ジャングル・ブギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャングルブギから転送)
移動: 案内検索
ジャングル・ブギー
笠置シヅ子シングル
リリース 1948年
規格 シングル
ジャンル ブギ
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 黒澤明(作詞)
服部良一(作曲)
テンプレートを表示

ジャングル・ブギー」は、黒澤明作詞、服部良一作曲による歌謡曲である。“ブギの女王”として一世を風靡した笠置シヅ子が歌って、1948年にシングルレコードが発売された。

概要[編集]

黒澤明監督の映画『酔いどれ天使』の劇中歌として使われ、黒澤監督自らがこの歌の作詞を担当した。笠置シヅ子も「ブギを歌う女」として出演し、三船敏郎木暮実千代らが登場する酒場でのダンスシーンで自ら歌い踊っている。 歌詞の「骨も溶けるような恋」は元々「腰も抜けるような恋」だった。笠置が「(卑猥すぎて)歌えない」と拒絶したために黒澤が書き換えたものである。

題名の通り、まさにジャングルをイメージしたような独特のメロディーで、笠置シヅ子の“吠える”ようなパンチのある歌声が、さらにジャングルの雰囲気を高めているような歌である。知名度では「東京ブギウギ」や「買物ブギー」と比較すればやや劣るものの、笠置シヅ子の代表曲の1つといえるヒット曲である。 なお題名は「買い物ブギー」と同様に、間違えて表記される事が多いが、「ジャングル・ブギー」であって「ジャングル・ブギ」ではない。

カバー[編集]