ジャンティイ原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンティイ原子力発電所
Centrale nucléaire Gentilly.jpg
ジャンティイ 1号機(右)と2号機(左)
ジャンティイ原子力発電所の位置(南ケベック内)
ジャンティイ原子力発電所
南ケベックにおおけるジャンティイ原子力発電所の位置
正式名称 Centrale nucléaire de Gentilly
カナダ
所在地 ケベック州ベカンクール
座標 北緯46度23分45秒 西経72度21分25秒 / 北緯46.39583度 西経72.35694度 / 46.39583; -72.35694座標: 北緯46度23分45秒 西経72度21分25秒 / 北緯46.39583度 西経72.35694度 / 46.39583; -72.35694
現況 運転停止
安全停止英語版
建設開始 1973年
運転開始 1983年10月1日
運転終了 2012年12月28日
建設費 13億カナダドル
事業主体 イドロ・ケベック
運営者 イドロ・ケベック
原子炉
種類 CANDU炉
原子炉製造元 カナダ原子力公社
発電所
運転中
ユニット数
None
運転終了
ユニット数
1 x 250 MW
1 x 675 MW
利用率 76.4%
年間発電量 3,491 GWh
ウェブサイト
ハイドロ・ケベック ジャンティイ2号機

ジャンティイ原子力発電所 (ジャンティイげんしりょくはつでんしょ、英語: Gentilly Nuclear Generating Stationフランス語: Centrale nucléaire de Gentilly) は、かつて運転していたカナダ原子力発電所である。所在地はモントリオールから北東に100kmほど離れたケベック州ベカンクールのセントローレンス川南岸にある。

ジャンティイ原子力発電所はケベック州で唯一の原子力発電所[note 1]で、2基の原子炉が設置されていた。ジャンティイ 1号機は出力250MWの沸騰水型CANDU炉の原型炉で、技術的な問題から1977年に停止された。ジャンティイ 2号機は出力675MWのCANDU炉で、国有公益事業イドロ・ケベックが1983年から2012年の間 商業運転を行っていた。

ジャンティイ原子力発電所は1966年から1983年にかけて建設された。当時はケベック州内に30~35基の原子炉を設置する計画であった[1][2]。3番目の原子炉であるジャンティイ3号機は1970年代後半に電力需要の落ち込みを受けて計画がキャンセルされた[3]

2012年10月に、経済的な理由によりジャンティイ2号機の改修を行わずに廃炉とすることが決定された。廃炉の完了には約50年かかるとみられている[4]。同年12月には原子炉が停止され、廃炉措置が開始された[5]

ジャンティイ1号機[編集]

ジャンティイ1号機は沸騰水型CANDU炉の原型炉で、重水減速沸騰軽水冷却炉(SGHWR)に基づいて電気出力250MWeが得られるよう設計されていた。この炉は他のCANDU炉とは異なるユニークな設計、例えば垂直方向に配置された圧力管(これにより、炉心下部に設置した1台の燃料交換機で燃料が交換できた)や軽水冷却材が採用されていた。これによりコスト低減と設備の簡素化を図り、再び輸出できるようにすることを目指していた。しかし、この設計はうまくいかず、7年近い期間の間にわずか180日しか運転できなかったため、1977年に運転終了となった。

ジャンティイ2号機[編集]

ジャンティイ2号機はポイント・ルプロー原子力発電所と同様の標準的なCANDU-6型炉であった。CANDU-6型炉は非常に成功した炉型で、韓国アルゼンチンルーマニア中国にも輸出された。電気出力675MWeで、ジャンティイ 1号機とは異なり、1982年の運転開始から良好な運転成績を収め、累積設備利用率は76.4%に達した[6]。2008年8月19日にはケベック州政府がジャンティイ2号機を2040年まで運転可能にするため、19億カナダドルを投じてオーバーホールすると発表した[7]。しかし、原子炉の改修は2012年10月3日にイドロ・ケベックのCEO、ティエリー・ヴァンダルが経済上の理由によりジャンティイ2号機の運転を2012年12月28日午後10:30をもって終了し、廃炉にすると発表したことにより、一転して取りやめとなった[5][8]。その時点で、廃炉措置には50年以上かかり、費用は18億カナダドルに上るとみられるとされた[9]。選挙公約に従い、新たにケベック州首相となったポーリーン・マロイスは運転停止と廃炉を指示した[4]

ジャンティイには出力411MWのベカンクール火力発電所ガスタービン火力)も併設されており、1992年から1993年にかけて運用に入っている[10]

ジャンティイ3号機[編集]

ジャンティイ3号機は建設が計画されていたもののケベック州首相のルネ・レヴェックにより中止された[11]ケベック党(PQ)が発行した白書では、「将来のケベックの電力需要は水力発電で賄うことができ、ジャンティイ3号機は不要である」とされていた[12]。選挙によりケベック党政権が成立すると、原子力発電所の建設猶予措置がとられることになった。ジャンティイ3号機は1990年までに完工することをイドロ・ケベックならびにケベック州政府が確約しており、また、ケベック州政府が4基のCANDU炉を建設するのに十分な量の重水を1982年に開業予定のトロワリヴィエール近郊のラ・プラード重水工場から購入する約束になっていたにも関わらず、である[13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 研究炉としてはモントリオール理工科大学SLOWPOKE研究炉がある。
参照
  1. ^ “Minister wants referendum on nuclear power plants”. Calgary Herald. Canadian Press. (1977年2月10日). http://news.google.com/newspapers?id=xHFkAAAAIBAJ&sjid=zH0NAAAAIBAJ&pg=919,4186632 2012年9月11日閲覧。 
  2. ^ Marie-Claude Fafard (2010年9月15日). “Québec : le dangereux retour de l'énergie nucléaire ?” (French). Afrique Expansion Magazine. 2014年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月11日閲覧。
  3. ^ Baril, Hélène (2012年10月3日). “Libéraux et péquistes, promoteurs du nucléaire au Québec” (French). La Presse (Montreal). http://affaires.lapresse.ca/economie/energie-et-ressources/201210/03/01-4579748-liberaux-et-pequistes-promoteurs-du-nucleaire-au-quebec.php 2012年12月28日閲覧。 
  4. ^ a b Lapresse.ca. “Pauline Marois ferme Gentilly-2” (French). 2012年9月20日閲覧。
  5. ^ a b Canadian Broadcasting Corporation (2012年12月28日). “Gentilly-2 nuclear plant shuts down after 29 years”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/news/canada/montreal/story/2012/12/28/quebec-gentilly-2-closing.html 2012年12月28日閲覧。 
  6. ^ International Atomic Energy Agency (2012年3月23日). “Gentilly-2”. Power Reactor Information System. 2012年12月14日閲覧。
  7. ^ Quebec to spend $1.9B on lone nuclear power plant”. CBC.ca (2008年8月19日). 2008年8月19日閲覧。
  8. ^ “Hydro-Québec confirms Gentilly-2 closure at the end of 2012” (プレスリリース), Hydro-Québec, (2012年10月3日), http://news.hydroquebec.com/en/press-releases/185/hydro-quebec-confirms-gentilly-2-closure-at-the-end-of-2012/ 2012年10月12日閲覧。 
  9. ^ CBC News (2012年10月3日). “Quebec nuclear reactor shutdown will cost $1.8 billion”. Canadian Broadcasting Corporation. http://www.cbc.ca/news/canada/montreal/story/2012/10/03/montreal-gentilly-2-shutdown-cost-hydro-quebec.html 2012年10月4日閲覧。 
  10. ^ Hydro-Québec. “Thermal generating stations”. 2012年3月24日閲覧。
  11. ^ Vincent Broussea-Pouliot (2012年9月1日). “Les enjeux oubliés de la campagne” (French). La Presse (Montreal). http://www.lapresse.ca/actualites/elections-quebec-2012/201209/01/01-4570392-les-enjeux-oublies-de-la-campagne.php 2012年9月11日閲覧。 
  12. ^ François Cattapan (2011年4月5日). “Partisanerie sur le dos de Gentilly” (French). 2012年9月11日閲覧。
  13. ^ Ian Anderson (1977年12月8日). “Quebec Reprieves Heavy Water Plant”. The Gazette (Montreal). http://news.google.com/newspapers?id=JYMuAAAAIBAJ&sjid=lKEFAAAAIBAJ&pg=1580,173744 2012年9月11日閲覧。 

外部リンク[編集]