謀者ジョージ・アツェロットがジャーマンタウンで捕まった。アツェロットは主犯であるジョン・ウィルクス・ブースからアンドリュー・ジョンソン副大統領の暗殺を任されていたが、実行する気が無くなり、リンカーン暗殺の夜にワシントンD.C.から逃げ出していた。現在のノースウェスト高校がある場所近く、従弟のハートマン・リヒターの農場で捕まった。アツェロットは1865年7月7日、メアリー・サラット、ルイス・パウェル、デイビッド・ヘロルドと共に、ワシントンD.C.のマクネア砦で絞首刑に処された[11][12]

1910年代[編集]

リバティミル[編集]

ボウマン・ブラザーズ・ミルの木造建築物が1914年の火事で焼け落ちたが、その4年後、所有者が事業を再開し、工場は新設のリバティ・ミリング社に売却した。1918年に開所したリバティミルではオーガスタス・セルビーが初代所有者かつマネジャーとなった。リバティミルに電力が引かれ、近くの家屋や企業にも通されたので、ジャーマンタウンはモンゴメリー郡北部で初めて電力を利用した地域になった[13]

1930年代[編集]

1935年、プロ野球のワシントン・セネターズ(現在のミネソタ・ツインズ)で投手だったウォルター・ジョンソンが、現在セネカバレー高校がある場所の農園を購入した。ジョンソンは酪農場として活用し、5人の子供と自分の母と共に住んだ。妻は死んでいた。ジョンソンは1946年に死去した[14]

1940年代[編集]

リバティミルでは「リバティのやり方を供給する」をスローガンにしていた。8基のサイロがあり、メリーランド州では2番目に大きな製粉所となり、第二次世界大戦の時はアメリカ陸軍に小麦粉を供給した。コーンミールや家畜の餌も製造され、工場の店舗ではパンケーキやマフィンのような特殊混合品が販売された[15]

1950年代[編集]

アメリカ合衆国原子力委員会[編集]

1958年、アメリカ合衆国原子力委員会がワシントンD.C.中心街からジャーマンタウンに移された。これはソ連から核攻撃を受けた場合に、ワシントンD.C.から十分離れている場所だと考えられたからだった。この施設は現在、アメリカ合衆国エネルギー省の管理ビルとして、またその生物学環境研究事務所の本部として使われている。

1960年代[編集]

初期の開発とマスタープラン[編集]

マーシャル・デイビスが、州間高速道路270号線とジャーマンタウン道路が交差する所にある農園を所有していた[16]。州間高速道路270号線がその農園を2つに分けた後、デイビスは1955年にその残っていた土地を国際開発社に1エーカー当たり約1,300ドルで売却することにした[16]。1964年、フェアチャイルド・ヒラー社がその土地を1エーカー当たり約4,000ドルで購入し、その4年後には工業団地を建設した[16]。1959年、ハリー・アングルシーとその家族がホイルズミル道路近くにあった農場を1エーカー当たり1,000ドル足らずで売却した。間もなく、他の農夫達もその所有地を開発業者や投機家に売却した[16]

1967年、ジャーマンタウン・マスタープランが策定された[17]。広さ17平方マイル (44 km2) の地域に策定されたその計画は、密度の高い中心街と、密度の低い周辺地域を含んでいた[5]。1974年、モンゴメリー郡郡政委員会はモンゴメリー郡企画員会が作成した修正計画を承認した[17]。その修正計画には中心街と6つのビレッジが入っており、それぞれが学校、商店街、公共施設を含む小さな地区で構成されていた[5]。また、中心街近くにモンゴメリー・カレッジの3番目のキャンパスを建設することも挙がっていた[5]

1970年代[編集]

1970年代、第二次世界大戦中のドイツ人ロケット科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンが、ジャーマンタウンに事務所がある航空機メーカーのフェアチャイルドに入った。エンジニアリングと開発を担当する副社長という肩書だった。フォン・ブラウンは1972年7月1日から1976年末までフェアチャイルド社に在籍していた。

第二次世界大戦終戦後、リバティミルは破産的な状況になっていたが、1971年に放火によって破壊された[18]。1974年、下水道の完成により、ジャーマンタウンは発展し成長するようになった[19]

モンゴメリー・カレッジ[編集]

モンゴメリー・カレッジのジャーマンタウン・キャンパスは1978年10月21日にオープンされた。当時、建物が2棟、従業員24人、学生数1,200人だった。2003年には学生数が5,000人にまでなり、4つの建物に80人の従業員が働くようになっていた。宇宙を回る衛星から地球の形をした鋼製給水塔が見られた。2008年、40エーカー (160,000 m2) のバイオテクノロジー研究所が完成した[20]

1980年代[編集]

経済成長[編集]

1980年代初期から、ジャーマンタウンは急速な経済と人口の成長を経験し、タウンハウスや一戸建て住宅が増加し、都会化された「タウンセンター」が造られた。1986年、郵便番号の単位で、ワシントンD.C.都市圏とメリーランド州では最も成長速度の高い場所となり、1980年代の人口成長率は323.3%となった[21]

2000年代[編集]

2000年、アップカウンティ地域サービスセンター(現在はシドニー・クラマー・アップカウンティ地域サービスセンター)が[22]、ジャーマンタウンでオープンし、1階の床面積16,000平方フィート (1,486 m2) の部分は、数年間ジャーマンタウン公共図書館に使われていた[23][24]

2000年、メリーランド・サッカープレックスがジャーマンタウンでオープンした。このスポーツ施設には天然芝サッカー場19面、人工芝サッカー場3面、5,200席のスタジアムには照明施設と記者席、バスケットボールコートとバレーボールコートの双方に仕える屋内コート8面がある。ミニ・ゴルフコース2つ、ゴルフ練習場、水泳センターもある。この施設は現在全米女子サッカーリーグのワシントン・スピリットが本拠地にしている。

2001年3月、ジャーマンタウンで唯一の映画館、ジャーマンタウン・コモンズ・ショッピングセンターにある「ソニー6」が閉鎖された。これはロウズ・シネプレックス・エンターテインメントが国内の映画館112館を閉鎖したものの一部であり、ジャーマンタウンには映画館が無くなった。その結果、地元住民はケントランズの映画館や、ゲイザースバーグの「ザ・リオ」に通うことになった。それから1年以上経った2002年5月3日、ホイツ・シネマ14、現在のリーガルがジャーマンタウン・スタジアム14をオープンさせ、再度町に映画館ができた[25][26]。靴の小売店DSWが、元ソニー6のあった場所に店を開いている。

2002年6月、ステイプルズとベスト・バイが同年秋にジャーマンタウンのマイルストーン・ショッピングセンターで店を開くと広報した。ベスト・バイは2001年に会社の解散に伴って閉店したホーププレースの跡を受けた[27][28]

2007年、ジャーマンタウン公共図書館がアップカウンティ地域サービスセンターから現在の場所に1,900万ドルを掛けて移転した。現在はジャーマンタウン・タウンセンターに近く床面積44,193平方フィート (4,106 m2) の独立した建物である[23]

ジャーマンタウン中心街のメリーランド州道118号線とミドルブルック道路の交差点、2008年1月撮影

2010年代[編集]

2002年に開店したジャーマンタウンのベスト・バイ、2014年10月撮影

2000年国勢調査に拠れば、ジャーマンタウンの人口は55,419人だった。その10年後の国勢調査では55.9%成長し、86,395人となっていた。

2011年8月14日、中心街のコンビニ店セブン-イレブンがフラッシュ・モブ強盗の犠牲になった。40人近い人々が店に入り、商品を掴んで逃げ出し、代価を払わなかった。この事件は国内でも海外でも広く注目を集めた[29]

2013年9月29日、アップカウンティ地域サービスセンターがシドニー・クラマー・アップカウンティ地域サービスセンターと改名された・クラマーは1986年から1990年までモンゴメリー郡の行政官だった[22]

2014年10月、ホリークロス・ヘルスがモンゴメリー・カレッジのキャンパスに床面積237,000平方フィート (22,000 m2) の病院を開いた。この93床の病院は地域に5,000人分の職をもたらすものと計画されている[30]

行政施設[編集]

アメリカ合衆国エネルギー省がジャーマンタウンに生物学環境研究事務所の本部を置いている。アメリカ合衆国原子力委員会は、ワシントンD.C.中心街の場所から、ジャーマンタウンにあるエネルギー省ビルに移転した。これはソ連がアメリカの首都を核攻撃した場合に備えたものだった。ワシントンD.C.が核攻撃を受けた場合もジャーマンタウンならその悪影響を免れるだけ離れていると見なされた。その施設は現在エネルギー省の管理事務所として運営されている。

経済[編集]

ミッド・アトランティック・フェデラル・クレディット・ユニオンのジャーマンタウン支店、2014年5月撮影
ジャイアント・フードの店舗、2013年9月撮影
ショッパーズ・フード & ファーマシーの店舗、2013年9月撮影

ライブラリー・システムズ & サービシーズ、クィアゲン北アメリカ(薬品)、アース・ネットワーク・システムズ Inc、ディジタル・レシーバー・テクノロジー Inc[31]、ヒューズ・ネットワーク・システムズが、ジャーマンタウンに本社を置いている[32]

ワブテックゼロックスゼネラル・エレクトリック・アビエーション、ウェザーバグ、プロキシ・アビエーション・システムズがジャーマンタウンにオフィスを構えている[33]

地理[編集]

セネカ・クリーク州立公園のクロッパー湖、2002年10月撮影

ジャーマンタウンは北緯39度11分 西経77度16分 / 北緯39.183度 西経77.267度 / 39.183; -77.267に位置し、標高は約428フィート (130 m) である。

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、領域全面積は10.9平方マイル (28.0 km2)であり、このうち陸地10.8平方マイル (27.7 km2)、水域は0.1平方マイル (0.3 km2)で水域率は0.46%である

気候[編集]

ジャーマンタウンは温暖湿潤気候帯(ケッペンの気候区分: Cfa)にあり暑く湿気た夏と冷涼な冬が特徴である。年間を通じて降水がある。ピードモント台地滝線上にあり、南や東にあるワシントンD.C.やシルバースプリングの町よりも気温が幾分低い。夏の午後は雷雨が多い。7月が最も暑く、平均気温は77°F (25.0 ℃)である。冬は天候が変わりやすく、散発的に雪が降ったり、長雨があったりする。1月が最も寒く、平均気温は33.5°F (0.8 ℃)である。年間平均降水量は40.36インチ (1,030 mm) である。

ジャーマンタウンの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °F (°C) 78
(26)
82
(28)
89
(32)
95
(35)
96
(36)
100
(38)
105
(41)
102
(39)
99
(37)
91
(33)
85
(29)
80
(27)
105
(41)
平均最高気温 °F (°C) 40
(4)
44
(7)
53
(12)
65
(18)
73
(23)
81
(27)
85
(29)
83
(28)
76
(24)
65
(18)
55
(13)
44
(7)
63.7
(17.5)
平均最低気温 °F (°C) 27
(−3)
29
(−2)
36
(2)
46
(8)
55
(13)
64
(18)
69
(21)
67
(19)
60
(16)
48
(9)
39
(4)
31
(−1)
47.6
(8.7)
最低気温記録 °F (°C) −13
(−25)
−12
(−24)
5
(−15)
18
(−8)
28
(−2)
35
(2)
38
(3)
39
(4)
28
(−2)
20
(−7)
10
(−12)
−1
(−18)
−13
(−25)
降水量 inch (mm) 2.88
(73.2)
2.81
(71.4)
3.61
(91.7)
3.22
(81.8)
4.13
(104.9)
3.49
(88.6)
3.67
(93.2)
2.90
(73.7)
3.83
(97.3)
3.29
(83.6)
3.53
(89.7)
3.00
(76.2)
40.36
(1,025.3)
出典: [34]

人口動態[編集]

人口推移
人口
19809,721
199041,145323.3%
200055,41934.7%
201086,39555.9%
source:[35]

2013年の推計人口は90,676人である。

以下は2010年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 86,395 人
  • 世帯数: 30,531 世帯
  • 人口密度: 3,096.6人/km2(8,019人/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 28.9%
  • 18-24歳: 7.7%
  • 25-44歳: 43.0%
  • 45-64歳: 17.3%
  • 65歳以上: 3.1%
  • 年齢の中央値: 31歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.9
    • 18歳以上: 90.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 41.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 49.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 13.7%
  • 非家族世帯: 32.4%
  • 単身世帯: 23.5%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 1.8%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.80人
    • 家族: 3.19人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
  • 貧困線以下
    • 対人口: 6.5%
    • 対家族数: 3.5%
    • 18歳未満: 5.9%
    • 65歳以上: 9.9%
人種別人口と構成比、ジャーマンタウン、2010年
人種 人口(人) 構成比(%)
総計 86,395 100
白人 31,102 36.3
アフリカン・アメリカン 18,813 21.8
アジア人 17,001 19.7
ヒスパニック 15,879 18.4
その他の人種 258 0.3
混血 2,847 3.3
ネイティブ・アメリカン 172 0.2
[37]

教育[編集]

ジャーマンタウンの公立学校はモンゴメリー郡公共教育学区が管轄している。

  • 小学校: シーダーグローブ、クロッパーミル、フォックスチャペル、ジャーマンタウン、グレートセネカクリーク、キャプテン・ジェイムズ・E・デイリー・ジュニア、レイクセネカ、ロナルド・マクネア、サリー・K・ライド、スパーク・マツナガ、S・クリスタ・マコーリフ、ウォーターズランディング、ウィリアム・B・ギブス・ジュニアの各小学校
  • 中学校: キングスビュー、ドクター・マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ニールズビル、ロベルト・W・クレメンテの各中学校
  • 高校: ノースウェスト高校とセネカバレー高校

モンゴメリー・カレッジはモンゴメリー郡で最大の高等教育機関であり、ジャーマンタウンにキャンパスがある。

交通[編集]

メリーランド地域通勤鉄道ジャーマンタウン駅、2012年7月撮影
ミドルブルック道路とリッジクレスト・ドライブの交差点、2013年9月

ジャーマンタウンは州間高速道路270号線に二分されている。メリーランド地域通勤鉄道のブランズウィック線にジャーマンタウン駅がある。この路線はCSXトランスポーテーションのメトロポリタン支線を使っている。駅ビル自体はリバティミル道路とメイトニーヒル道路の角にあり、1891年にボルチモア・アンド・オハイオ鉄道のためにE・フランシス・ボールドウィンが設計したものを復元した。最初の駅は1978年に放火で焼けてしまい、その後に再建された。

モンゴメリー郡の公共バス交通体系である「ライド・オン」がジャーマンタウンの交通センターを主要なハブとして20路線を運行している。ライトレールのランジットウェイを計画中であり、完成すれば、ゲイサーズバーグ近く、シャディグローブ駅でワシントンメトロのレッドラインに接続し、北のクラークスバーグまでが繋がる。

文化[編集]

ブラックロック芸術センターで演奏するアメリカ海軍のバンド、2009年8月1日
同上

音楽[編集]

ブラックロック芸術センターが中心街のジャーマンタウン・タウンセンターにある。このセンターは毎年秋に開催されるジャーマンタウン・オクトーバーフェストを開催し[38]、伝統的なドイツ民謡、ロック、ポップなど様々なジャンルの音楽を提供している。ハーモニー・イクスプレス・メンズコーラスは、ジャーマンタウンを本拠地にする男声4部のアカペラ・コーラスグループである。

バンドのクラッチもジャーマンタウンの出身である。

スポーツ[編集]

スポーツ施設のメリーランド・サッカープレックスがジャーマンタウンにある。この施設は現在全米女子サッカーリーグのワシントン・スピリットが本拠地にしている。またアマチュア、大学、地域のサッカー競技会も開催されている。

メディア[編集]

ジャーマンタウンでは週刊紙の「ザ・ガゼット」が発行されており、また「ジャーマンタウン・パルス」というニュースと情報のウェブサイトもある[39]

大衆文化の中で[編集]

  • FOXチャンネルのSFテレビドラマ『Xファイル』では幾つかのエピソードにジャーマンタウンが登場しており、特に生物医学光学や研究の分野の温床である。
  • 2008年のテレビゲームFallout 3』にジャーマンタウンが登場している。町は核戦争で破壊され、警察署の1つがミュータントの運営する刑務所になっている[40]
  • 同じくテレビゲームの『スプリンターセルシリーズ』の主人公サム・フィッシャーは、ゲームのノベライズ版に拠れば、ジャーマンタウンの農園に住んでいる。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FactFinder”. United States Census Bureau. 2014年11月17日閲覧。
  2. ^ Burke, Garance (2003年7月17日). “Germantown Looking to Incorporate: Area Would Be County's Largest Municipality”. The Washington Post: p. T03. http://search.proquest.com/docview/409473291/13BC306D48DA65EAB3/1?accountid=46320 
  3. ^ Perez-Rivas, Manuel (1996年10月6日). “A Community In Progress; Fast-Growing Germantown Stands Apart in Montgomery”. The Washington Post: p. A01. http://search.proquest.com/docview/307939077/13BC306D48DA65EAB3/2?accountid=46320 
  4. ^ Meyer, Eugene L. (1987年12月26日). “Antigrowth Battle Forges Germantown Identity:”. The Washington Post: p. B1. http://search.proquest.com/docview/306957084/13BC314A954305F2CA3/5?accountid=46320 
  5. ^ a b c d Bonner, Alice (1974年1月9日). “Revision Approved Of Germantown Plan: 'New Town' Plan Change Is Approved”. The Washington Post: p. C1. http://search.proquest.com/docview/146220112/13BC314A954305F2CA3/11?accountid=46320 
  6. ^ Geographic Names Information System (GNIS): Germantown, Maryland”. U.S. Geological Survey. 2012年2月22日閲覧。
  7. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “The crossroads became known as "German town" because of the heavy German accents of these people. The name has stuck even though a majority of the land-owners in the area were of English or Scottish descent.”
  8. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “There was no public school in Germantown until after the Civil War. Before that time school was held in people's homes. In 1868 there was a one-room school on built on Rt. 118 near Blackrock Road that served the children of both Germantown and Darnestown. In 1883 a larger one-room school was built closer to Clopper Road to teach the children of Germantown. Another new school was built in 1910 on the present site of Germantown Elementary school. This school had four rooms--two downstairs and two upstairs--each room housing two grades. After eighth grade the children rode the train to attend high-school in Rockville.”
  9. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “The Civil War took a terrible toll on Germantown, not because there was any actual fighting here, but because of the animosities between neighbors that it created. Many of the families of German descent were against slavery and had sons fighting in the Union army. Many of the families of English descent owned slaves and even many who didn't had sons fighting in the Confederate army. Many people who had formerly been friendly went out of their way to not have to deal with each other, some changing churches, or going to a mill or store miles distant from the one they usually used.”
  10. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “In the late summer and fall of 1861 there were more than 20,000 Union soldiers camped to the west of Germantown in the Darnestown and Poolesville areas. Sometimes these soldiers would come to the stores in Germantown. In September, 1862, and June, 1863, many regiments of Union soldiers marched north on Rt. 355 on their way to the Battles of Antietam and Gettysburg. In July, 1864, Gen. Jubal Early led his Confederate army down Rt. 355 to attack Washington, D.C. Confederate raiders also came through the area several times during the War. Local farmers lost horses and other livestock to the armies of both sides.”
  11. ^ Kauffman, M. (2004). American Brutus. Random House. pp. 282–284. ISBN 0-375-75974-3. 
  12. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “George Adzerodt had come to the town with his family from Prussia when he was about nine years old. When he was about 16 his father moved the family to Virginia, but George still had many friends and relatives in Germantown. He was living in Port Tobacco during the Civil War, and supplementing his meager income as a carriage painter by smuggling people across the Potomac River in a row boat. This clandestine occupation brought him into contact with John Seuratt and John Wilkes Booth and he was drawn into a plot to kidnap President Lincoln. On April 14, 1865 John Wilkes Booth gave George Adzerodt a gun and told him that he was to kill the vice president, Andrew Johnson. George panicked when he found out that Booth had shot President Lincoln and made his way to his cousin's, Hartman Richter's, house in Germantown to hide. He was discovered there by soldiers three days after the assassination and, although he had never actually committed a crime, was hanged with other conspirators on July 7.”
  13. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “Fire engulfed the old wooden structure of the Bowman Brothers Mill in 1914, but four years later they were in business again and sold the mill to a brand new corporation--the Liberty Milling Company. Augustus Selby was the first owner/manager of the new mill which opened in 1918. Electricity was brought into the mill and also served the homes and businesses nearby, making this the first area in the northern part of the county to get electricity.”
  14. ^ a b Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “Johnson bought his dream farm in Germantown in 1935 and lived here with his five children and his mother, his wife having passed away, until his death in 1946. His dairy farm was located where Seneca Valley High School is today. He was elected by the local people to two terms as a County Commissioner.”
  15. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “"Feed the Liberty Way" was the slogan for the mill which, with its 8 silos, became the second largest mill in Maryland and supplied flour for the army during World War II. Cornmeal and animal feed were also made at the mill, and a mill store sold specialty mixes like pancake and muffin mix.”
  16. ^ a b c d Barringer, Felicity (1977年9月19日). “Once-Rural Germantown Growing Up”. The Washington Post: p. A1. http://search.proquest.com/docview/146738794/pageviewPDF/13BC314A954305F2CA3/12?accountid=46320 
  17. ^ a b “Germantown Master Plan Boasts a Time Schedule”. The Washington Post: p. E21. (1973年8月11日). http://search.proquest.com/docview/148394807/13BC314A954305F2CA3/9?accountid=46320 
  18. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “After the war the mill went into decline, and was burned by arson in 1971.”
  19. ^ Germantown Historical Society. “Germantown's History, A Brief Overview”. Germantown Historical Society. 2013年3月10日閲覧。 “The area felt a new surge of energy with the building of interstate 270 in the 1960s. For a while the old and the new mixed as employees of the Atomic Energy Commission (now the Department of Energy) came to the old Germantown store for lunch and Mr. Burdette's cows often had to be cleared from the road. When the sewer line was completed in 1974 building in Germantown began in earnest.”
  20. ^ Coleman, Margaret (2008). Then & Now: Around Germantown. Charleston, South Carolina: Arcadia Publishing. p. 72. ISBN 978-0-7385-5416-7. http://www.worldcat.org/search?qt=wikipedia&q=isbn%3A9780738554167 2013年3月8日閲覧. "Montgomery College, Germantown Campus, opened October 21, 1978, with two buildings, 1,200 students, and a faculty of 24. A steel water towel modeled Planet Earth as seen from a satellite. By 2003, enrollment was 5,000 with 80 faculty members in four buildings. A 40-acre biotechnology laboratory is nearing competition in 2008." 
  21. ^ Meyer, Eugene L. (1987年3月17日). “Germantown: Zip Code Seeking Identity; Montgomery Community's Dream Is Sidetracked by Economics”. The Washington Post: p. A1. http://search.proquest.com/docview/306866256/13BC314A954305F2CA3/3?accountid=46320 
  22. ^ a b Carignan, Sylvia (2013年9月30日). “Germantown center renamed for former county executive: Ceremony to be held Sept. 29”. The Gazette. 9030 Comprint Court, Gaithersburg, Maryland: Post-Newsweek Media, Inc.. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月4日閲覧。
  23. ^ a b Coleman, Margaret (2008). Then & Now: Around Germantown. Charleston, South Carolina: Arcadia Publishing. p. 58. ISBN 978-0-7385-5416-7. http://www.worldcat.org/search?qt=wikipedia&q=isbn%3A9780738554167 2013年3月8日閲覧. "Until recent years, Germantown book lovers went to the library in Gaithersburg or patronized the weekly bookmobile. In the year 2000, the Upcounty Regional Services Center opened and the largest first-floor space became the library. In 2007, the Germantown Public Library opened at a cost of $19 million. Now library space is enlarged from 16,000 to 44,193 square feet on two levels. There are 180,000 volumes on the shelves, and 37 PCs available for public use." 
  24. ^ Germantown Community Library”. Montgomery County Public Libararies (1996年11月). 1997年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。1997年3月30日閲覧。
  25. ^ Milton, Kristen (2002年5月8日). “Projectors rolling in Town Center: New multiplex opens”. The Gazette. 9030 Comprint Court, Gaithersburg, Maryland: Post-Newsweek Media, Inc.. 2013年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月16日閲覧。
  26. ^ Milton, Kristen (2002年5月17日). “Movie projectors are rolling once again in Germantown”. The Gazette. 9030 Comprint Court, Gaithersburg, Maryland: Post-Newsweek Media, Inc.. 2013年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  27. ^ Milton, Kristen (2002年6月12日). “Best Buy, Staples set for Milestone”. The Gazette. Maryland: Gazette Newspapers. 2002年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2002年6月15日閲覧。
  28. ^ Moran, Sarah E. (2001年5月15日). “HomePlace closes remaining stores”. Daily Local News. Daily Local News. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  29. ^ Justin Jouvenal and Dan Morse (2011年8月15日). “Police probe Germantown flash-mob thefts”. The Washington Post (The Washington Post Company). http://www.washingtonpost.com/blogs/crime-scene/post/possible-flash-mob-robbery-in-germantown/2011/08/15/gIQAmZFvGJ_blog.html#pagebreak 2013年3月10日閲覧。 
  30. ^ Holy Cross Germantown Hospital”. Holy Cross Health. 2014年5月11日閲覧。
  31. ^ DRT, Inc
  32. ^ "Contact Us." Library Systems & Services. Retrieved on September 27, 2010. "US Corporate Headquarters Library Systems & Services, LLC 12850 Middlebrook Road Suite 400 Germantown, MD 20874-5244."
  33. ^ Proxy Aviation Systems
  34. ^ Monthly Averages for Germantown, MD (20874)”. Weather.com. 2011年11月9日閲覧。
  35. ^ CENSUS OF POPULATION AND HOUSING (1790–2000)”. U.S. Census Bureau. 2010年7月17日閲覧。
  36. ^ Germantown, Maryland”. City-Data. 2015年9月9日閲覧。
  37. ^ Germantown, Maryland Population Statistics”. U.S. Census Bureau. 2013年10月8日閲覧。
  38. ^ Germantown Oktoberfest
  39. ^ Germantown Pulse.
  40. ^ Fallout 3 Locations”. Planet Fallout Wiki. 2012年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]