ジャンムー・カシュミール藩王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンムー・カシュミール藩王国
Princely state of Jammu and Kashmir
シク王国 1846年 - 1947年 インド
パキスタン
ジャンムー・カシュミール藩王国の国旗
(国旗)
公用語 ヒンディー語
首都 ジャンムーシュリーナガル
マハーラージャ
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
不明 xxxx年xx月xx日
通貨 ルピー

ジャンムー・カシュミール藩王国(ジャンムー・カシュミールはんおうこく、英語:Princely state of Jammu and Kashmir)とは、北西インドカシュミール地方(現ジャンムー・カシュミール州アーザード・カシュミール)に存在した、イギリスによって創設されたヒンドゥー藩王国1846年 - 1947年)。首都はジャンムーシュリーナガル


歴史[編集]

グラーブ・シング

1846年ジャンムーの領主であるラージプートグラーブ・シングen、在位1846 – 1857)は、第一次シク戦争でイギリスに味方した[1]。これにより、第一次シク戦争の講和条約ラホール条約により、イギリスからカシュミールを与えられて、ジャンムー・カシュミール藩王国が成立した[2][3] [4]

1947年8月15日インド・パキスタン分離独立によって、それぞれ藩王国はいずれかの側に帰属することを迫られていた[5]

しかし、カシュミール藩王ハリ・シングen、在位1925 – 1947)は自身がヒンドゥー教徒、対して住民の80%はムスリムイスラーム教徒)という微妙な立場にあり、帰属を先延ばしにしていた。

だが、同年10月パキスタンが武力介入してきたことで、カシュミール藩王はインドへの帰属を表明し、インド政府に派兵を求めた[6]

これが第一次印パ戦争印パ戦争)の発端で、以後、第二次印パ戦争第三次印パ戦争カールギル紛争英語版まで争っている。今現在もこの藩王国の領土はインド・パキスタンの係争地である[7]

歴代君主[編集]

ハリ・シング

脚注[編集]

  1. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.285
  2. ^ チャンドラ『近代インドの歴史』、p.81
  3. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.285
  4. ^ Panikkar, K. M. (1930). Gulab Singh. London: Martin Hopkinson Ltd. p. 112. http://archive.org/details/gulabsingh179218031570mbp. 
  5. ^ Revised Statute from The UK Statute Law Database: Indian Independence Act 1947 (c.30) at opsi.gov.uk
  6. ^ Victoria Schofield. Kashmir in conflict: India, Pakistan and the unending war.
  7. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.285

参考文献[編集]

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 
  • ビパン・チャンドラ; 栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年 

関連項目[編集]