ジャン3世 (ブルターニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャン3世の葬送

ジャン3世(Jean III de Bretagne、1286年3月8日 - 1341年4月30日)は、ブルターニュアルテュール2世リモージュ子爵マリーの長男。

母マリーからリモージュ子爵位を継承したジャン3世は、1301年から1314年、1317年から1331年までリモージュを治めた。

父の跡を継いでブルターニュ公となると、彼は父と2度目の妃ヨランドの結婚の正統性に挑み、アルテュール2世の遺産に対しての長い闘争を開始した。1315年、彼はルイ10世が行った対フランドル遠征に参加した。彼はフランス王側についてフィリップ・ド・ヴァロワ(のちのフィリップ6世)とともにカッセルの戦いに挑み、負傷している。

1316年、彼はエルミーヌ(イタチ)の紋様を好んで自らの紋章を変えた。これは現在もブルターニュを表すものとして残っている。

子供がないジャン3世は自らの相続人として最も近い異母弟ジャン・ド・モンフォール(彼の憎んだ継母の生んだ子)と複雑な関係にあり、自らの死後はブルターニュをフランス王領にしたいという思いがあった。彼は同母弟ギィの娘であるジャンヌ・ド・パンティエーヴルを、フィリップ6世の甥であるシャルル・ド・ブロワと結婚させた。

1338年、ジャン3世はフランス王支援のためブルターニュ艦隊を低地諸国のスロイスへ送ったが、艦隊はイングランド海軍に撃破された(スロイスの海戦)。その後彼はフィリップ6世支援に向かい、フランドルから帰路の途中のカーンで死去した[1]

ジャン3世が継承問題を片付けなかったため、彼の死後ブルターニュ継承戦争が始まった。

結婚[編集]

ジャン3世は3度結婚しているが子供がなかった。1度目、2度目の妃とは死別している[2]

脚注[編集]

  1. ^ Célestin Hippeau, L'abbaye de Saint-Étienne de Caen, 1066-1790, Caen, A. Hardel, 1855; p. 104
  2. ^ バーバラ・W・タックマン 『遠い鏡』 朝日出版社、2013年、p. 158、訳注23
先代:
アルテュール2世
ブルターニュ
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
1312年 - 1341年
次代:
ブルターニュ継承戦争による継承の中断