ジャン=バティスト・カルポー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
胸像

ジャン=バティスト・カルポー(Jean-Baptiste Carpeaux, 1827年5月11日 - 1875年10月12日)は、フランス彫刻家画家。代表作にパリ・オペラ座(ガルニエ宮)の「ダンス」や「ウゴリーノ」がある。

略歴[編集]

ノール県ヴァランシエンヌで石職人の息子に生まれた。1844年にエコール・デ・ボザールに入学し、彫刻家のフランシスカ・デュレフランソワ・リュードのもとで学んだ。1854年にローマへ留学する奨学金を得て1861年までローマに滞在し、巨匠たちの作品を学ぶ一方、「モダンアート」にも興味をもった。この時代の最も重要な作品はナポリの漁師の少年の像などであり、自らのスタイルが確立された。

1862年からパリに住み、スタジオをつくり、多くの作品を作った。ルーブル博物館のFlore Pavillonの装飾も依頼された。パリのオペラ座の"La Danse"も代表作のひとつである。

作品[編集]