ジャン・ゴーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジャン・ゴーダン(Jean François Aimé Philippe Gaudin、1766年3月18日 - 1833年7月14日)はスイスの聖職者、博物学者である。

略歴[編集]

ロンギロで聖職者の息子に生まれた。チューリッヒ大学で神学を学んだ。この時期、野外旅行を行い、植物学に興味を持った。1795年から1817年の間、レマン湖岸のニヨンのドイツ教区の牧師を務め、数学と博物学の教師も務めた。1817年から1821年には ロンギロの教区で働き、1921年から1933年はニヨンで牧師を務めた。

牧師の仕事をしながら、博物学、植物学の研究を行い、1815年にはゴッセ(Henry Albert Gosse)とスイス自然史協会(Société helvétique des sciences naturelles)を設立した。ローザンヌ大学から1820年に植物学の名誉博士号を贈られた。

1811年に『スイスの草本』("Agrostologia helvetica")を出版し、1928年から没する、1833年まで、『スイスの植物』("Flora helvetica")を執筆し、ジャン=ピエール・モナール(Jean-Pierre Monnard)によって『スイスの植物』は完成され、出版された。ゴーダンの標本は没後、パリの植物学者、ガイ(Jean Gay)の譲られ、1878年に、キューガーデンの園長、ジョセフ・ダルトン・フッカーが購入したが、後にヴォー州立植物博物館に収められた。

イネ科の属名Gaudiniaに献名されている他、セリ科の種、Laserpitium gaudiniiなどにも献名されている。

Gaudinは、植物の学名命名者を示す場合にジャン・ゴーダンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • (1811): Agrostologia helvetica definitionem descriptionemque graminum et plantarum eis affinium in Helvetia sponte nascentium complectens Parisiis, Genevae.
  • (1833): Flora Helvetica sive Historia Stirpium hucusque Cognitarum in Helvetia et in Tractibus Conterminis aut Sponte Nascentium aut in Hominis Animaliumque Usus vulgo Cultarum continuata. Vol. 7: Topographiam botanicam s. librum mannalem in usum viatoris botanophili Helvetiam peragrantis complectens. Zürich : Orell, Fuessli et Soc, 667 S.
  • (1836): Synopsis florae helveticae. Opus posthum continuatum et editum a J(ean) P(ierre) Monnard. Turici:Orell Fuessli, 824. S.

参考文献[編集]

  • Paul-Emile Pilet: Naturalistes et biologistes à Lausanne: Recherches, enseignements et sociétés savantes en pays vaudois de 1537 à nos jours. 1993.
  • Marc Kiener: Dictionnaire des professeurs de l'Académie de Lausanne (1537-1890). In: Etudes et documents pour servir à l'histoire de l'Université de Lausanne. 2005, S. 296–297 (692 Seiten).