ジャン=マルク・モルメク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン=マルク・モルメク
Mormeckhead.jpg
基本情報
本名 ジャン=マルク・ジルベール・モルメク
通称 The Marksman(狙撃手)
階級 ヘビー級
国籍 フランスの旗 フランス
誕生日 1972年6月3日(43歳)
出身地 フランス領, グアドループ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 36
KO勝ち 22
敗け 5
テンプレートを表示

ジャン=マルク・ジルベール・モルメクJean-Marc Gilbert Mormeck、男性、1972年6月3日 - )は、フランスプロボクサー。フランス領グアドループ、ポワント・ア・ピトル出身。元WBAWBC世界クルーザー級スーパー王者。豪快なパンチを武器に「The Marksman(狙撃手)」の異名を持つハードパンチャー

来歴[編集]

フランス領のグランド・テール島グアドループ諸島の一つ)で生まれた。ボクシングは11歳の時から始め、フランスでアマチュアの実績を積み、1995年3月25日にライトヘビー級でプロデビューした。デビューから5戦で3勝2敗と目立つ戦績ではなかったが、その後は勝利を重ね、1998年11月10日には全仏ライトヘビー級王座を獲得した。

2000年12月16日にはWBAインターコンチネンタルライトヘビー級王座を獲得した。

2001年4月3日にはバレリー・ビクホルに3回TKO勝ちし、クルーザー級転向を勝利で飾った。

2002年2月23日、WBA世界クルーザー級王者ヴァージル・ヒルを9回TKOで破り王座獲得に成功した。同王座を3度防衛。

2005年4月2日、WBC世界クルーザー級王者ウェイン・ブライスウェイト(ガイアナ)と王座統一戦を行い、12回3-0(116-110、114-112、115-111)の判定勝ちを収めWBA王座4度目のは防衛、WBC王座獲得と王座統一に成功し、WBAよりスーパー王座認定を受けた。そのため、WBAの正規王座は空位となり、空位となった正規王座にはヴァージル・ヒルが就いた。

2006年1月7日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンIBF世界クルーザー級王者のオニール・ベルと統一戦を行い、10回2分50秒KO負けを喫し王座統一に失敗、WBA王座は5度目、WBC王座の初防衛に失敗し王座から陥落した。

2007年3月17日、フランスオー=ド=セーヌ県ルヴァロワ=ペレパレ・デ・スポール・マルセル・セルダンでWBA・WBC世界クルーザー級スーパー王者オニール・ベルと対戦し、12回3-0(2者が115-113、116-112)の判定勝ちを収め1年2ヵ月ぶりにWBA王座並びにWBC王座返り咲きに成功した[1]

2007年11月10日、オー=ド=セーヌ県ルヴァロワ=ペレのパレ・デ・スポール・マルセル・セルダンデビッド・ヘイと対戦し、7回TKO負けを喫しWBA王座並びにWBC王座の初防衛に失敗し王座から陥落した[2][3]

以後、長期休養していたが、2009年にWBA世界ヘビー級王者となったデビッド・ヘイへのリベンジと2階級制覇を目指してヘビー級で復帰。12月17日のヘビー級転向初戦で判定勝ちを収めた。

その後、同じフランス人でK-1のスターであるキックボクサージェロム・レ・バンナとボクシングルールでの対戦を2010年3月または4月にフランスで実現に向けての交渉が行われたが、モルメクが対戦を拒否したため実現しなかった[4][5]

2010年5月6日、パリハル・ジョルジュ・ カルパンティエフェリス・オケンドとヘビー級契約10回戦を行い、10回3-0(2者が96-95、96-94)の判定勝ちを収めた。

2012年3月3日、ドイツデュッセルドルフエスプリ・アレーナでWBA・IBF・WBOIBO世界ヘビー級スーパー王者ウラジミール・クリチコと対戦し、4回1分12秒KO負けを喫し2階級制覇に失敗した[6]

2014年6月26日、フランスオー=ド=セーヌ県アニエール=シュル=セーヌタマス・ロディとヘビー級契約10回戦を行い、4回TKO勝ちを収め再起に成功した。

2014年12月5日、フランスオー=ド=セーヌ県イシー=レ=ムリノーのパレ・デ・スポール・ロベール・シャルパンティエでマテウス・マスターナックとヘビー級契約10回戦を行い、10回0-2(92-98、95-95、92-99)の判定負けを喫した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ヴァージル・ヒル
第12代WBA世界クルーザー級王者
2002年2月23日 - 2005年4月2日
空位
次タイトル獲得者
ヴァージル・ヒル
前WBC王者
ウェイン・ブライスウェイト
WBAWBC世界クルーザー級スーパー王者
2005年4月2日 - 2006年1月7日
次スーパー王者
オニール・ベル
前王者
ウェイン・ブライスウェイト
第15代WBC世界クルーザー級王者
2005年4月2日 - 2006年1月7日
次王者
オニール・ベル
前WBA・WBCスーパー王者
オニール・ベル
WBAWBC世界クルーザー級スーパー王者
2007年3月17日 - 2007年11月10日
次スーパー王者
デビッド・ヘイ
前王者
オニール・ベル
第17代WBC世界クルーザー級王者
2007年3月17日 - 2007年11月10日
次王者
デビッド・ヘイ