ジャンク品 (パーソナルコンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋葉原のジャンクショップ店頭に並べられているジャンクPC

ジャンク品(ジャンクひん、junk)とは、本来、「故障品」「不要品」「がらくた」の意味のことである。このページでは、パソコン関係のジャンク品について、説明する。

概要[編集]

自作パソコンのパーツ店などでは、旧規格になって利用価値が落ちた製品、未開封の売れ残り商品、動作未確認の中古品などを「ジャンク品」と称して販売していることがある。販売者が「正常な動作を保証しない、保証外の品物」という意味合いでジャンク品という言葉が使われることが多い。

明らかに破損している場合を除き、故障品と動作未確認品を見分けることは難しい。そのため、両方とも同じように販売されていることもある。動作未確認品は動作する可能性が残っているため、ジャンク品の中でも比較的高値で売られる傾向にある。

ジャンク品はマニア以外にはあまりなじみのない言葉であり、さらに中古品と同程度の価格で売られていることもあるため、正常に動作するものと勘違いして購入した人と販売店との間でトラブルの原因になることがある。しかし、ジャンク品は前述のように、あくまでも動作を保証しない商品であるため、故障品、修理不可能であった場合を覚悟した上で購入する必要がある。

以前は、マニア向けの店でしかジャンク品は扱われなかったが、パソコンパーツ店で売られることが増え、また、対面販売ではないネットショッピングやインターネットオークションでも取引されるようにもなった。パソコンショップ以外にハードオフ、および2nd STREET、Doki-Dokiなどのリサイクルショップなどでも入手できる。

また、近年では減少傾向ではあるがPCショップやメーカーでさえ「何に使うか分からないもの」が流通していることもある。メーカーや流通の倒産に伴う在庫の放出であったり、バッタ屋が介入し正規の流通ルートから外れ、用途・用法が全く不明になった上で最終的にジャンクショップへ流れ着く場合がある。[1]

本来は組み込み機器の部品や保守パーツであったりするものだが、このような品は販売店でも検証手段がなく、用途不明品/返品不可などとして販売されている事がある。これらは本来は非常に高額な品であったりするものもあるが、専門職でさえ見当が付かない物となるため購入の際はもちろん自己責任となる。

ジャンク品の流通方法について[編集]

ジャンク品の流通方法には色々なものがある。以下にいくつか例を挙げる。

  • 産廃業者が直接販売する方法。店舗はなく、購入希望者が解体現場に出向き、作業員が了承すればその場で取引する。
  • ジャンク品販売業者が、産廃業者から廃棄品を引き取り、店頭で販売するという方法。
  • 中古取扱い店が、顧客から買い取った商品のうち、経年、動作不良、欠品などの理由で、一般の方法では販売できないものを、ジャンクとして廉価で販売するという方法。
  • 個人が、インターネットオークションフリーマーケットなどで、自らの不要品をジャンク品扱い、ジャンク品として販売するという方法。
  • 店舗などの倉庫で在庫として長年眠っていた商品で、経年によるモデルチェンジや劣化などで一般の方法で販売できないものを、ジャンク品を取り扱う店舗に委託して販売するという方法。
  • 同じく、店舗で在庫とされ、すでに販売できないものを店頭などに陳列し無償で譲渡するもの。「自由に持っていってよい」旨のPOPが貼られる[2]

ジャンク品に関する一般的な約束ごと[編集]

ジャンク品に関してはいくつかの一般的な約束ごとがある。以下に主なものをいくつか挙げる。

  • 正常に使用できる確率は低い。動作に問題がある場合や、全く動作しないことがある。
  • たいていのジャンク品は取扱い説明書・ケーブルなどの付属品・デバイスドライバなどを欠いており、仮に機器として故障していなくてもそのままでは実用に供せないこともあり得る。
  • 販売者は原則として、動作を確認していないか、動作に不具合のあったものをジャンク品としている。付属品・外見などの状態は確認される場合が多い。また、商品に故障が予期される場合、接続した機器を破損する可能性があるため、動作確認を行うこと自体にリスクがある。
  • 販売者が、その商品に関して、正常使用可能であることを表記していても、あくまでそれが約束されているということではない。
  • 返品、交換などは原則として受け付けない。商品に関しての質問も、基本的にはNGである。
  • ジャンク扱い・ジャンク品扱いとは、その商品をジャンク品として扱うとの意味であり、流通上ジャンク品である。

ジャンク品の利点[編集]

  • 資源リユースリサイクルにつながるため、環境の保護につながる。
  • 廉価で商品を手に入れることができる。
  • 経年のため一般の店舗で入手することが不可能、または珍しい、骨董品と呼べるようなものが手に入りやすい。業務用ワークステーションなど、個人では手に入りにくいものも廉価で入手できる場合がある。
  • 高価な電子部品を実装している場合、その部品を単体で買うより安価である場合がある。
  • 利用する側に知識技術(いわゆるスキル)が身に付く。

ジャンク品の欠点[編集]

  • 正常に利用できない可能性が高い。
  • その商品の詳細について、販売者と消費者との間で認識に差が生じ、問題を招くことがある。
  • 消費者がジャンク品に関する約束ごとを知らずに安易に購入し、その結果、後に色々なトラブルを起こす可能性がある。特に、ジャンクであるにも関わらず動作、動作保証を期待する購入者が多い。
  • 一般人から見ると単なる粗大ゴミでしかないため、家人とトラブルとなる場合がある。
  • 消耗部品の寿命や故障時の修理代金、あるいは廃棄にかかる費用を考えた場合、実質的にペイしない場合がある。
  • 特に、コンピュータのような陳腐化の激しい商品の場合、少しお金を足して新品(あるいは保証付きの中古品)を買ったほうが、結果としてコストが安く上がる場合がある。
  • 試験にて故障品を判明しているものをジャンク品(動作未確認)とし、販売することによって処分コストの回避及び利益を得る悪質な業者が存在する。(主にインターネット通販、インターネットオークションにそのような業者やユーザーが散見されるが、この場合は故障品という事実を隠して販売のため景品表示法に触れる恐れがある。)

準ジャンク品とは[編集]

ハードディスクドライブ主記憶装置など、主要な部品を取り除いたG3を品定めする客・秋葉原のジャンクショップ店頭

インターネットオークションなどにしばしば「準ジャンク品」と表示された商品が出品されている。これは、製品本来の機能を発揮することはできないが、利用分野と目的を限定すればそれなりに使っていけるものを指す。店舗販売の場合、これらもジャンク品と扱われる場合も多い。(ただし、下記のようなものの場合ある程度使えたり実用品となる場合も多い)

色の具合が悪くなったモニタ(ディスプレイ)
色を重視するゲームやデザインなどの用途には使えないが、サーバ管理端末やメール送受信・ワープロ・表計算など、色の表現を重視せず、モノクロのみで印刷するものと割りきればまだまだ使える。
特定のポートが使えなくなったハブ
そのポート以外を通常通り使う。
バッテリー駆動ができなくなったノートパソコン
自由に持ち運ぶことはできないが、家の中でコンセントから届く範囲で電源をつないで使う。バッテリーのみジャンクとし、本体は中古保証品とする場合もある。
ハードディスクドライブ主記憶装置など、主要構成部品を取り除いた状態で販売されるパソコン
当該部品を新たに買って取り付ければ実用品となる。

なお、準ジャンク品として販売される商品の取り扱いは、多くの場合ジャンク品と同様である。つまり、動作保証はなく、クレーム・返品などはできない。

よくある誤解[編集]

よく似た語感の用語に「バルク品」というものがあるが、これとジャンク品とは全く異なるものである。バルク品は一言で「飾りのない生の新品」である。パソコンの中に組み込むために出荷された製品であり、本来は一般に小売りされるものではないため、製造メーカーに向けて梱包などを最小限にしている。バルク品を取り扱う店舗でジャンク品も取り扱われることもあるため、誤解されている場合がある。

また、中古品とジャンク品を混同している場合もある。中古品は、動作確認や多少の補修が行われており、あくまで実用上問題のない状態で販売される。製品によっては外見でジャンク品か中古品なのか見分けにくいものがあり、購入の際は状態を確認する必要がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]