ジャージー伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャージー伯爵
Arms of Child-Villiers.svg
創設時期 1697年10月13日
創設者 ウィリアム3世
貴族 イングランド貴族
初代 初代ヴィリアーズ子爵エドワード・ヴィリアーズ
現所有者 第10代ジャージー伯爵ジョージ・フランシス・ウィリアム・チャイルド・ヴィリアーズ英語版
相続人 ジョージ・ヘンリー・ウィリアム・チャイルド・ヴィリアーズ
相続資格 初代伯爵の直系嫡流の男系男子
付随称号 グラディソン子爵、ヴィリアーズ子爵、ヴィリアーズ男爵

ジャージー島伯爵英語: Earl of the Island of Jersey、通常はジャージー伯爵(英語: Earl of Jersey)と言及される)は、イングランド貴族伯爵位。

歴史[編集]

初代バッキンガム公爵ジョージ・ヴィリアーズ又甥にあたるトーリー党の政治家エドワード・ヴィリアーズ(1656-1711)は、1691年3月20日イングランド貴族爵位「カウンティ・オブ・ケントにおけるダートフォードのヴィリアーズ子爵(Viscount Villiers, of Dartford in the County of Kent)」と「カウンティ・オブ・ケントにおけるホーのヴィリアーズ男爵(Baron Villiers, of Hoo in the County of Kent)」に叙せられ、ついで1697年10月13日にイングランド貴族「ジャージー島伯爵(Earl of the Island of Jersey)」に叙せられた[1][2]

その孫である第3代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズ(?-1769)1766年5月14日又従兄弟の初代グランディソン伯爵ジョン・ヴィリアーズ(1684頃-1766)からアイルランド貴族爵位「カウンティ・オブ・リートリムにおけるリムリックのグランディソン子爵英語版(Viscount Grandison, of Limerick in the County of Leitrim)」位を継承しており、以降この爵位もジャージー伯爵の従属爵位に加わる[3]

またその弟であるトマス・ヴィリアーズ(1709-1786)1756年6月3日に兄とは別にグレートブリテン貴族ハイド男爵に叙されて貴族院議員となり、ホイッグ党の政治家として閣僚職を歴任し、1776年6月14日にはグレートブリテン貴族クラレンドン伯爵に叙されている[4]

ジャージー伯爵家の現在の当主は第10代ジャージー伯爵ジョージ・フランシス・ウィリアム・チャイルド・ヴィリアーズ英語版(1976-)である[5]

従属爵位[編集]

上記の経緯から現在の当主第10代ジャージー伯爵ジョージ・フランシス・ウィリアム・チャイルド・ヴィリアーズ英語版はジャージー伯爵位のほかに以下の従属爵位を有する[5]

ジャージー伯爵 (1697年)[編集]

推定相続人は現当主の長男ヴィリアーズ子爵ジョージ・ヘンリー・ウィリアム・チャイルド・ヴィリアーズ(2015-)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Edward Villiers, 1st Earl of the Island of Jersey” (英語). thepeerage.com. 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ "Villiers, Edward (1656-1711)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  3. ^ Lundy, Darryl. “William Villiers, 3rd Earl of the Island of Jersey” (英語). thepeerage.com. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ "Villiers, Thomas (1709-1786)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  5. ^ a b Lundy, Darryl. “George Francis William Child-Villiers, 10th Earl of the Island of Jersey” (英語). thepeerage.com. 2015年3月31日閲覧。

関連項目[編集]