ジャン=ポール・ローランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャン=ポール・ローランス
Jean-Paul Laurens
Laurens - Self portrait.jpg
自画像:1876年
生誕 1838年3月28日
フランスの旗 フランス,Fourquevaux
死没 1921年3月23日
フランスの旗 フランス,パリ

ジャン=ポール・ローランス(Jean-Paul Laurens、1838年3月28日 - 1921年3月23日)はフランスの彫刻家・画家である。エコール・デ・ボザール(国立高等美術学校)や私立美術学校アカデミー・ジュリアンやで多くの画家を育てた。

略歴[編集]

オート=ガロンヌ県のフルクヴォーに生まれた。トゥールーズ高等美術学校で学んだ後、パリのエコール・デ・ボザール(国立高等美術学校)でレオン・コニエ(Léon Cogniet)やアレクサンドル・ビーダ(Alexandre Bida)に学んだ。主に歴史画を描き、パリ市庁舎などの公共施設の装飾画も描いた。

エコール・デ・ボザールやアカデミー・ジュリアンで教鞭をとったローランスは優秀な教師としても知られ、指導した学生にはエドマンド・デュラックやジョゼ・マンジュらがいた。

息子の、ジャン=ピエール・ローランス(Jean-Pierre Laurens :1875-1932)、ポール・アルベール・ローランス(Paul Albert Laurens:1870-1934)も画家になった。

作品[編集]

ローランスの教えた学生[編集]

参考文献[編集]

  • Anne de Margerie (Hrsg.): Jean-Paul Laurens (1838-1921). Peintre d'histoire. Réunion des Musées Nationaux, Paris 1997, ISBN 2-7118-3597-9.
  • François de Vergnette: Jean-Paul Laurens (1838–1921). Peintre d'histoire. Dissertation Sorbonne, Paris 2000.