ジャン・フレシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jean M. J. Fréchet
生誕 (1944-08-19) 1944年8月19日(74歳)
フランスブルゴーニュ
居住 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国
研究分野 化学
研究機関 アブドラ国王科学技術大学英語版
カリフォルニア大学バークレー校
ローレンス・バークレー国立研究所
コーネル大学
オタワ大学
論文 オリゴ糖の固相合成[1] (1972)
主な業績 デンドリマー
高分子化学フォトリソグラフィ自己組織化分子マイクロ流体工学ナノテクノロジー境界領域
主な受賞歴 日本国際賞
ディクソン賞
アーサー・C・コープ賞
公式サイト
frechet.cchem.berkeley.edu
プロジェクト:人物伝

ジャン・M・J・フレシェJean M. J. Fréchet1944年8月19日 - )は、フランスブルゴーニュ生まれの化学者カリフォルニア大学バークレー校化学専攻有機化学ヘンリー・ラポポート英語版席を務める教授ローレンス・バークレー国立研究所材料合成・材料科学部門長、 同研究所有機高分子化学モレキュラー・ファンドリー英語版所長、アブドラ国王科学技術大学副学長。

800本近い学術論文を著し、70本を超える米国特許を取得している。 研究分野は有機合成化学及び高分子化学から高分子の設計、基礎研究、合成及びその機能の応用を基軸としたナノサイエンス及びナノテクノロジーの応用分野にまでまたがる。1990年デンドリマー合成において、外側から内側に枝を伸ばしていき、最後にコアに接着させて球状高分子にするという合成法、「コンバージェント法」を発表した[2]ライナス・ポーリングの友人であり、有機化学の講義では一貫して彼の業績に言及している。2011年3月現在、h指数は105で16位である[3]

経歴[編集]

1967年 ICPI (現 CPE Lyon リヨン化学物理電子専門学校フランス語版) 化学エンジニア
1969年 ニューヨーク州立大学環境科学林業カレッジ 理学修士
1969年 シラキュース大学 理学修士
1971年 ニューヨーク州立大学環境科学・林業カレッジ Ph.D.
1971年 シラキュース大学 Ph.D.
1973年-1978年 オタワ大学 助教授
1978年-1982年 オタワ大学 准教授
1979年 IBM研究所 客員研究員
1982年-1987年 オタワ大学 教授
1983年 IBM研究所 客員研究員
1983年-1987年 オタワ大学(大学院・研究所) 副学長
1987年-1995年 コーネル大学 教授(IBM化学教授)
1995年-1998年 コーネル大学 (化学科ピーター・J・デバイ席)
1997年-2003年 ローレンス・バークレー国立研究所材料合成・材料科学部門長及び主任研究員
1996年-現在 カリフォルニア大学バークレー校 教授
2003年-現在 ローレンス・バークレー国立研究所有機・高分子・生体高分子モレキュラー・ファンドリー所長
2003年-現在 カリフォルニア大学バークレー校 教授(化学専攻有機化学科ヘンリー・ラポポート席)
2004年-現在 カリフォルニア大学バークレー校 教授(化学工学)
2010年-現在 アブドラ国王科学技術大学副学長

受賞歴等[編集]

出典[編集]

  1. ^ WorldCat. Accessed: January 31, 2013.
  2. ^ Hawker, C. J.; Fréchet, J. M. J. (1990年). “Preparation of polymers with controlled molecular architecture. A new convergent approach to dendritic macromolecules”. J. Am. Chem. Soc. 112 (21): 7638. doi:10.1021/ja00177a027. 
  3. ^ H index ranking of living chemists (PDF, 85.3 KB) , by University of Georgia.
  4. ^ Tobin, Dave. (2013, January 30). "SUNY ESF alumnus Jean Fréchet wins Japan Prize," Syracuse.com. Accessed: January 31, 2013.
  5. ^ 2013年(第29回)日本国際賞受賞者 公益財団法人国際科学技術財団、2013年2月1日閲覧。
  6. ^ 高分子学会国際賞受賞者 公益社団法人高分子学会、2013年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]