ジャン・ド・ヴァロワ (トゥーレーヌ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャン・ド・ヴァロワ
Jean de Valois
フランスドーファン
Jean de Touraine, dauphin of France.jpg
称号 トゥーレーヌ公、ベリー公
出生 (1398-08-31) 1398年8月31日
死去 (1417-04-05) 1417年4月5日(18歳没)
埋葬  
コンピエーニュ
配偶者 ジャクリーヌ・ド・エノー
父親 フランスシャルル6世
母親 イザボー・ド・バヴィエール
テンプレートを表示

ジャン・ド・ヴァロワフランス語: Jean de Valois)またはジャン・ド・フランスフランス語: Jean de France, 1398年8月31日 - 1417年4月5日)は、フランスシャルル6世と王妃イザボー・ド・バヴィエールの息子。四男であり、かつ4人目の王太子(ドーファン)となった。はじめトゥーレーヌ公、後にベリー公などに叙された。

姉にイングランドリチャード2世およびオルレアン公シャルルの妃イザベルブルターニュジャン5世ジャンヌブルゴーニュフィリップ3世ミシェル、妹にイングランド王ヘンリー5世カトリーヌ、兄にギュイエンヌ公ルイ、弟にフランス王シャルル7世がいる。

生涯[編集]

ネーデルラントの諸伯領の相続人となるジャクリーヌ・ド・エノーと1406年に婚約し、義父であり下バイエルン=シュトラウビンク公およびエノー伯ホラント伯ゼーラント伯ヴィルヘルム2世の元、ル・ケスノワ英語版(現フランス領フランドルノール県の町)で育った。これはジャンを当時混乱していたフランス宮廷から遠ざけるとともに、ヴィルヘルム2世が死去するとジャンがジャクリーヌの夫として統治するであろう領地をあらかじめ教えようとするためであった[1]

1415年にジャンはジャクリーヌと正式に結婚したが、同年に兄である王太子ルイが早世したため、ジャンは新たに王太子となった。それから1年数ヶ月後に自身も18歳で死去し、コンピエーニュに埋葬されたが、死因は確かではなく、頭の膿瘍とも、毒殺とも言われる[2]。弟シャルルが5人目の王太子となり、後にシャルル7世として即位した。

脚注[編集]

  1. ^ A. Janse, Een Pion voor een Dame (2009)
  2. ^ Ernest van Bruyssel, Histoire du commerce et de la marine en Belgique, 1863, p. 66., A. Janse, Een Pion voor een Dame (2009)
先代:
ルイ
フランスのドーファン
1415年 - 1417年4月5日
次代:
シャルル7世
先代:
王領
トゥーレーヌ公
1407年 - 1417年4月5日
次代:
シャルル1世
先代:
ジャン1世
ベリー公
1416年 - 1417年4月5日
(ジャン2世)
次代:
シャルル1世