ジャワ沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャワ沖海戦
USS Marblehead
戦争第二次世界大戦/太平洋戦争
年月日:1942年2月4日
場所マカッサル海峡
結果:日本の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 オランダの旗 オランダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
塚原二四三中将 カレル・ドールマン少将
戦力
陸上攻撃機60 重巡洋艦1
軽巡洋艦3
駆逐艦7
損害
陸攻1 重巡洋艦1、軽巡洋艦2小破
南方作戦

ジャワ沖海戦(ジャワおきかいせん)は、1942年2月に行われた、第二次世界大戦での日本海軍航空隊と連合軍艦隊との間の海戦

背景[編集]

経過[編集]

連合国艦隊は2月3日にマヅラ島バンダ泊地に集結[1]。2月4日、オランダ海軍のカレル・ドールマン少将率いる連合国艦隊が日本軍の侵攻部隊を攻撃するためバンダ泊地から出撃した[2]。ドールマンの艦隊は重巡洋艦「ヒューストン」、軽巡洋艦「デ・ロイテル」(旗艦)、「マーブルヘッド」、「トロンプ」、駆逐艦「スチュワート」、「ジョン・D・エドワーズ」、「バーカー」、「バルマー」、「ヴァン・ゲント」、「ピート・ハイン」、「バンケルト[3]からなっていた[4]

2月3日、マランを攻撃した日本軍航空部隊は、その帰路マヅラに戦艦2隻(帰投後、甲巡に訂正)、甲巡1隻、乙巡2隻、駆逐艦9隻が停泊しているのを報告した[5]。これを受けて航空部隊指揮官塚原二四三海軍中将は翌日の攻撃を決めた[6]。2月4日、索敵機はバリ島の北をマカッサル海峡に向け航行中の連合軍艦隊を発見[7]ケンダリーより発進していた鹿屋空の一式陸攻27機、高雄空の一式陸攻9機、一空の九六陸攻24機が攻撃に向かった[8]

鹿屋空と高雄空はカンゲアン島の南30海里で連合国艦隊を発見し、爆撃を行なった[9]。この攻撃で「マーブルヘッド」に250kg爆弾2発が命中、4発が至近弾となり、火災が発生し舵は取り舵一杯で動かなくなった[9]。人的被害は戦死15名、負傷34名であった[9]。また、「マーブルヘッド」は陸攻1機を撃墜した[9]

続いて一空がセバジャン南方10海里付近で連合国艦隊を発見し、爆撃した[10]。この攻撃では「ヒューストン」に250kg爆弾1発が命中して後部砲塔が破壊され50名ほどの死者を出した他、至近弾で「デ・ロイテル」の対空射撃指揮装置が破壊された[11]

上記の他、「トロンプ」もこの海戦で至近弾により軽微な損害を受けている[12]

2月5日、鹿屋空の陸攻23機と高雄空の陸攻8機がケンダリーより発進[13]。索敵機は敵艦を発見していたものの攻撃隊に情報が届かず、攻撃隊はバリ島の飛行場を攻撃した[13]。また、一空の陸攻23機もケンダリーから発進し、スンバワ島南方10海里でマーブルヘッド型1隻、輸送船1隻を発見して攻撃したが命中弾はなかった[14](この日スンバワ島沖では駆逐艦「ポール・ジョーンズ」とオランダ船「Tidore」が爆撃を受けている[15])。翌6日も陸攻53機による索敵攻撃が行われたものの敵を発見できずに終わった[14]

連合国艦隊は2月8日にチラチャップに帰投した[16]

日本軍は戦果を過剰に見積もった[17]連合艦隊に伝達された戦果は、デロイテル型1番艦を撃沈確実、ジャバ型2番艦轟沈、ジャバ型3番艦中破、米重巡2隻撃破、米艦マーブルヘッドのみ無事という内容だった[18]

その後の戦況[編集]

この海戦後も日本軍の進撃は止まらなかった。2月8日にマカッサル[19]、2月10日-11日にバンゼルマシンに上陸しこれを攻略した[20]

ドールマン少将麾下の艦隊は蘭印方面で再度攻撃を試みていたが、2月15日のガスパル海峡空襲(空母「龍驤」艦載機および基地航空隊の攻撃)によって撃退される[21]。同日、日本軍はシンガポール攻略戦によりシンガポールを占領[21]。2月19日にはサヌール泊地に進入してバリ島上陸を開始し、未明には日本軍が飛行場を占領した[22]

連合国軍艦隊はこの後、バリ島沖海戦を経て日本軍のジャワ島侵攻に際して発生したスラバヤ沖海戦バタビヤ沖海戦で事実上壊滅することになる。

なお、本海戦で損傷したマーブルヘッドはセイロン島へ避退、そのまま日本軍の餌食になる太平洋を避け、インド洋・喜望峰・大西洋を経由する大航海の果てにアメリカ本国へ生還している。

だが、日本側は艦型が似ているクレムソン級駆逐艦ピルスバリーをマーブルヘッドと誤認しており、高雄型重巡洋艦2隻(愛宕《第二艦隊旗艦》、高雄)によるピルスバリーの撃沈を『マーブルヘッドを撃沈した』と錯覚していた[23]

脚注[編集]

  1. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、254ページ
  2. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、254-255ページ
  3. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、255ページではアメリカ駆逐艦4隻とオランダ駆逐艦4隻
  4. ^ The Java Sea Campaign, p.27-28
  5. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、248-249ページ
  6. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、249ページ
  7. ^ 基地航空隊の艦船攻撃、149-150ページ
  8. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、250ページ、基地航空隊の艦船攻撃、150ページ
  9. ^ a b c d 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、255ページ
  10. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、251、255ページ
  11. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、255-256ページ、基地航空隊の艦船攻撃、150ページ
  12. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II
  13. ^ a b 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、253-254ページ
  14. ^ a b 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、254ページ
  15. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II, Dictionary of American Naval Fighting Ships Paul Jones III (DD-230)
  16. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、256ページ
  17. ^ #戦藻録(1968)77-78頁『二月五日 木曜日 晴 バリー島沖に於て聯合國艦隊を空襲爆破す。』
  18. ^ #戦藻録(1968)78-79頁『二月六日 金曜日 曇り』
  19. ^ #戦藻録(1968)79-80頁『二月九日 月曜日 半晴 風相當なり マカッサル上陸成功。』
  20. ^ #戦藻録(1968)80頁『二月十一日 水曜日 晴 バンゼルマシン占領。』
  21. ^ a b #戦藻録(1968)81-82頁『二月十五日 日曜日 晴 シンガポール陥落。』
  22. ^ #戦藻録(1968)84-85頁『二月十九日 木曜日 晴 機動部隊のポートダーウヰン空襲。バリー島上陸成功。バリー島沖海戰。』
  23. ^ #高雄週報p.2『燦タル戰果!!米「マープルヘッド」型輕巡一隻撃沈17-3-2夜』

参考文献[編集]

関連項目[編集]