ジャン=フランソワ・リオタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン・フランソワ・リオタール
Jean-François Lyotard
リオタール
生誕 1924年8月10日
フランスの旗 フランス共和国ヴェルサイユ
死没 1998年4月21日(満73歳没)
フランスの旗 フランスパリ
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学
ポストモダン
マルクス主義
研究分野 現象学
倫理学
社会哲学
主な概念 The "postmodern condition"
Collapse of the "grand narrative"
テンプレートを表示

ジャン・フランソワ・リオタールJean-François Lyotard, 1924年8月10日 - 1998年4月21日)は、フランス哲学者

経歴[編集]

フランス生まれ。カール・マルクスジークムント・フロイト現象学などを学んだ。アルジェリアで哲学教師となり、以後パリ第8大学教授などを務めた。

急進的なマルクス主義者としてアルジェリアで活動。帰国後、1968年のパリ五月革命に参加。主著に『ポストモダンの条件』(1984)。「大きな物語の終焉」「知識人の終焉」を唱え、ポストモダンを流行語にした。

アラン・ソーカルらによって、数学・科学用語を不適切に使用した論文であるとの批判を受ける(→ソーカル事件参照)

著作[編集]

  • La phenomenologie (1954)
  • Discours, figure (1971)
  • Derive a partir de Marx et Freud (1973)
    • 『漂流の思想─マルクスとフロイトからの漂流』国文社 今村仁司ほか訳、1987 
  • Economie libidinale (1974)
  • Rudiments paiens (1977)
  • Recits tremblants (1977)
  • La condition postmoderne (1979)
  • L'assassinat de l'experience par la peinture - Monory (1984)
  • Le differend (1984)
  • Le postmoderne explique aux enfants (1986)
    • ポストモダン通信 こどもたちへの10の手紙 管啓次郎訳 朝日出版社 1988 「こどもたちに語るポストモダン」ちくま学芸文庫 
  • L'enthousiasme. La critique kantienne de l'histoire (1986)
  • 『知識人の終焉』法政大学出版局 原田佳彦,清水正訳 1988
  • Heidegger et les Juifs (1988)
    • 『ハイデガーと「ユダヤ人」』藤原書店 本間邦雄訳、1992 
  • L'inhumain : Causeries sur le temps (1988)
  • Peregrinations : Law, Form, Event (1988)
  • Lecture d'enfance (1991)
    • 『インファンス読解』未來社 小林康夫訳、1995 
  • Moralites postmodernes (1993)
    • 『リオタール寓話集』藤原書店 本間邦雄訳、1996 
  • 『聞こえない部屋 マルローの反美学』水声社 北山研二訳、2003
  • 『なぜ哲学するのか』法政大学出版局 松葉祥一訳、2014

関連項目[編集]

外部リンク[編集]