ジャン=ガブリエル・アルビコッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャン=ガブリエル・アルビコッコJean-Gabriel Albicocco1936年2月15日 カンヌ - 2001年4月10日 リオデジャネイロ)は、フランス映画監督であり、写真家撮影監督キント・アルビコッコの息子である。ヌーヴェルヴァーグの監督のひとりである。

来歴・人物[編集]

1936年2月15日、フランス・アルプ=マリティーム県カンヌに生まれる。親の職業と環境のおかげで幼いころから写真に興味を抱き、父のラボで最初の写真作品を現像した。12歳のとき、自分の作品をモナコ公国の王子に見せる機会もあった。やがてパリに居を移し、カメラオペレーションを父に学んだ。

1953年、わずか17歳のとき、のちに『アイドルたち』(1968年)で有名になるマルクO監督のデビュー作『クローズド・ヴィジョン』の撮影を任される。ピエール・ブロンベルジェ製作、マルセル・ジボー監督の短篇などの撮影を数本手がけながら、翌1954年、習作短篇『Ténèbre』を18歳で初演出。1956年ジュールズ・ダッシン監督の『宿命 Celui qui doit mourir』(1957年)の助監督を経験。同年、『Ciel bleu(青空)』、『Les Essais(エセー)』という2本の商業的な短篇を監督する。兵役に徴収され、軍の映画局に勤める。除隊後、アメリカの短篇テレビシリーズ『Bonsoir』(1959年)を演出。これは各話、フランスの新人監督が演出したもの。

1960年ルネ・クレマン監督の『太陽がいっぱい』(1960年)に出演した21歳の女優マリー・ラフォレと結婚。彼女を主演に『金色の眼の女』(1961年)を監督し、25歳にして長篇監督デビューを果たす。翌1962年には第16回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作『アメリカのねずみ』を妻を主演に撮るが、やがて離婚してしまう。1967年に5年ぶりの長編映画『さすらいの青春』をブリジット・フォッセー主演で監督するが、そこにマリー・ラフォレの姿はない。

長篇デビュー作を含めた3本はいずれも新進プロデューサーのジルベール・ド・ゴールドシュミットの製作による。1957年に「カイエ」派のピエール・カスト監督の『ポケットの中の愛』に出資した人物である。

1968年5月19日5月10日から開催されている第21回カンヌ国際映画祭の行われている宮殿に、ジャン=リュック・ゴダールクロード・ルルーシュフランソワ・トリュフォークロード・ベリジャン=ピエール・レオロマン・ポランスキー、審査を放棄した審査員ルイ・マルらとともに乗り込み、上映と審査の中止を求め、映画祭を粉砕した。3日後の5月21日には、パリで労働者と学生によるゼネストが起き、いわゆる「五月革命」へと発展してゆく。

1969年、ピエール・カストとブラジルをテーマにしたドキュメンタリー作品で共同作業をする。1971年には代表作となる『別れの朝フランス語版』やオムニバス映画を含めた3本が公開されるが、その後、映画監督・撮影監督といった仕事をぷっつりと辞めてしまう。35歳の年であった。

2001年4月10日、ブラジル・リオデジャネイロ州リオデジャネイロで死去。65歳没。フランス映画監督協会の設立メンバーであり、1980年代には、在ブラジルフランス映画産業会の代表であった。

フィルモグラフィー[編集]

外部リンク[編集]