ジャンダルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンダルム
奥穂高岳山頂から望むジャンダルム
奥穂高岳山頂から望むジャンダルム
標高 3,163[1] m
所在地 日本の旗 日本
長野県松本市岐阜県 高山市
位置 北緯36度17分16秒
東経137度38分37秒
山系 飛騨山脈
種類 氷食尖峰
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ジャンダルムgendarmeフランス語で武装警察官、一般警察業務を行う国家憲兵。転じて山岳用語としては、尾根上の通行の邪魔をする岩の意(en))は、奥穂高岳の西南西にあるドーム型の岩稜で標高は3,163 m[1]スイスアルプス山脈の名峰アイガーにある垂直の絶壁(高さ約200m)の通称に由来する[2][3]

概要[編集]

中部山岳国立公園内の、西穂高岳奥穂高岳との縦走路途上にある。大きく天を突く特異な形から山岳写真の被写体としてよく選ばれる。ジャンダルムの北側にも、ロバの耳、さらに北側に馬ノ背と呼ばれる急峻な痩せ尾根の難所が続く。ジャンダルムを含めこれらの名が付けられたのは、昭和になってからである[4]。この奥穂高岳のジャンダルムが最も有名だが、他にも剱岳チンネのジャンダルムなど、同じような前衛峰にこの名が付けられている。

登山コース[編集]

この頂上は岩塔のため360度の絶景が得られる。北側から稜線を直登するコースは、登下降にクライミングロープが必要な絶壁の岩壁となっている。一般には、南西の飛騨側から回り込んだ往復のコースが用いられるが、岩登り経験がある熟達者向けである。信州側の巻道でこの基部を通り、頂上を通らないで迂回(トラバース)することができる[5]。積雪期の不安定な状態の時は、この基部で迂回できない場合があり、[6]北側に稜線を下る場合はクライミングロープが必須となる。

最近の出来事[編集]

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 地図閲覧サービス(ジャンダルム)”. 国土地理院. 2013年4月6日閲覧。
  2. ^ NHK. “スイスアルプス ユングフラウとアレッチュ2”. 世界遺産ライブラリー. http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards910.html 2014年6月16日閲覧。 
  3. ^ NHK. “スイス・アイガー”. 世界の名峰グレートサミッツ エピソード100. http://www.nhk-g.co.jp/program/documentary/great_sumits_100/011/index.html 2014年6月16日閲覧。 
  4. ^ 日本百名山』、深田久弥著、朝日新聞社ISBN 4-02-260871-4、211頁
  5. ^ 『ヤマケイ アルペンガイド19 上高地・槍・穂高』山と溪谷社ISBN 4-635-01319-7、87頁
  6. ^ 『日本雪山登山ルート集』山と溪谷社、ISBN 4-635-18003-4、14頁
  7. ^ 田部井淳子の公式HP
  8. ^ 金とくの番組ブログでジャンダルムを紹介

参考文献[編集]

関連項目[編集]