ジャン・ドワイアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アベル・ジャン・ドワイアン(Abel Jean Doyen, 1907年3月8日 - 1982年4月21日)は、フランスピアノ奏者[1][2][3][4]

パリの生まれ。9歳でパリ音楽院に入学し、エミール・シュヴァルツにソルフェージュ、ソフィー・シェネにピアノを学ぶ。1919年にルイ・ディエメのクラスに登録するも、同年12月にディエメが死去したため、1920年より彼のクラスを引き継いだマルグリット・ロンに師事。1922年に一等賞を得て卒業した。1925年からコンセール・コロンヌでソリストとして活動を始めたが、その後もジョルジュ・コサード対位法を学び、ポール・ヴィダルアンリ・ビュッセルに作曲法を学ぶなどの研鑽を続け、1937年にはパリ音楽院からフォーレ賞を贈られた。1941年から師のロンの後任としてパリ音楽院の教授に就任し、1977年まで在任した。

ヴェルサイユにて没。

[編集]

  1. ^ musimem.com
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ ジネット及び娘ジュヌヴィエーヴもピアノ奏者である。