ジャンヌ1世 (ブルゴーニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャンヌ1世
Jeanne Ire de Bourgogne
ブルゴーニュ女伯
在位 1200年 - 1205年

出生 1191年
死去 1205年
家名 ホーエンシュタウフェン家
父親 ブルゴーニュ伯オトン1世
母親 マルグリット・ド・ブロワ
テンプレートを表示

ジャンヌ1世(Jeanne Ire de Bourgogne, 1191年 - 1205年)は、ブルゴーニュ女伯(在位:1200年 - 1205年)。ブルゴーニュ伯オトン1世とマルグリット・ド・ブロワの長女。ドイツ名でヨハンナ・フォン・ホーエンシュタウフェン(Johanna von Hohenstaufen)とも呼ばれる。

1200年に父オトンがブザンソンで暗殺された後、男子がいなかったために幼くして伯位を継いだ。しかし1205年に自身も早世したため、妹ベアトリス2世が後を継いだ。

先代:
オトン1世
ブルゴーニュ女伯
1200年 - 1205年
次代:
ベアトリス2世