ジャンガ・バハドゥル・ラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンガ・バハドゥル・ラナ

ジャンガ・バハドゥル・ラナ(Jang Bahadur Rana、またはJung Bahadur Kunwar 1816年6月18日 - 1877年2月25日)は19世紀ネパール軍人政治家

ラナ家宰相による独裁政権を樹立した。二回にわたって宰相を務めている。その期間は、

  1. 1846年9月15日 - 1856年8月1日
  2. 1857年6月28日 - 1877年2月25日

本名はビール・ナラシンハ・クンワル(Bir Narasingh Kunwar)であるが、母方の叔父・マートバル・シンハ・タパからもらった「ジャンガ・バハドゥル」で有名になった。

彼は単なる独裁者ではなく、宮廷の内紛をなくしたり、官僚制法制度を整備するなど、ネパールの近代化に尽くした。ネパール史上もっとも重要な人物の一人であるにもかかわらず、近代の歴史家は100年続いた独裁国家を設立し国民を抑圧し、経済的に最貧国に陥れたとしか評価しない。実際、ネパールの暗黒の歴史を作ったのは彼の甥たちである。

前半生[編集]

ジャンガ・バハドゥルは軍人の家系に生まれた。曽祖父ラーム・クリシュナ・クンワルは18世紀に、プリトビ・ナラヤン・シャハ王に重要な軍事指導者として仕えた[1]。祖父ラナジット・クンワルジュムラ地方の制圧に功があったばかりか[2]、中国との戦争(清・ネパール戦争、1791 - 1792)でもやはり重要な役割を果たしている。父親バール・ナラシンハ・クンワルは宮廷内で法王ラナ・バハドゥル・シャハが暗殺されたとき、即座に暗殺したその弟シェール・バハドゥル・シャハを殺害した[3]。この功績により、彼は「カージー」(執政)の称号を賜り、子孫代々に受け継がれることになった。

ジャンガ・バハドゥルは1832年、16歳で初陣を飾った。だが、母方の祖父にあたるビムセン・タパが失脚するとともに、彼も仕事を失い財産を失った。彼は数年間、北インドを放浪し、シク王国ラナジット・シンハへの仕官しようとしたが失敗した[4]

その後、1840年ネパールに帰国し砲兵大尉となる。1841年、王に請われてボディーガードとなり、1842年、王宮で「カージー」として仕えることになった。ジャンガ・バハドゥルの母方の叔父、マートバル・シンハが権力者に返り咲くと、ジャンガは彼とともに出世するが、シンハは彼の野心を嫌い、法定相続人の補佐役に左遷した。

王宮大虐殺事件[編集]

ジャンガ・バハドゥル・ラナ

1845年9月ファッテ・ジャンガ・シャハが首相になると、ジャンガ・バハドゥルは連立政府の第4位になった。しかし、政治の実権は皇后ラージャ・ラクシュミー・デビーの秘密の愛人で軍参謀長ガガン・シンハ・カワースに握られていた。ジャンガ・バハドゥルは、ガガン・シンハに野心のサインを見せることなく、皇后に取り入った。ジャンガ・バハドゥルはガガン・シンハが持っていた7個連隊のうち3個連隊の指揮官になった[5]

陰謀や反陰謀が繰り返される中、1846年9月14日夜、ガガン・シンハは宮廷のバルコニー祈祷中に射殺された。皇后はジャンガ・バハドゥルにただちに全廷臣を王宮警護隊の庭(コート)に集めるよう命じた[6]。皇后の命により、ジャンガ・バハドゥルは部下たちにコート内部にいれ、皇后の命令があるまで出さないよう命じた。このコート内部ではさまざまないきさつの後、首相ファッテ・ジャンガをはじめ多くの廷臣が虐殺された[7]。ジャンガ・バハドゥルと6人の兄弟は生き残り、翌日、皇后の命により、ジャンガは首相となる。殺されて空席となった廷臣の役職には弟たちや親戚をつけた[8]

その2年後、1848年5月1日ラージプートの名門メーワール王国の君主号ラーナーに因んだラナ姓を賜った。

バスネットの陰謀[編集]

皇后は自分の息子を王位に付けることのみ考えていた。ジャンガ・バハドゥルはこれに反対だったので、ビール・ドワジ・バスネット、ガガン・シンハの息子バジール・シンハ・カワースらとともに皇后はジャンガ・バハドゥルの暗殺を企てた。参加者の多くが最後の有力貴族「バスネット家」に属していたため、「バスネットの陰謀」と呼ばれるこの事件は、裏切りに合い首謀者らは処刑された[9]。 ジャンガ・バハドゥルの支持者の調査の結果、陰謀の背後に皇后がいたことが判明したため、国王と皇后はインドヴァーラーナシー亡命した。

1845年5月、ジャンガ・バハドゥルはラジェンドラ国王を退位させ、スレンドラ皇太子を王位につかせる。ジャンガ・バハドゥルはスレンドラを操り、自分の一族に権力を集中した[10]1850年までに、すべての政敵を追放。

1851年、英国とフランスを旅行し、近代化の必要性を実感する。

近代法の制定[編集]

ジャンガ・バハドゥル・ラナ

近代化に着手したジャンガ・バハドゥルはまず、法制度の近代化(民法、刑法、行政法を含む)に着手する。これは1854年、「ムルキー・アイン」という1400ページにわたる大法典として完成した[11]

1856年ジャンガ・バハドゥルは首相の座を弟に譲る[12]。これは当時重病であった弟の功績に報いるためだったと考えられている[13]。それと同時に国王は、首相の職をラナ家の世襲とすることを決めた。これが、104年間にわたるラナ家支配の始まりであった。

1857年弟が死ぬと、別の弟クリシュナ・バハドゥル・ラナが首相代理を務めたあと、ジャンガ・バハドゥルはふたたび首相となり、1877年に死去するまでその地位にあった。 死後、ラノッディープ・シンハ・ラナが宰相に就任したが、末弟のディール・シャムシェル・ラナに実権を握られた[14]

脚注[編集]

  1. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.550
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.550
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.550
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.551
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.537
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.537
  7. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.537
  8. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.540
  9. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.541
  10. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.542
  11. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.562
  12. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.557
  13. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.562
  14. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.564

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]