ジャン・ブリクモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン・ブリクモン
Jean Bricmont Paris 2010.jpg
ミュチュアリテで開催されたノーム・チョムスキーに関する会議でインタビューされるジャン・ブリクモン(2010年5月29日撮影)
生誕 (1952-04-12) 1952年4月12日(65歳)
ベルギー、イクル
国籍 ベルギー
研究分野 くりこみ群、非線形微分方程式
研究機関 ルーヴァン・カトリック大学
プロジェクト:人物伝

ジャン・ブリクモン(Jean Bricmont, イクル[1]1952年4月12日 - )は、ベルギー出身の物理学者、著述家。

理学博士号を取得し、ラトガース大学で研究者として勤務した後、プリンストン大学で教鞭をとった。現在、ルーヴァン・カトリック大学理論物理学教授として、幾何学・物理学・確率論(GPP)研究ユニット(数理物理学科)に所属している[2]。また、ベルギー王立アカデミー英語版の会員でもある。

専門は、くりこみ群と非線形微分方程式[3]。研究業績により、ベルギー王立アカデミーのドゥルイツ賞(1996年)、国立科学研究基金5年賞(デ・レーウ・ダムリー・ブーラート賞、2005年)を受賞している[4]

略歴[編集]

科学的合理性の擁護[編集]

ジャン・ブリクモンは、1997年に、前年にソーカル事件を引き起こしたアメリカの研究者アラン・ソーカルとの共著『「知」の欺瞞(Impostures intellectuelles)』を上梓し、ポストモダニズムカルチュラル・スタディーズにおける自然科学用語の乱用を批判した。フランス科学情報協会(AFIS)の科学支援委員会メンバーであり、2001年から2006年にかけては会長も務め、現在は二人いる名誉会長の一人である(もう一人はジャン=クロード・ペッカー)。

2010年9月、ジャン・ブリクモンはベルギー王立アカデミーが主催する学術会議「科学・芸術における冒険精神と予防原則(L’esprit d’aventure et le principe de précaution en sciences et en arts)」の座長を務めた[5]

表現の自由の擁護[編集]

2001年4月、ブリクモンは『ル・モンド・ディプロマティーク』誌に論考を発表し、言語学者のノーム・チョムスキーホロコーストを否定する歴史家のロベール・フォーリソンを支持したかどにより批判されていた件について、チョムスキーを擁護した[6]

2009年、ロベール・フォーリソンがゼニス・ドゥ・パリで熱烈な支持を得たというスキャンダルを受けて、ブリクモンは「デュードネは1年の懲役刑(執行猶予付)を受けるべきだ」と発言して周囲を驚かせた[7]

ブリクモンへの批判[編集]

ブリクモンが極右の表現の自由も擁護し、特にゲソ法を撤廃するべきだという主張していることについて、極左勢力などから厳しい批判を受けている[8]

一方で、極右を研究する政治学者のジャン=イヴ・カミュによれば、「ノーム・チョムスキーとその支持者であるジャン・ブリクモンや、アラブ主義者のルネ・ナバの著作には、ゆるやかな三色同盟が認められる」と強調している[9]

社会学者のダニエレ・ブレトラシュは、ブリクモンが「ル・グラン・ソワール」に寄せた論考は「反ユダヤ主義的放浪(errances antisémites)」の兆候を示していると述べている[10]。ブリクモンは、この批判は名誉毀損にあたるとしている[11]

著作[編集]

  • Avec Alan Sokal, Impostures intellectuelles [détail des éditions], 1997.
    田崎晴明、大野克嗣、堀茂樹訳『「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用』岩波書店、2000年;文庫版2012年
  • Avec Régis Debray, À l'ombre des lumières : Débat entre un philosophe et un scientifique, Odile Jacob, coll. « Sciences », 2003.
  • Impérialisme humanitaire. Droits de l’homme, droit d’ingérence, droit du plus fort ?, éditions Aden, 2005[12], 2009 (2e édition).
    菊地昌実訳『人道的帝国主義――民主国家アメリカの偽善と反戦平和運動の実像』新評論、2011年
  • Avec Julie Franck, Chomsky, les cahiers de l'Herne, 2007[13]
  • Avec Hervé Zwirn, Philosophie de la mécanique quantique, Vuibert, 2009
  • Avec Noam Chomsky, Raison contre pouvoir. Le pari de Pascal, L'Herne, Carnets, 2010.
  • La République des censeurs, L'Herne, 2014.
  • Noam Chomsky, activiste, Aux forges de Vulcain, 2014.

論文[編集]

  • Avec Diana Johnstone, Les deux faces de la politique américaine, in : L'empire en guerre, éditions le Temps des Cerises, Paris, 2001.
  • La fin de la « fin de l'histoire », et Questions aux « défenseurs des droits de l'homme », in : 11 septembre 2001, La fin de la « fin de l'histoire », éditions Aden, Bruxelles, 2001.
  • L'espoir change-t-il de camp ?, in : Mourir pour McDo en Irak, éditions Aden, Bruxelles, 2004.
  • Du bon usage de la laïcité, sous la direction de Marc Jacquemain et Nadine Rosa-Rosso, 240 p., éditions Aden.
  • Déterminisme, chaos et mécaniques quantiques, in Les Matérialismes (et leurs détracteurs), éditions Syllepse, coll. "Métériologiques", 786p., 2004

脚注[編集]

  1. ^ L'Académie / Who's who ? / Jean Bricmont sur le site de l'Académie royale de Belgique
  2. ^ Centre de recherche en Géométrie, Physique et Probabilité - GPP, site de l'université catholique de Louvain.
  3. ^ Unité de physique théorique et de physique mathématique, site de l'unité FYMA.
  4. ^ La communauté scientifique à l'honneur, portail de la Recherche et des Technologies en Région wallonne.
  5. ^ Actualité du 20 mai 2010 sur le site de l'Académie royale de Belgique
  6. ^ La mauvaise réputation de Noam Chomsky, Le Monde diplomatique, avril 2001.
  7. ^ « Opinion : Antifascistes encore un effort, ...si vous voulez l’être vraiment. », 22 octobre 2009.
  8. ^ Lire, entre autres, Les trois formules du professeur Bricmont, Saint Jean Bricmont chez les négas : deuxième round ou encore À propos de Jean Bricmont
  9. ^ La vraie histoire du site Tout sauf Sarkozy, Jean-Yves Camus, Libération.fr, 21 mai 2007
  10. ^ Que les choses soient claires, blog de Danielle Bleitrach, 26 novembre 2009
  11. ^ Réponse à Mme Bleitrach, Jean Bricmont, Le Grand Soir, 30 décembre 2008
  12. ^ atheles.org
  13. ^ Présentation sur le site des éditions de l'Herne

外部リンク[編集]